セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

郡拓也の出身中学などのwikiと帝京での成績は?兄は郡泰輝!

%e9%83%a1%e6%8b%93%e4%b9%9f%e3%80%80%e5%86%92%e9%a0%ad
 

こんにちは。

 

今年のプロ野球ドラフト会議が10月20日に行われるということで、もう間もなくはじまりますね。

来年には自分のひいきの球団に、どんなルーキーが入ってくるのか、プロ野球ファンの方には非常に楽しみなイベントでもあります。

スポンサードリンク



そんなドラフトに向けて、阪神タイガースの隠れ指名候補選手としてリストアップされたと噂されている、帝京高校の郡拓也という選手がとても気になったので、いろいろと調査してみました。

 

 

 プロフィール


%e9%83%a1%e6%8b%93%e4%b9%9f%ef%bc%91
名前:郡拓也(こおり たくや)
生年月日:1998年4月25日
年齢:18歳
出身地:東京都三鷹市
身長:178cm
体重:75kg
軟式:連雀スパローズ
中学:三鷹市立第一中学
シニア:武蔵府中シニア
高校:帝京高等学校
投打:右投右打
ポジション:捕手


 

郡拓也選手は小学一年生時に、地元の軟式野球チームである連雀スパローズで野球をはじめました。

 

中学入学とともにシニアリーグの武蔵府中シニアに入り、その腕を磨きます。

 

中学卒業後は高校野球の名門である帝京高校に進学します。強豪校の帝京高校にあって二年生時にはすでにレギュラーの座を獲得していました。

二年の春夏はそれぞれ内外野手として活躍、そして二年の秋から現在の定位置である正捕手の座につきます。

 

二年秋にはチームの4番として都大会ベスト4に貢献

三年時の春の地区予選初戦で、国学院久我山戦で満塁本塁打を放ちます。準々決勝の東海大菅生戦でリリーフ登板するも、打ち込まれてチームもベスト8で敗退しました。

三年時の夏は、正則戦でサイクル盗塁を達成するなどの活躍を見せましたが、地区予選ベスト8で敗退しました。

 

 

 プレースタイル


%e9%83%a1%e6%8b%93%e4%b9%9f%ef%bc%93
 

郡拓也選手のプレーの特徴は、走攻守と三拍子揃った能力で、投手、捕手、内野手、外野手とどこでも守れてしまう、万能なところですね。

スポンサードリンク



現在では捕手を務めていますが、元々は内外野を務めていましたし、投手の経験も何度かあるようです。

%e9%83%a1%e6%8b%93%e4%b9%9f%ef%bc%92
 

プロのスカウトも「捕手でダメなら他のところでも充分に使える。」と評価していますし、そういった選手はチームとしても非常に助かりますよね。

 

具体的なストロングポイントは、高校通算12発ものホームランを放つ打撃力一塁到達までのタイムが4.3秒という俊足(3秒台ならプロのトップレベルと言われています。)、そして遠投120mの強肩ですね。

走攻守三拍子揃ったと書きましたが、郡選手はそのどれもが高い水準で備わっており、本当にすごい選手です。

 

阪神タイガースは今回のドラフトで、盗塁もできる俊足の選手と、若返りを狙った捕手の獲得を目指しているそうなので、郡拓也選手は正に阪神の狙っている選手にピッタリの選手なのではないでしょうか。

これは阪神の指名候補選手リストに入っているのも当然と言えると思います。

 

 

 兄は郡泰輝!


%e9%83%a1%e6%8b%93%e4%b9%9f%e3%80%80%e9%83%a1%e6%b3%b0%e8%bc%9d
 

郡拓也選手には二学年上にお兄さんがいます。

名前は郡泰輝さんと言い、現在は仙台大学で野球をプレーしています。

 

帝京高校時代はなんと一年時からレギュラーで活躍していたそうです。

二年生、三年の春にはスタンドで応援していたようですが、三年の夏には背番号4番で試合に出場していました。

 

現在はプロのスカウトの目に留まっているという情報はありませんが、弟の拓也さんとともにプロで活躍する姿が観れたらいいですね。

 

 

 まとめ

 

今回の記事では、帝京高校の郡拓也選手の紹介などさせていただきましたがいかがだったでしょうか。

郡拓也選手は打ってよし!走ってよし!守ってよし!の万能プレーヤーなので、将来はイチロー選手やヤクルトの山田選手のようなスーパースターになってるかもしれませんね。

そんな郡拓也選手を今からチェックしておきましょう。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-スポーツ