セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

沢田靖司さんの経歴などのwikiは?死去の理由や通夜も調査


 

こんにちは。

今朝のニュースでジャズ歌手の沢田靖司さんがお亡くなりになられたということを知りました。

スポンサードリンク



本当のジャズを唄える日本人なんて最近では本当にいなくなりましたが、またひとり逝ってしまわれたんですねぇ。

 

昔は僕も親にジャズを聴いてみろなんて口を酸っぱく言われていましたが、結局未だにちゃんと聴いたことが無くて、ジャズっていうのがどういうものなのかってことがわかっていません。

 

このままではジャズというものが日本から消えてしまいそうな予感がするので、早い目に本物のジャズ歌手のジャズを聴いておきたいなと思います。

 

今回亡くなられた沢田靖司さんですが、僕も小さい頃は何度かお名前を耳にしたことがあるのですが、どんな方なのか?どういう歌を唄っていたのか?などは全く存じ上げないので、

今回はそういった点に関してちょっと勉強してみようと思います。

 

 

 沢田靖司の経歴やプロフィールは?

 

沢田靖司さんについてわかったことをプロフィール風にまとめてみました。

 


名前:沢田靖司(さわだ やすし)
本名:沢田靖一(さわだ せいいち)
生年月日:1939年12月5日
年齢:77歳
出身地:東京都新宿区四谷

 

 

沢田靖司さんはジャズ歌手ということで、歌手として活躍されていたのかなと思っていましたが、

どうやらピアノ、ハモンドオルガン、ヴィブラフォン、バリトンサックス、テナーサックス、アルトサックス、ソプラノサックス、フルートと楽器の演奏もこなされていたそうです。

いわゆる本物のミュージシャン、音楽家の方だったんですねぇ。

 

スポンサードリンク



稲垣次郎カルテットの一員としてジャズ界にデビューしたのがはじまりで、その後は沢田靖司トリオや、ニューサラブレッズというバンドの一員だったそうです。

 

ニューサラブレッズだったときは、大橋巨泉さんが司会の人気番組であった『11PM』のラストに毎回出演し演奏もしていました。

 

その他にも『夜はこれから』『ウィークエンドジャズ』といった80年代の番組に多く出演。ジャズファンの間では有名だった沢田靖司さんの名は一躍日本中に知れ渡ったそうです。

 

沢田靖司さんは歌を唄うにあたって、その音域や声量やテクニック、それに英語の堪能なことは日本一と言っても過言ではないと言われるほどの持ち主。

 

海外でも活躍されており、外国のジャズミュージシャンにも沢田靖司さんの友人は数多くいるそうですよ。

 

東京都世田谷区にジャズ教室を開いていたそうですね。そこからプロのジャズミュージシャンを何名も輩出していたとか。

 

 

 沢田靖司の通夜は?




 

沢田靖司さんは今月の18日に、心不全のため亡くなられたみたいですね。享年は77歳。

 

77歳と言えばまだお若く、亡くなられるには少し早いような気もします。

 

沢田靖司さんのお通夜は24日の午後6時から、執り行われるようです。喪主は妻の幾子さんが務めるそうです。

お葬式は翌25日の午前10時から東京都渋谷区の代々幡斎場で行われるそうです。

 

 

 まとめ

 

今回の記事ではジャズミュージシャンの沢田靖司さんについて書かせていただきました。

沢田靖司さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。これを機に僕も本格的にジャズを聴いていこうかなと思っています。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-エンタメ