セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

PSNowのPCリリース開始日は?定額料金やソフトタイトル一覧も

PSNow 冒頭
 

こんにちは。

昨日、ニュースで知ったのですが、プレイステーション3のゲームをストリーミング方式で遊べる”PlayStation Now”のサービスがWindowsPCでも開始されるそうですね。

スポンサードリンク



このPlayStation Nowというものは、要するにプレイステーション3の本体を購入しなくても、

パソコンがあればネットでプレイステーション3のタイトルを購入すれば、そのソフトを遊べるというものらしいです。(PS4では日本でも可能だったそうです。)

 

正確にはストリーミングするということなので、購入ではなくレンタルになるようですが。

 

僕は個人的に近い将来、ゲームはこういうことになるのかなと予想していたので、ちょっと嬉しいですね。

これだとわざわざゲーム屋さんにソフトを買いに行かなくてもいいし、品切れすることもなくなりますしね。

 

それにソフトのケースやディスクを作る手間とか費用とかも省けるようになりますし、今回はPS3のソフトだけみたいですが、

もしかしたら本当にゲームはそうなっていくかもしれませんね。現にスマホのアプリゲームなんかはそうですしね。

 

話しをPS Nowに戻しまして、PSNowが開始されればその対応のソフトタイトルやレンタル料金なんかも気になりませんか。

 

今回はそういうPSNowの気になる部分を少し調べてみました。

 

 

 PS NowのWindowsPCでのサービス開始日は?


PSNow1
 

PSNowのWindowsPCでの配信サービス開始日は、今のところはまだ未定なようですが、ニュースには今春と書いてあるので、3月~4月辺りになるのではないでしょうか。

 

遅くても4月の下旬くらい?早ければ3月中にはという感じだと予想します。

 

こちらは詳しいことがわかり次第ご報告させていただきますね。延期とか滞ることがなくサービス開始してくれたらいいですね。

 

 

 遊べるソフトタイトルは?

 

やっぱり気になるのはなんのソフトが遊べるかということですよね。

 

ニュースに書いていましたが『みんなのゴルフ6』や『バイオハザード6』など180種類以上が遊べる予定だそうです。

 

スポンサードリンク



遊べるソフトタイトルの一覧が公式サイトにあったので、興味がある方はこちらからどうぞ。

【PS Nowのタイトル一覧】

 

僕が思っていたより多くのソフトが遊べるようでこれは嬉しいですね。

 

 

 レンタル料金は?

 

ソフトのレンタル料金、こちらも気になるところですよね。

 

公式サイトに書いてあった料金表では以下のようになっていました。

 

【定額制サービス】
※期間中、提供される全てのゲームタイトルを自由に何度でも遊ぶことができます。
1ヶ月利用権 2315円+税
3ヶ月利用権 5463円+税
 

【レンタルサービス】
※レンタルサービスでは、提供されるゲームタイトルからお好きなものを選び、4時間、7日間、30日間、90日間、自由に何度でも遊ぶことができます。
4時間 200円+税
7日間 200円+税
30日間 200円+税
90日間 400円+税
 

 

長く遊びたいと考えられている方には1ヶ月利用権より3ヶ月利用権の方が約1500円ほどお得になっているんですね。

 

ちょっとよくわからないのが4時間と7日間と30日間が同じ200円+税となっているところ、これはどういうことになるんでしょうかね?

最初は1タイトルに付き4時間だったら200円とか、7日間だったらそれ以上の料金がとか、そういうことかなと思っていたのですが、そうなると4時間の存在の意味がないですよね。

 

こちらはもうちょっと調査してみようと思います。

 

 

 パソコンの推奨スペックは?

 

ニュース記事ではパソコンの推奨スペックも書いていてくれたので、シェアしていこうと思います。

 

・Windows 7(SP1)/Windows 8.1/Windows 10
・300MB以上の空き容量
・2GB以上のRAM
・3.5 GHz Intel Core i3/3.8 GHz AMD A10以上
・サウンドカード、USBポート


 

これはありがたいですね。

 

いざやってみて対応していないスペックだったら泣きそうになりますもんね(笑)

 

 

 まとめ

 

今回の記事ではPlayStation NowのWindowsPC対応開始について書かせていただきました。

こういう風に将来はゲームソフトを購入して本体にディスクを入れてということがなくなっていくんでしょうかね。

それを考えると昔からテレビゲームをやっている自分としては少し寂しく感じたりもしますが、実際はそうなっていくのに賛成です。

こうして便利になって低コストになっていけば消費者と生産者が上手く回っていくと思っています。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-アニメ・ゲーム