セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

Uターンラッシュ2017年始の山陰道上り下り線の渋滞や混雑状況

%e5%b1%b1%e9%99%b0%e9%81%93u%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%80%80%e5%86%92%e9%a0%ad
 

こんにちは。

12月も半月ほどが経ち、今年2016年ももう少しで終わってしまいますね。

スポンサードリンク



年末といえば、それぞれ帰省して実家で過ごすという方が多いでしょう。ということで気になるのは年末年始の道路の渋滞・混雑状況ですよね。

 

そこで、2017年の年始の交通渋滞状況を予想してみたいなと思います。

 

 

 2017年の仕事始めは?

 

来年の年始のUターンラッシュのピークを予想してみましょう。

 

Uターンラッシュのピークは、それぞれの正月休みの状況によって毎年変わってきますよね。だったらそれぞれの会社の正月休みをまず予想してみればわかりやすいと思います。

公務員の方や銀行勤めの方は正月休みの日にちが決まっているそうですが、その他の企業の会社は、その年の土日がどこに来るかで休みの日数が変わってくるといった印象がありますよね。

 

来年2017年は最初の土曜日が1月7日なので、土日を絡めて正月休みを長引かせられるということには期待できそうもありませんよね。

 

ちょっと調べてみたのですが、一般的な企業の正月休みの終わりは1月3日らしく、仕事始めは4日からということみたいですね。

 

土日が絡まないということで2017年の仕事始めは、多くの会社が4日から仕事始めということになりそうですね。

 

【一般的な2017年の仕事始め予想】

・2017年1月4日~


 

帰省ラッシュ2016年末の山陰道上り下り線の渋滞や混雑状況

スポンサードリンク



 山陰自動車道の混雑予想

 

それでは山陰自動車道の混雑ピークの予想をしてみましょう。

 

2017年の一般企業の仕事始めは1月4日と予想したので、その予想と合わせて考えると予想しやすいと思います。

 

4日から仕事がはじまるということは、休みの最後の日、要するに1月3日はゆっくりしたいなというお父さんが多いと思います。

ということは、2日の晩までには自分の家に戻ってきたいと思う人が多いと考えられるということですね。

 

なので、2017年のUターンラッシュは1月2日になるんではないかなと思われますね。特に夕方の16時~18時くらいは毎年全国の道路が渋滞しているというイメージがありますね。

 

 

 混雑を回避する方法は?

 

渋滞を避けるためには、混雑する日を避けるのも大事ですが、混雑する時間帯を避けるだけでも大分変わってくると思うんですよね。

 

渋滞がはじまるのって、どんなに早くてもだいたい朝の6時くらいからという情報があったので、深夜から朝6時までのあいだに移動を済ませておくというのもひとつの手ですね。

 

例えば、30日から休みだったら、30日の深夜からスタートしておけば、渋滞に巻き込まれずに実家に到着することができるのではないでしょうか。

それか、29日の仕事終わりに、少し仮眠をとって、その日の深夜に出発ということもできそうですよね。

 

Uターンの時は、1日は実家で過ごし、2日の未明に実家を出発というのはどうでしょうか。

そうしておくと、2日と3日は自分の家でゆっくりできそうですし、どちらかの日を家族で過ごすのも良いと思います。

 

 

 まとめ

 

年末年始の道路の渋滞について書いてきましたが、もしこれを読んで少しでも参考になったら幸いでございます。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-生活