セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

王柏融の身長や能力のwikiは?ロッテかソフトバンクに移籍か?


 

こんにちは。

今朝のニュースに王柏融(ワン ブォロン)という台湾のプロ野球選手が日本球界に移籍してくるのでは?というものがありましたね。


 

ニュース記事によると、王柏融選手は台湾リーグで打率4割以上という好成績をマークしており、その驚異的な成績を受けて、日本の各球団がスカウト、獲得に向かっているとのことです。

 

日本の多くの球団が大騒ぎするほどの選手ということで、もし日本で王柏融選手を観ることできるのであれば、それはすごく楽しみなのですが・・・

まだ何も決まっていないのでどうなるのか!?といったところですね。

 

スポンサードリンク



ということで、今回は台湾の4割打者である王柏融選手について勉強していこうと思います。

 

王選手はいったいどんな選手なのか?いったいどこの球団に移籍するのか?といったことなどが知れたらいいですね。

 

 

 王柏融のプロフィールは?

 

まずは王柏融選手についてわかったことをプロフィール風にまとめてみました。

 


名前:王柏融(ワン ブォロン)
生年月日:1993年9月9日
年齢:23歳
身長:181cm
体重:90kg
所属:ラミゴ・モンキーズ
ポジション:外野手
投打:右投げ左打

 

 

王柏融選手は現在23歳ととてもお若いですね。助っ人外国人ってだいたい結構な年齢で移籍してくるイメージが強いですけど、

これだったらチームと選手間で良い関係さえ築けていれば長い間同じチームでも活躍してくれそうです。

 

移籍先になりそうな日本の球団は、特にソフトバンクが積極的に接触しているそうで、いちばん可能性がありそうとのことです。

あとは王選手の所属するラミゴ・モンキーズがロッテと合同で練習したりして結構交流があるそうなので、ロッテも可能性が高いとのことらしいですね。

他には阪神西武オリックスなどが獲得に名乗りを挙げているみたいです。

 

これまで韓国や台湾の選手が日本に移籍してくるときはパリーグの球団にというイメージが強かったので、今回もそうなるのでは?と個人的には思っています。

 

特に阪神は糸井選手をFAで獲得した今、王選手に入団されても使いどころが無くて逆に困りそうですよね。

 

日本球界の他にもメジャーに行くのでは?なんていう声もチラホラと出ているようですよ。

 

スポンサードリンク



 王柏融の成績や能力は?



 

王柏融選手はどういう選手なのか?ということも調べてみました。

 

王選手は台湾リーグでは2年間所属している選手なんだそうです。ということで王選手の1年目と2年目の成績を調べてみました。

 

【1年目】

出場試合数:29試合
打率:.324
本塁打:9本
打点:29打点
盗塁数:0個


 

【2年目】

出場試合数:116試合
打率:.414
本塁打:29本
打点:105打点
盗塁数:24個
安打数:200本

 

 

王選手は2年目から本格的に試合に出場しているのだそうですが、1年間を通して打率4割はやはり驚異的ですよね。

 

その中で本塁打29本とパワーもあるし、打点100以上とチャンスにも強い!さらに盗塁数24と機動力も持ち合わせています。

 

バットコントロールはもちろん、パワーもあり、足も速い、守備はまだよくわかりませんが、助っ人外国人にありがちな一塁や三塁しか守れないということは無さそうですよね。

これはもう究極のオールラウンダー選手と言ってもいいのではないでしょうか?

 

噂ではイチロー選手や糸井選手のような能力をもっているという話しもありました。

 

もし王柏融選手が日本球界に移籍してきて、その能力を存分に発揮してくれたらものすごくおもしろいことになりそうですよね。

 

近年ではこれまでに有り得なかった選手、例えば投手と打者両方で超一流の成績を残す日ハムの大谷選手や、

ホームラン王と盗塁王を同時受賞、2年連続トリプルスリーという前代未聞の成績を残すヤクルトの山田選手など、

紛うことなき怪物級の選手が出現しはじめていますが、その中のひとりになれる可能性をこの王柏融選手は秘めていると思われますね。

 

 

 まとめ

 

今回の記事では台湾リーグの4割打者である王柏融選手について書かせていただきました。

王選手がどこの球団に行くにせよ、これで日本球界が盛り上がってくれればいいですねぇ。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-スポーツ