セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

原田文明のプロフィール出演情報スカッとジャパン笹原さん役俳優

 

 

原田文明2
 

『スカッとジャパン』で大人気の、イヤミ課長のコーナーに、

”万年平社員の笹原さん”役で出演されている、

原田文明さんの、役者魂がスゴイと話題になっています。

 

 

今回の記事では、

 

原田文明さんがどうスゴイのか?

原田文明さんとはなのか?

原田文明さんの出演作品は?

原田文明さんはどんな俳優さんなのか?

 

といったことを、書いていきます。

 

スポンサードリンク



 

原田文明の役者魂がスゴイ!

 

今年のはじめに放送された、

スカッとジャパンでのイヤミ課長のコーナーは、

 

イヤミ課長の率いる課でボウリング大会をするというお話で、

 

ボウリングの上手い笹原さんが、イヤミ課長に気を使い

利き手の左手ではなく、右手で投げていました。

 

そして、最後の10投目で、3回連続ストライクを求められた笹原さんは、

利き手である左手で投げて、3回連続ストライクを達成するという、

スカッとする結末だったのですが。

 

 

笹原さん役を務めた原田文明さんは、実は右利きで、

左利きの笹原さん役をやるためだけに、

左手でボウリングの猛特訓をしたらしいのです。

 

 

このエピソードを聞いた、出演者や観覧のお客さんたちは、感激の嵐。

そして、巷でも原田文明さんの役者魂は話題になりました。

 

 

 

そして、最近(5月9日)放送された、

スカッとジャパンのイヤミ課長のコーナーで、

またまた笹原さんこと、原田文明さんがやってくれました。

 

 

その日のイヤミ課長のお話しは、

 

イヤミ課長の会社が、国際化に乗り出し、

フランスにある会社と提携するという計画が持ち上がりました。

 

当然イヤミ課長は出世をもくろみ、上司にご機嫌を取るため、

フランスにかぶれていきます。

そして、付け焼刃のフランス語やフランスの知識を使い、

そのフランスの会社との提携事業を上司に任されます。

 

そんなときに苦労するのは、いつもイヤミ課長の部下達。

イヤミ課長はなにもせず、部下達だけが徹夜でプレゼン作りに励む毎日。

 

そして、プレゼン発表の日がやってきます。

しかし、その日やってきたフランス社側の責任者は日本語がわかりませんでした。

イヤミ課長は事前にフランス語ができると、ウソをついていたので、

今さら逃げることもできません。

 

絶体絶命の状況に立たされたイヤミ課長。

そんなイヤミ課長に救いの神が現れます。

 

その救いの神こそ、原田文明演じる、万年平社員の笹原さんだったのです。

 

 

笹原さんは、流暢なフランス語で、

「課長はこの数日、残業続きで疲れていますので、

私が代わりにプレゼンを務めます。」

と言いました。

 

そして、みんなの前に立ち、見事なフランス語で、

プレゼンを務めあげ、会社やイヤミ課長の危機を救ったのです。

 

 

笹原さんは、もともとフランス語ができたわけではなく、

この事業が決まってから、1週間の間、必死にフランス語を猛勉強したそうです。

 

この話しを聞いて、出演者は笹原さんに拍手喝采!!

 

 

 

しかし、話しはさらに続きます。

 

笹原さん役を演じた、原田文明さんですが、

笹原さんと同じく、もともとフランス語ができたわけではなく、

猛勉強をして、短期間で流暢なフランス語を喋れるようになったというのです。

 

その原田文明さんのエピソードで、スタジオはさらに、大喝采!

またまた、原田文明さんの役者魂を見せつけられた瞬間でした。

 

 

 

このことはネットなどでも、かなり話題になり、






 

といった、声が多く上がりました

 

スポンサードリンク



 

原田文明のプロフィール

 

そんな、役者の鏡である、原田文明さんですが、

ネットなどでも意外と情報が少なかったので、

わかる限りのことを書きたいと思います。

 

 

 

原田文明1
名前 : 原田文明 (はらだ ぶんめい)

生年月日 : 1955年10月3日 (56歳)

出身地 : 茨城県

身長 : 168cm

体重 : 56kg

特技 : スポーツ全般

所属 : 宝井プロジェクト

 

 

特技の欄にある通り、原田さんはスポーツが得意なんですね。

ボウリングの件は、もちろん原田さんの努力の賜物ではありますが、

原田さんの運動神経の良さも、関係しているのかも知れませんね。

 

 

 

原田文明さんの経歴を調べたところ、

原田さんの俳優デビューは、1990年代ということでした。

 

1990年代は、原田さんの30代頃にあたりますから、

原田さんが20代の時は、どういったことをされていたのでしょうかね?

 

もとはサラリーマンで、脱サラして俳優の夢を

追いかけたという話しもありそうですし、

アルバイトで生計をたてながら、劇団で俳優の修行をしていたというのも

ありそうですよね。

 

残念ながら、この件については調べても情報は出て来ず、

原田さんの、20代は謎につつまれています。

 

 

 

 

 

原田文明の出演作品

 

原田さんの所属事務所の公式サイトでは、

原田さんの主な出演作品が掲載されておりました。

 

<宝井プロジェクト 原田文明・主な出演作品>

 

 

 

原田さんは、役名がないチョイ役が多く見られます。

「養蜂場の男役」「パート従業員役」など、

原田さんがやっているところが、目に浮かびますね。

 

しかし、ドラマではそういった役がすごく大事で、

そこがしっかりしていないと、物語全体が締まらないと聞いたことがあります。

 

芝居のために、いろいろな努力をする原田さんが、

チョイ役として、選ばれる理由はきっとそういったところでしょうね。

 

 

 

 

 

まとめ

 

原田文明さんは、芝居のためにはどんな努力もする役者魂あふれる俳優。

 

見かけによらずスポーツが得意で、

スカッとジャパンでのボウリングの件も、

原田さんの、努力と運動神経の良さで成せる業だった

 

巷では、原田さんの役者魂が話題になっており、

2016年は、原田文明さんが大ブレイクするかも

知れません。

 

 

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-エンタメ, 話題