セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

益若つばさが拷問好きを水曜日のダウンタウンで告白!拷問の本も

2017/01/26

益若拷問 冒頭
 

こんにちは。

今、水曜日のダウンタウンを観ていたのですが、益若つばささんが衝撃の告白をしていました。

スポンサードリンク



本日の水曜日のダウンタウンの企画はそれぞれ

『寿司くいねぇの歌詞通りに寿司を食うのは無理説第3弾』『社長がバンザイし続けたら社員もバンザイし続ける説』『くすぐりも10分過ぎたらもう平気説』『ベリーショートの女性は気が強い説』

というものでした。

 

この中の『くすぐりも10分過ぎたらもう平気説』で、たむけんさんが出てきたときに、益若さんが例の発言をされたのですが、

 

益若つばささん曰く「くすぐりというのは案外ちゃんとした拷問として使われていたこともある」と言ったのです。

 

その益若さんの発言に周囲がざわつき「松本さんがなんでそんなこと知ってんの?」と聞いたところ、益若さんが、

「拷問の話しが好きで、拷問の辞書とかも読んでたり」

と、まさかの告白をされていました。

 

 

益若さんが拷問好きと聞いて、恐らく男性の多くはそっち方面のプレイみたいなことを思い浮かべたと思います(笑)

 

益若さんがそういうプレイをしていることに興奮してしまうのはよくわかりますが、多分益若さんが言っているのはそっちの方の拷問ではなく、

罪人などに科す方の、いわゆる刑罰とか白状させるやつですね。

 

僕はあまり知りませんが、拷問の種類や歴史を好きで勉強や研究している方は結構いるみたいです。

 

益若さんもそういった趣味というか、好きなものなんでしょうね。

 

スポンサードリンク



 拷問の辞典も愛読している?

 

益若つばささんは、そういった拷問の本も読んでいると発言されていましたが、その益若さんの愛読している拷問の本も気になりますね。

 

想像ですが、拷問の種類とか歴史が紹介されているような本でしょうね。

 

ちょっとそういった拷問の本も探してみました。

 


益若拷問1

益若拷問2

益若拷問3

 

 

多分こういうやつですかね。

 

表紙を見るだけでもちょっと怖そうですね。ページを開いて見るのにはちょっと勇気がいります。

 

僕はこういう感じの本で『世界の武器』とか『北欧神話の神』とかを読んだことがありますが、一度読んでしまうとハマってしまってなかなかやめられなくなるんですよね。

 

ちょっとした歴史の勉強にもなるし、もしかしたらこれのおかげで益若さんも歴史に詳しいかも知れませんね。

 

 

 まとめ

 

益若つばささんの新たな一面が見れましたね。

しかし、拷問とは言っても決してあっち方面のことを言っているのではないということはわかっておかないといけません(笑)

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-エンタメ