セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

スレンダーマン事件の真相とは?犯人やその後や映画についても

スレンダーマン事件 冒頭
 

こんにちは。

今週放送の”ザ!世界仰天ニュース”では、全米を震撼させた『スレンダーマン事件』に関しての特集をやるみたいですね。

スポンサードリンク



スレンダーマン事件というのは僕も実は全く知らなかったのですが、

 

今から3年ほど前の2014年5月に、アメリカのウィスコンシン州で起こった、12歳の少女二人が同級生の少女を殺害しようとした事件らしいです。

 

二人の少女はそれぞれ『モーガン・E・ガイザー』『アニサ・E・ワイヤー』という名前で、

二人は友人を森へ誘い出して押さえつけると、用意したナイフで身体や手足を19回も刺したそうです。

 

この事件はアメリカで大きく報道され、全国民に大きなショックを与えたのだそうですが、その要因はわずか12歳の少女が起こした事件だったということですね。

日本でも何年か前に九州の方で小学生の少女が起こした事件がありましたが、あのときも日本中が震え上がりました。

 

しかし、この事件がショッキングな理由はもうひとつあって、加害者の少女二人がアメリカのネットで有名な「スレンダーマン」に気に入られようとして、計画的に行った事件だったそうです。

スレンダーマン2
 

わずか12歳の少女にそこまで思わせる「スレンダーマン」とは一体なんなのでしょうか?

スレンダーマンについては別記事で書かせていただきましたので、興味があるという方はぜひそちらもご覧になってください。

>スレンダーマンとは?【画像】

 

 

 スレンダーマン事件の真相は?

 

スレンダーマンとは結局”都市伝説”だそうなのですが、その都市伝説を二人の少女が本当に信じてしまったために起きた事件なんですね。

 

ひとりの少女は事件を起こせば、本当にスレンダーマンと一緒に暮らせると思い込み、

またもうひとりの少女は、夢の中でスレンダーマンと出会い、心を読み取ったり、物を念力で動かせたとのことで信じ込んでしまったようです。

 

スポンサードリンク



二人はスレンダーマンに興味を持ち始めて以降、どんどんスレンダーマンに心酔するようになってしまい、

ネット上に恐怖体験を投稿する”CreepyPasta Wiki”というサイトでスレンダーマンの話しを読み、ますますスレンダーマンを崇拝していってしまんですね。

 

 

二人の少女はなんと2ヶ月も前から犯行についての計画を練っていたみたいです。

 

そして被害者の少女と3人でお泊り会を開き、その晩には犯行を決行することができなかったようなのですが、

次の日にかくれんぼと称して被害者少女を森に誘い込み、犯行に及んだのだとか。

 

被害者少女が動かなくなったのを確認してから二人の少女は帰宅をしたのだそうですが、その後被害者少女は偶然その場を通りかかった人に助けられ、なんとか一命だけは取り留めたそうです。

 

 

 スレンダーマン事件のその後は?

 

結局、加害者少女は二人とも逮捕されてしまいまいますが、12歳という年齢にもかかわらず、その残虐性から成人扱いの刑事裁判にかけられ、

懲役65年、保釈金50万ドル(日本円で5600万円)を求刑されたそうです。

 

警察の取り調べには応じており、悪いと思っているような旨の言葉も出ているみたいなのですが、どこかまだ反省というか、

目を覚ましていないような発言があるようで、精神鑑定にかけられたという話しもありました。

 

被害者の少女のその後がどうなったかはわかりませんが、身体中を傷つけられた痛みや友人だと思っていた少女に襲われたショック、命を落としかけた恐怖などで、

身体的にも精神的にも後遺症はずっと残るでしょうね。

 

こういったよりショッキングな事件て、あとから映像化とかされたりしそうですけど、今のところはこの事件に関するものはないみたいですね。

 

もしかしたら日本では今回の世界仰天ニュースがはじめてかもしれません。

 

 

 まとめ

 

今回は全米を震撼させた『スレンダーマン事件』について書いてきましたが、調べていくうちに想像以上の凄惨性に驚きました。

今まで仲の良かった友人を傷つけるという、なにが二人の少女をそこまでにしたのか?そこまで二人の少女を魅了するスレンダーマンの秘密とは何なのか?

ということを今回の世界仰天ニュースニュースでは知れたらいいですね。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-話題