セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

鳥取地震のや交通や人身被害は?安倍総理やミヤネ屋や気象庁の報告

%e9%b3%a5%e5%8f%96%e5%9c%b0%e9%9c%87%e3%80%80%e5%86%92%e9%a0%ad
 

10月21日、14時7分頃に鳥取県を中心とした広範囲で大きな地震が発生しましたね。

スポンサードリンク



最大震度は6弱だということらしいのですが、その震度6弱の揺れがあった、鳥取県湯梨浜町倉吉町、それに北栄町の現在入った被害情報の報告をテレビで入手しました。

 

まず、気象庁の会見報告によりますと、この地震による津波の心配は無し今後も1週間程度は今回と同じような大きな地震が発生することも充分に考えられるので、避難の準備や対策は怠らないようにしてくださいとのことでした。

 

 

 湯梨浜町の被害情報

 

15時頃の情報ライブミヤネ屋での報告によると、1番揺れの大きかった湯梨浜町の被害は、役場の職員の方に話しを聞いたところ、

 

・役場の中の壁の一部が崩れる。

・建物の倒壊の報告は無し。

・火災の報告は無し。

 

とのことでした。

 

 

 倉吉町の被害情報

 

倉吉町も震度6弱を観測しました。ミヤネ屋での被害情報は、

 

・火災が2件発生(誤報だったそうです。)

・建物の倒壊の報告は無し。

・5800件が停電

 

とのことでした。

 

 

 北栄町の被害情報

 

北栄町も震度6弱を観測しています。

ミヤネ屋での被害情報は、

 

・地面にひび割れが起こった場所がある。

・老人福祉施設で老人2人が倒れてきた物に当たり怪我、現在治療中。

・エレベーターに閉じ込められている人が数名。

・建物の倒壊報告は無し。

・火災の報告は無し。

 

とのことでした。

スポンサードリンク



 その他の鳥取県内の被害情報

 

その他にも、鳥取県内では約3万件の建物で、停電の被害が報告されていたようです。(現在はほとんど復旧しているそうです。)

 

いちばん大きな揺れは昼の14時頃だったのですが、鳥取県では今日の朝から、ほとんど絶え間なく、地震が起こっていたようですね。

現在でも、震度3~4の余震が何分おきかくらいに発生していて、油断できない状況が続いています。

 

揺れは主に横揺れで、成人男性がギリギリ立っていられるくらいの感じだそうです。お年寄りやお子様などは倒れて怪我をする可能性もあり、心配ですね。

 

テレビを観ている限り、湯梨浜町でも倉吉町でも北栄町でも、著しい交通のストップがある様子はありません。

 

現地の店舗などでいろいろな商品が散乱したり、店員やお客様が一時パニックになったりしていたようですが、現在は少しづつ落ち着きを取り戻しているようです。

 

また、安倍総理から政府をあげて、現地やその他の地域の被害情報などを適宜報告していくという発表もあったそうです。

 

 

 まとめ

 

鳥取地震の15時現在の被害報告をまとめてきました。

まだまだ油断できない状況は続いていますが、とりあえず大惨事という状況ではないようですね。

 

またいろいろな細かい情報がこれからも報告されると思いますので、そういった情報に注意するようにしていきましょうね。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-話題