セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

渡瀬恒彦は喧嘩がなぜ強いのか?安岡力也をフルボッコは本当?

渡瀬恒彦ケンカ 冒頭
 

こんにちは。

今朝のニュースで俳優の渡瀬恒彦さんが亡くなられたという訃報がありましたね。

スポンサードリンク



渡瀬恒彦さんは2015年辺りから胆のうがんで闘病中と報道されていましたよね。

あれからも渡瀬恒彦さんをテレビドラマで度々観ていたので、もう元気なんだなと勝手に思っていましたけど、どうやら入退院繰り返しての活動だったみたいです。

 

渡瀬恒彦さんは僕の中ではすごい一流のスター俳優というイメージがあるので、お葬式などは豪勢な感じになるのかなと思っていたのですが、

どうやら近親者のみが参列するお葬式になるみたいですよ。喪主は妻のい保さんが務められるのだとか。

 

僕は渡瀬恒彦さんのファンというわけでもなく、出ているお芝居もそんなには観ていなかったですが、よく聞くのは「十津川警部シリーズ」とか「おみやさん」ですね。

 

そういう刑事ものの俳優さんというイメージもかなり僕の中では強い俳優さんでした。

 

 

 渡瀬恒彦は喧嘩が最強?


渡瀬恒彦1
 

そんな渡瀬恒彦さんを温厚なイメージとして捉えていた僕ですが、小さい頃に両親にこんなことを言われた記憶があります。

 

僕の親「芸能界でケンカが最強と言われているのは渡瀬恒彦だよ」

 

僕はこのことを聞いたのが小学生のときだったのですが、小学生や中学生時分って”ケンカ”っていう言葉に敏感じゃないですか。特に男の子は(笑)

 

僕はビビりでヘタレで運動とかもあまりできないタイプだったので、ケンカが超弱かったんです。それでケンカが強いという人への憧れがあったんですよね。

 

なので、渡瀬恒彦さんがケンカ最強と聞かされてからはそればっかりイメージが残っちゃって、未だに友達なんかと渡瀬さんの話題になるとそればっかり言っちゃいますね(笑)

 

しかし、渡瀬恒彦さんが本当に喧嘩が強かったのか?実際にどんな逸話があるのか?ということは調べたこともなく全然知らなかったんですよね。

 

ということで今回はネット上にある渡瀬恒彦さんの喧嘩最強伝説を調べてみました。

 

>渡瀬恒彦のカツラはいつから?

>9係の渡瀬恒彦の代役は?主演不在で撮影はどうなる?

スポンサードリンク



 渡瀬恒彦の喧嘩伝説


渡瀬恒彦2
 

渡瀬恒彦さんの喧嘩武勇伝を調べていくうちに、まずいちばんよく出てきた話しが”安岡力也”さんを叩きのめしたという伝説。

 

安岡力也さんは僕が知った時からすでに強面で、出てきて喋っているだけでみんなから恐れられているようなイメージの方でした。

当然もっと若い頃なんかはもっと乱暴者で、一度暴れ出すと手が付けられないというくらいの方なんですね。

 

そんな安岡力也さんを渡瀬恒彦さんが呼び出し、駐車場でフルボッコ!完膚なきまでに叩きのめしたという話しです。

 

そんな安岡力也さんともさっぱり打ち解け、仲良くなった二人は街の強面連中に片っ端からケンカを売っていたとか。

すごい時代ですね、今はそんなことがあったら通り魔事件みたいになっちゃいそうですが。

 

あとは荒くれものと言われていた”岩城滉一”さん”松田優作”さんを一方的に叩きのめしたとか、プロレスラーに勝ったことがあるといった武勇伝もあるみたいです。

 

渡瀬恒彦さんの武勇伝は渡瀬恒彦さん自身が言っているのではなく、その周りの人たちが仰っているというところも信憑性ありますよね。

 

渡瀬恒彦さんと仲良くされていた”ガッツ石松”さん”志賀勝”さん、それに”川谷拓三”さん”山城新伍”さんなんかが渡瀬恒彦さんよりケンカの強い者をみたことがないと公言していたそうです。

 

最後にとんでもない話しを聞いたのですが、渡瀬恒彦さんの知り合いの大学生が危ない人たち、いわゆる”ヤーさん”に事務所に連れて行かれたことがあったらしいのですが、

渡瀬恒彦さんはそのヤーさんの事務所に単身乗り込み、無事その大学生を助け出したということです。

 

これはもう普通のケンカが強いどうこうの話しではありませんね。精神力というか、修羅場をくぐる度胸みたいなものが渡瀬恒彦さんにはあるのでしょう。

 

渡瀬さんはもともと空手をやっていたそうなのですが、それだけではケンカが強くなるわけではありませんよね。

空手の技術とかそういうところよりも、怖いもの知らずの精神が渡瀬恒彦さんの喧嘩の強さの秘密なんじゃないかなと僕は思います。

 

 

 まとめ

 

今回の記事では渡瀬恒彦さんの喧嘩伝説について書かせていただきました。

常に俳優の第一線で活躍を見せてくれた渡瀬恒彦さんのご冥福を心からお祈り致します。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-エンタメ