セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

古賀優大の身長体重のwikiは?出身中学や明徳義塾での成績も

%e5%8f%a4%e8%b3%80%e5%84%aa%e5%a4%a7%e3%80%80%e3%81%bc%e7%99%bb
 

こんにちは。

 

2016年度のプロ野球ドラフト会議が10月20日に行われるということで、もう間もなくはじまりますね。

プロ野球ファンの方にしてみれば、来年にどんな新人選手が入ってくるのかと楽しみなイベントなんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク



そんなドラフト会議に向けて、阪神タイガースが隠れ指名候補選手としてリストアップしたと噂されている、古賀優大という選手が非常に気になったので、いろいろと調査してみました。

 

 

 プロフィール


%e5%8f%a4%e8%b3%80%e5%84%aa%e5%a4%a7
名前:古賀優大(こが ゆうだい)
生年月日:1998年8月7日
年齢:18歳
出身地:福岡県柳川市
身長:178cm
体重:78kg
小学:柳川市立東宮永小学校
中学:柳川市立柳城中学校
シニア:友愛野球クラブ
高校:明徳義塾高等学校
投打:右投右打
ポジション:捕手


 

古賀優大選手は、東宮永小学校の一年生時から軟式の少年野球チームに所属していました。

 

柳城中学時代は、友愛野球クラブという硬式野球チームでその腕を磨きます。

 

そして中学を卒業し、高校野球の強豪校として名高い、高知県の明徳義塾高校へ進学します。明徳では、なんと一年春の県総体でベンチ入りを果たしました。

怪我もあり、夏の甲子園ベンチ入りは逃しましたが、秋には正捕手の座を獲得しました。一年生でチームの要である捕手を任されるなんて、よっぽどすごい選手だったんですね。

%e5%8f%a4%e8%b3%80%e5%84%aa%e5%a4%a7%ef%bc%92
 

二年生からは完全にチームの中心選手として活躍。二年夏、三年春、三年夏と立て続けに甲子園にも出場しています。

二年夏と三年春の甲子園では1回戦敗退していますが、三年の夏の甲子園はチームをベスト4にまで導いています。

 

ホームランは高校通算2本と、一発のあるタイプの打者ではありませんが、三年夏の甲子園では打率.625を記録するなど、シュアなバッティングで明徳の4番を務めました。

スポンサードリンク



 プレースタイル


%e5%8f%a4%e8%b3%80%e5%84%aa%e5%a4%a7%ef%bc%93
 

古賀優大選手のストロングポイントは、遠投110m、ホームから二塁までの送球到達最速タイム1.78秒を記録する強肩ですね。

古賀選手の強肩はそれだけでプロのスカウトも注目しているほどだそうです。あとはリード面が鍛えられれば、完璧なキャッチャーになれますよね。

 

バッティングの方は、長打を期待するというタイプの選手ではないですが、バットコントロールには定評があり、その打撃力で名門・明徳義塾の4番に座りました。

 

阪神タイガースは、今回のドラフトで捕手メンバーの若返りを目指しているそうなので、強肩の捕手というのはきっと喉から手が出るほど欲しいところでしょうね。

 

 

 まとめ

 

今回の記事では、明徳義塾の古賀優大選手の紹介などさせていただきましたがいかがだったでしょうか。

古賀選手が、もしホントに阪神に入れば、原口選手や梅野選手、坂本誠志朗選手といった捕手たちと上手く競争させることもできますね。

さらに、古賀選手のような良いプレーヤーを阪神だけが狙っているとは考えにくいので、他のチームの指名も全然充分にあり得ますよね。

そんなことを考えていると今回のドラフトが非常に楽しみです。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-スポーツ