セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

ロマン・メンデス投手が阪神へ!球速や球種とメジャーでの成績も

%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%b9%e3%80%80%e5%86%92%e9%a0%ad
 

こんにちは。

プロ野球阪神タイガースに、ドミニカ共和国出身の助っ人投手、ローマン・メンデス選手が加入することが決まったようですね。

スポンサードリンク



メンデス投手は、今年で退団となった、ラファエル・ドリス投手の後釜のリリーフピッチャーとして加入したようですが、果たして来季の阪神の救世主となることができるのか。

 

その辺のところを期待するという意味でも、ローマン・メンデス投手のこれまでの成績や、投手としての能力などを調査してみました。

 

 

 プロフィール

 

まずは、メンデス投手のプロフィールを簡単にまとめてみました。

 

%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%b9%ef%bc%91
名前:ローマン・ジュニア・メンデス・ペレス
生年月日:1990年7月25日
年齢:26歳
出身地:サンペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス
身長:190.5cm
体重:86.2kg
投打:右投右打
ポジション:投手


 

メンデス投手は、2007年にレッドソックスに入団、プロ入りしますが、アメリカでのプロ野球生活のほとんどを、マイナーリーグで過ごしているようですね。

 

メジャーでの通算成績は、45試合に登板し、0勝2敗10セーブ防御率3.37で、

マイナーでの通算成績は、195試合に登板し、32勝23敗15セーブ防御率3.54だそうです。

 

なかなかメジャーで活躍することはできていないみたいで、成績だけを見ると、お世辞にもバリバリのメジャーリーガーと言えるような投手ではないですね。

 

エリック・キャンベルは阪神に入団か?打撃や守備の能力や成績も

スポンサードリンク



 プレースタイル


%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%b9%ef%bc%92
 

さて、数字だけ見ても日本のプロ野球で活躍できるかどうかはわからないので、メンデス投手とはどんな投手なのかということも調査しましたよ。

 

メンデス投手の最大の武器は、なんといってもMAX159キロの豪速球ですね。

今季で退団したドリス投手も良い真っ直ぐを投げていましたが、メンデス投手もそれに劣らぬストレートを投げるようです。

さらに、190cmと上背もありますから、角度のある、打者にとっては打ちにくい球も投げれますね。

 

もちろん変化球も、スライダーチェンジアップツーシームと豊富に持っており、ストレートと組み合わせて、相手打者から三振を獲る投球を得意としているそうです。

 

そしてメンデス投手はこれだけの剛球ピッチャーでありながら、制球力も武器としており、四死球が少ないことが売りの投手でもあるそうです。

リリーフピッチャー、特に抑えの投手はフォアボールなどでランナーを出さないことが必要になってきますから、メンデス投手の制球力は必ず活きて来るでしょうね。

 

 

 まとめ

 

来季に阪神タイガースへの入団が決定した、レッドソックスのローマン・メンデス投手についてご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか。

メンデス投手を調査していくと、メジャーでの成績はイマイチでしたが、アメリカでは活躍できなかった外国人選手が日本のプロ野球で大活躍したという話しは過去にもたくさんありますからね。

メンデス投手は日本で活躍できるだけの能力は持っていますから、阪神タイガースで覚醒してくれることを期待しましょう。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-スポーツ