セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

静電気防止アクセサリー!カワイイ指輪やメンズのブレスレットも

Delaware River
 

こんにちは。

今年も秋が過ぎ、もう冬がそこまで来ている時期になってしまいましたね。本当に1年が過ぎるというのは早いものです。

スポンサードリンク



この時期はクリスマスや年末のカウントダウン、それにお正月になればお年玉や福袋など、本当にいろいろなイベントが待っていますよね。

そういった楽しみなイベントごとも気になるのですが、僕が個人的に気になるのは『静電気』ですよ。

 

毎年毎年、冬になると静電気の恐怖が待っています。車のドアの開け閉めもそうだし、キッチンでの作業中もそうだし。

本当にこの問題を解決することはできないかなと、文句を言っているだけではダメだと気付いたので、

今年はちゃんと静電気についてメカニズム予防法予防グッズなどもあるそうなので勉強してみました。

 

 

 そもそも静電気はなぜ起きるのか?

 

静電気を防ぐためには静電気が起こるメカニズムなどを勉強しなければいけないと思い、ウィキペディアさんで静電気について調べてみました。

 

いろいろと難しいことが書いてあったので、そこはとばしつつ(笑)『生活の中での静電気』これですよ。


日常生活のなかで、静電気の発生が問題となることがある。絨毯の上を歩くことによって、床と人体との間で静電気が生じたり、特に化学繊維を用いた衣服がこすれることによって帯電したりすることがある。静電気の電圧が高くなると、火花放電となって観測される。空気が湿っていると静電気が逃げやすくなるので、これらの現象は湿度の低い季節におこりやすい。日本においては、冬場の室内で暖房器具(特に電気暖房)を用いている際にそのような条件が整うことが多い。人体表皮からの火花放電はおおむね痛みを伴い、やけどの跡が確認できるものもある。
また、帯電した物体は埃や塵を吸い寄せるため、美観を損ねるなどの影響もある。


 

よく「俺、帯電体質なんだよね~」ということを聞いたりしますが、この説明によると静電気が起こることには一定の条件があって、その条件が重なると誰でも一様に起こり得るもののようですね。

 

化学繊維を用いた服(主にセーターとか?)を着ていたり乾燥している場所(エアコンがついている部屋や冬場など)にいると、電気が身体に溜まりやすい=帯電しやすいということみたいです。

 

 

 静電気の予防、除去方法は?

 

問題はこれですよね。静電気のことを知っても予防方法を知らなければ意味がありません。

 

上記の説明によると、そもそも静電気が起こりやすい条件の反対のことをすれば良い、要するに乾燥しているところや化学繊維を用いた衣服を着ていると帯電しやすいんだから、

化学繊維を用いていない衣服を着る部屋の中の湿度を高めておけば良いということになります。

 

実際に火気を扱う現場(ガソリンスタンドや工場など)では、こういった対策で静電気を防がれているようですが、常にそんなことを考えて生活はしたくないですよね。

できれば、そんな細かいことを考えずにナチュラルに静電気を防ぎたい。もっと言うと静電気のことなんて忘れてしまいたい。

スポンサードリンク



ということで、そっちも調べてみました。

 

昔からよく聞いた予防法は『できるだけ金属に触れておく』というもの。

この方法は、金属に触れておくことで、溜まっていく静電気を金属に逃がすということらしいです。

 

次によく聞くのは、『静電気が起こりやすいものに触れるときは、すばやく触る』というもの。

静電気が起きる瞬間は、だいたい触れかけのときに起こるもの、すばやく触れることによって、静電気を起こる間を与えないということでしょう。

 

しかし、これらの予防方法もおぼえていたらいいけど、そもそも静電気を意識していないとできませんね。

他にはもっと何か良い静電気対策が無いかと調べていたら、最近は静電気防止グッズという物が流行っているらしいです。

 

この静電気防止グッズは、それを購入して常に身に着けていれば、自然に静電気防止対策になるという物なんですね。

 

というわけで、静電気防止グッズとはどういう物があるのか?どれくらいの値段がするのか。そういったことも勉強してみました。

 

 

 静電気防止グッズ

 

静電気防止用グッズで調べてみたら、ホントにいろいろな商品が出て来てビックリしました。

 

 


こういった身に着けておくことで、静電気を防げるアクセサリー的な物や、

 

 


こういう風な、車やドアノブに着けておくことで、その物の帯電を防ぐという物もありますね。

 

マスクの2017年の流行デザインは猫の口?かわいい付け方も紹介

スポンサードリンク



しかも最近では静電気防止グッズも、静電気を防止するという効果だけにとどまらず、デザインにも気を使ったオシャレな物もたくさんあるようですね。


%e9%9d%99%e9%9b%bb%e6%b0%97%ef%bc%99


%e9%9d%99%e9%9b%bb%e6%b0%97%ef%bc%98


%e9%9d%99%e9%9b%bb%e6%b0%97%ef%bc%96


 

 

これらの商品は静電気対策も当然ですが、普通にオシャレなアクセサリーとしても機能しますよね。

 

もうこれからの時代は見た目だけでなく、静電気防止という要素が入った商品が当たり前になるのかも知れませんね。

 

 

 まとめ

 

今回の記事では、静電気のことについて書いてきましたがいかがだったでしょうか。

今や静電気防止グッズは、100均に行けば買えるという物だそうですから、僕も静電気防止グッズを購入しようと思います。

もう今年の冬から静電気なんて怖くないぞ!

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-生活