セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

森脇健児がしくじり先生に!怒らせた3人の大物先輩芸能人は誰?

 

こんにちは。

本日のしくじり先生に松竹芸能の森脇健児さんが出演されますね。その森脇さんが過去に怒らせた先輩芸能人を暴露するということで現在非常に話題になっているようです。

スポンサードリンク



今夜のしくじり先生は個人的にすごく楽しみで、いつもだったら見てからおもしろいと思うのですが、

森脇健児さんは幼いころから観てよく知っているので、あのときのあれは何だったんだろうという?ことが判明できそうな内容になっているようで早く観たいという気持ちです。

 

今回の記事では森脇健児さんが怒らせたという先輩芸能人は誰なのか?ということとその検証を行いたいと思います。

が、その前に森脇健児さんのこれまでの軌跡なんかを僕の個人的な目線から過去を思い出しつつ紹介してみたいと思いますので、少々お付き合いいただきますようお願い申し上げます。

 


僕が物心ついたころには、森脇健児さんは出身地の大阪でいつもテレビに出ている人みたいな感じで爆発的に売れていました。

 

あのころは現在俳優やバラエティ番組にたま~に出演されている山田雅人さんと一緒に出演されていることが多かったですねぇ。

僕は森脇健児さんと山田雅人さんはコンビだと思っていましたから(笑)

 

現在は違うようですが、かつては山田雅人さんも松竹芸能に所属するお笑い芸人さんだったから、同じ事務所の若手の森脇さんとセットで売り出していたと言うことらしいです。

 

大阪で売れに売れていた森脇健児さんはいざ東京に進出!現在でもよくあるこの流れですが、今とは違って東京と大阪間を行ったり来たりできるということではなかったですよね。

 

現在は大阪で活躍した芸人さんが東京に進出して東京に住んでいても、大阪のレギュラー番組を続けたり、なんだったら大阪でもレギュラー番組を増やしたりということが多いような印象があります。

 

しかし昔は東京に進出する=もう大阪の番組には出ない、大阪ローカルの番組で顔を観ることはあり得ないという風潮でした。

 

なので大阪で人気を得た芸人さんたちが東京に進出するというのは一大決心として捉えられていたり、わざわざ”東京進出決定さよなら特別番組”みたいなこともやっていましたからね。

 

さらっと東京に進出している芸人さんが多い現在では考えられないですよね。

 

そんな東京進出という一大決心をした森脇健児さんですが、実は大阪でも売れていたのは『おもしろい芸人さんだから』ということではなく、

ただ『松竹芸能という事務所に猛プッシュされていたから』ということが後々判明します。

 

当時の森脇健児さんはあま~いルックスとスリムなスタイル、そして運動神経抜群という武器で大阪中の女性を虜にしていましたから、ただ単にアイドル的な売れ方をしているだけでした。

 

理由はどうあれ売れているので、森脇健児さんが出演している番組は軒並み視聴率もいいし、森脇さんが出演するライブはお客さんもよく入る。という現象が毎日のように起こっていたんですね。

 

森脇さんの若いころを知らない人には信じられない話しかも知れませんが、当時はあのダウンタウンさんと大阪での人気を二分していたというくらいです。

 

ダウンタウンも当時から人気はすごく、ダウンタウンさんが街を歩けばすごい人数の人たちがその後ろをついて歩くので『ダウンタウンが動けば大阪が動く』とまで言われていました。

 

そんなダウンタウンさんと人気を争っていたんですからね。当時の森脇さんはそれはそれはすごかったです。

 

しかし見る人が見れば、森脇さんの人気がそのお笑いの実力ではないことは明らかなんですよね。当時から森脇健児の人気は一過性のものだみたいなことを言っている人も多く存在していましたから。

 

かくいう僕の家族も森脇さんのことをそういう風に見ていました。僕の親は森脇さんのことを「どこがおもろいねん。」などと言って嫌っていましたからね(笑)

 

きっと東京進出と同時に売れなくなり、自分の実力もわかることになるだろう・・・そんなふうに感じている人もたくさんいたはずです。

 

しかし!そんな声を裏切るように森脇さんは東京でもあっという間に、そしてめちゃくちゃ売れていきました

 

今となってはあまり憶えていませんが、有名なところで言うと『笑っていいとも!』『夢がMORIMORI』という番組にレギュラー出演!

 

いいともの方は売り出し中や売れている芸人さんがよくレギュラー出演されていましたからわかるとして、夢がMORIMORIの方はすごかったですね。

 

スポンサードリンク



当時は今ほどのスター感はなかったものの、あのSMAPとも共演していましたし、土曜日の夜11時半に放送されていたのですが、月曜日の学校ではこの話題で持ち切りになるほどでしたからね。

特に番組内での企画であった”キックベース”はこの番組から全国の子供たちに広まっていったと言っても過言ではありませんでした。

 

あとは僕がよく憶えているのはCMですね。その中でも特にすごかったのが『ギャッツビー』のCMです。


 

このCMで俳優の吉田栄作さんと共演されていましたが、当時の吉田栄作さんは若手№1俳優でした。

その吉田栄作さんと共演されていて、しかも人気俳優とお笑い芸人という構図ではありません。人気者×人気者という構図で、完全に吉田栄作さんと並んで出演していましたからね。

 

今で言うと小栗旬さんとかとお笑い芸人さんが同列で共演?いやそれ以上のことだったかもしれません。

このギャッツビーのCMは、当時どれだけ森脇さんが売れていたかがいちばんわかりやすいと言えるのではないでしょうかね。

 

そんな東京進出という大きな壁もなんのそので売れに売れていた森脇健児さん。当時はバブルが崩壊した直後でしたが、まだまだ浮かれていた人もいて、

そんな浮かれていた人と同じく、バブル経済ならぬ『森脇バブル』で森脇さんも浮かれていたんだと思います。

 

そんなときに起こったのが、今回のしくじり先生で聞けるであろう『大物先輩芸能人を怒らせた事件』なんですね~。

 

いつのときも悲惨なことは突然やってくる、と言わんばかりに森脇さんのバブルははじけ、その後の森脇さんは転落の一途を辿っていくわけです。

 

 NEXTページ 森脇健児が怒らせた先輩芸能人とは?


ページ: 1 2

スポンサードリンク

-エンタメ