セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

エリック・キャンベルは阪神に入団か?打撃や守備の能力や成績も

2016/11/20

Rae Lakes Meadow by Moonlight
 

こんにちは。

 

来季のプロ野球、阪神タイガースの新助っ人外国人として、ニューヨークメッツに所属している『エリック・キャンベル』という選手が浮上したようですね。

スポンサードリンク



マウロ・ゴメス選手の退団を考えて、来季の阪神はホームランも打てて点も獲れる、助っ人外国人の獲得が急務になっており、

これまでいろいろな外国人選手の名前が挙りましたが、今回でこのエリック・キャンベル選手の獲得一本に絞ったとか。

 

そこで阪神タイガースがめでたくエリック・キャンベル選手を獲得した時のために、エリック・キャンベルという選手がどんな選手なのかということを調査してみました。

 

 

 プロフィール

 

まずは、エリック・キャンベル選手のプロフィールを簡単にまとめてみました。

 

%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%bb%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%99%e3%83%ab%ef%bc%91
名前:エリック・シングルトン・キャンベル
国籍:アメリカ合衆国
生年月日:1987年4月9日
年齢:29歳
出身地:コネチカット州ノーウィッチ
身長:190.5cm
体重:93kg
投打:右投右打
ポジション:内野手 外野手


 

エリック・キャンベル選手は、2008年にニューヨークメッツからドラフト8巡目で指名を受け、プロ入りを果たしました。

 

メジャーデビューを果たしたのは2014年で、プロではAAやAAAなどでほとんどの生活を過ごし、またドラフトの順位を見ても、あまり期待されている選手というわけではないようですね。

 

ロマン・メンデス投手が阪神へ!球速や球種とメジャーでの成績も

スポンサードリンク



 打撃や守備の能力は?


Generated by  IJG JPEG Library
 

これまで3年間ものあいだ、阪神タイガースに多大な貢献をしてきたゴメス選手の代わりとして、エリック・キャンベル選手には4番打者を任せられる勝負強さと、ホームランを量産できるバッティング能力が求められますね。

あと、阪神は新助っ人外国人選手に三塁手を守ってもらうことに期待しているようなので、それなりの守備力も要求されます。

 

エリック・キャンベル選手はそれらの期待に応えられる能力を持っているのでしょうか?

 

キャンベル選手は身長190cm体重93kgと体格的には全然問題ありませんが、2014年から2016年のメジャーでの成績は、196試合に出場し、平均打率.221通算本塁打7本通算打点44とあまり誉められたものではありません。

その代わりと言ってはなんですが、体格の大きさの割に、平均出塁率.312盗塁9個と選球眼の良さと進塁への積極性というセールスポイントが見られますね。

 

これまでの成績は良くないので、打撃面ではこれからの覚醒が求められます。

 

対して守備面ですが、アメリカではこれまで一塁手三塁手のほかに、外野の守備も務めており、ユーティリティ性の高さは評価されているようです。

 

2014年にはファースト、サード、ライト、レフトを守って、85試合に出場し、エラー数は2個という好成績を収めたそうです。

 

こちらはエリック・キャンベル選手のファインプレーの動画です。


 

大きい身体の割に俊敏で軽快な動きをしますね。

 

 

 まとめ

 

エリック・キャンベル選手のことに関してご紹介させていただきました。

来季の阪神タイガースで、エリック・キャンベル選手が活躍するところが観れたらいいですね。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-スポーツ