セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

稀勢の里2017初場所優勝と横綱昇進の可能性?賞金やパレードも

2017/01/24

稀勢の里初場所 冒頭
 

こんにちは。

大相撲初場所が13日目に入り、いよいよ佳境を迎えていますね。

スポンサードリンク



現在行われている初場所で注目されていることといえば、大関の稀勢の里が悲願の初優勝を果たせるのかといったところ。

 

今場所だけでなく、昨年までも非常にがんばって健闘していたのですが、惜しくも優勝は成らずという状況が続いていましたので、

大相撲ファンのあいだで稀勢の里に優勝の期待がかけられています。特に稀勢の里の出身地である茨城県ではこれまでにない盛り上がりを見せているようです。

 

 

 稀勢の里の優勝の可能性は?


稀勢の里初場所1
 

稀勢の里は今場所の12日目現在で、11勝1敗と単独トップを守っています。

その稀勢の里を横綱の白鵬前頭十三枚目の逸ノ城、そして前頭十枚目の高ノ岩の3人が2敗で追っています。

 

そして、稀勢の里は本日の13日目の取り組みは豪栄道が休場になったので、不戦勝になりました。この時点で12勝1敗になっています。

 

明日14日は優勝争いしている逸ノ城、千秋楽はこれまた優勝争いしている白鵬が相手です。

 

現在2敗で稀勢の里を追う3人の本日13日目の取組次第では、早くて明日の14日目に稀勢の里の優勝が決まりますね。

 

しかし、3人の力士たちにも意地がありますから、そんな甘い事にはならないんじゃないかなと思います。

 

ここは3人の力士の負けを期待するよりも、稀勢の里の残り全勝を期待しましょう。

 

千秋楽は白鵬という最大の壁が立ちはだかりますが、それも倒して文句の付けようのない優勝が観たいですね。

 

心配な点は、稀勢の里は性格的に非常に生真面目で考え込んでしまうという面があるそうです。そういったところからプレッシャーに非常に弱いという弱点もあるみたいですね。

その稀勢の里のプレッシャーに弱い部分は、取り組みにも顕著に表れておりまして、

先場所までの取り組みでは優勝に届くまでの大健闘を見せながら、13日目からの3戦に負けることが非常に多かったんですよね。

 

大相撲ファンのあいだでは、この稀勢の里の最後の3戦を鬼門と見ている向きが強いようです。

 

しかし逆に言えば、13日目の今日はすでに不戦勝で豪栄道に勝利していますから、鬼門のひとつ目はクリアしているということで、かなり楽になったと言えるのではないでしょうかね。

 

そう考えるとますます稀勢の里の優勝の可能性は高くなったと言えると思います。

 

>大相撲の優勝カップの重さや材質は?総理大臣杯や天皇賜杯の価格も

スポンサードリンク



 稀勢の里の横綱昇進は?

 

現在は大関の稀勢の里ですが、今場所優勝したら横綱への昇進はあるのでしょうか?

 

ちょっとニュースで見たのですが、日本人の横綱昇進は今から19年前に若乃花関が成って以来、19年間ものあいだ無かったそうです。

 

それまではアメリカ出身の武蔵丸やモンゴル出身の朝青龍、白鵬といった力士だけが横綱になっていたそうです。

 

なので、今回の稀勢の里の横綱昇進は非常に期待されています。

 

しかし、以前調べたところ、横綱昇進の条件には2場所連続での優勝が必須だと聞いたことがあります。若しくはそれに準ずる成績が必要ということでした。

 

2場所連続に準ずる成績の定義はよくわからないのですが、東京相撲記者クラブ友会の杉山邦博さんによると、

稀勢の里は先場所で3横綱を倒していますし、昨年の最多勝も記録しています。

 

なので、今場所で優勝した場合、横綱にならない理由が無いと言い切ってくれました。

 

ということで、稀勢の里が今場所で優勝した場合には、横綱昇進の可能性は非常に高いと言えると思います。

 

 

 初場所優勝の賞金は?


稀勢の里初場所2
 

稀勢の里が優勝した場合にもらえる賞金なんかも調べてみました。

 

以前にちょっと力士の優勝賞金のことを聞いたことがあるのですが、そのときに聞いたのは、

まず優勝した幕内力士には、優勝賞金として1000万円が贈呈されるそうです。

 

しかし大相撲ではそれ以外にももらえる賞金があって、1勝する毎にボーナスとして金一封が貰えるのだとか。

あの勝利後にごっつぁんですってやって行司の人に貰ってる封筒ですね。あれで3万円ほどが力士の懐に入るということも聞いたことがあります。

 

ということは、稀勢の里が今場所で優勝した場合は仮に残り全部勝ったとして14勝。

14×30000=420000になりますから、10420000円くらい貰えるという計算になります。

 

>横綱稀勢の里の特番!無料視聴情報

>稀勢の里がユアタイム生出演で市川紗椰が涙?衣装もすごい!

スポンサードリンク



それから、大相撲には三賞と呼ばれる殊勲賞、敢闘賞、技能賞の3つの賞があるのだそうですが、それらの賞を獲得した力士にもそれぞれ200万円ずつが贈られるそうですよ。

 

なので、稀勢の里がこの3賞のうちひとつでも獲得した場合はさっきの賞金に足すと12400000円ほどが貰えると予想できます。

 

さらに自治体や企業からもそれぞれ金一封が贈られるそうで、それだけでもかなりの額になるんだそうです。

 

詳しい金額はわかりませんが、企業が絡んでいるとなると、もしかしたら全部足すと優勝賞金を凌駕するほどの額が貰えるとも考えられますね。

 

もうそうなったら計算できませんね。考えるだけでもハッピーになりますよ(笑)

 

 

さらにさらに賞金が貰えるだけでなく、副賞としてビール1年分米30俵野菜や果物を1トン分ほど貰えるという情報もありますね。

 

やっぱり力士ともなるとすごいスケールですよね。副賞だけでも僕の家には入りきらないほどの賞品が貰えるんですね。

 

めちゃくちゃ夢のある話しですよね。これがあるからあんな大変な稽古にも耐えられるんでしょうね。

 

 

 稀勢の里の優勝パレードの日程や経路は?

 

初場所で優勝したときには優勝パレードが行われると思いますが、その優勝パレードが行われる日程や時間、経路なども調べてみました。

 

大相撲の優勝パレードは、その場所の千秋楽の日に、弓取り式や表彰式などが終わった後、そのまま行われます。

 

優勝した力士が車に乗って自分の所属する部屋まで帰る。その様子を沿道から観客が見守っているという感じですね。

いろいろな式が終わり、優勝力士が出て来るのはだいたい夜の18時以降らしいです

 

なので、稀勢の里の優勝パレードが行われるのは、現在行われている初場所の相撲会場である、両国国技館前に夜18時前に行けば間に合うと思われます。

 

ただし、最前列で観たいという方などは、できるだけ早く行って待っていた方が良いみたいですよ。

 

 

 まとめ

 

稀勢の里の初場所優勝について書かせていただきましたがいかがだったでしょうか。

 

今回の稀勢の里の優勝は、本人の悲願の初優勝という喜びもありますが、19年振りの日本人横綱の誕生ということで、日本中の期待も背負っています。

ここ最近の大相撲では、日本の国技なのに外国出身の力士ばかりが注目されており、日本の相撲は終わったなんてことも言われていて、非常に悔しい思いをしている方も多かったでしょう。

しかし、稀勢の里がそんな暗い状況を打破してくれる、そしてひいては日本全体の大相撲を盛り上げるということで、楽しみ且つ期待が大きいですね。

あまり大相撲を観ない僕ですが、今回ばかりは稀勢の里の優勝を期待しながら観ようと思っています。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-スポーツ