セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

逃げるは恥だが役に立つドラマのOP主題歌やエキストラやセット

2016/10/08

%e9%80%83%e3%81%92%e6%81%a5%e3%80%80%e5%86%92%e9%a0%ad
 

こんにちは。

 

今年度の秋スタートの新ドラマの詳細情報が続々と発表されていますね。

スポンサードリンク



その新ドラマの中で、『逃げるは恥だが役に立つ』というドラマが気になったので、いろいろと調査してみました。

 

 

 ドラマの基本情報


%e9%80%83%e3%81%92%e6%81%a5%ef%bc%91
 

新ドラマの逃げるは恥だが役に立つは、2016年10月11日からオンエアスタートで、毎週火曜日夜10時TBSで放送されます。

 

主演は新垣結衣さんで、お相手役にシンガーソングライターの星野源さんが選ばれました。

 

略称は『逃げ恥』だそうで、その内容は、

主人公の森山みくりは大学院卒の25歳。定職に就けずやむなく派遣社員になるが、派遣切りのためについには仕事がなくなってしまう。

そんなみくりを見かねた父親のはからいで、父親の部下で独身の津崎平匡(35歳)の家事代行として働き始める。

順調に仕事をこなし、津崎にも信頼されはじめたみくりだが、あるキッカケでその仕事も失うことに。

追い詰められたみくりは津崎に対し、就職という意味で結婚してくれませんかと提案する。

その提案を聞いた津崎は、契約結婚ならということでその提案をのむことにした。

2人は周囲に秘密にしながら『雇い主=夫』『従業員=妻』の関係を始めるが、バレずに新婚生活を送ることができるのか?

といったあらすじになっています。

 

You tubeの方に予告動画も上がっているので、こちらからご視聴どうぞ。



 

恐らく現実には絶対無いようなストーリーですが、なんかありそうな感じが上手く視聴者を引き付けそうですよね。

それに相手が新垣結衣さんという、夢みたいなシチュエーションでいろいろと妄想もかきたてられそう、

まあ現実にガッキーが契約結婚を申し込んできたら、ちゃんと結婚してくださいとこっちからお願いしますけどね(笑)

 

とにかくシチュエーションも面白そうで見涯のあるドラマになりそうですよ。

 

とげドラマのネタバレと評価!ロケ地と撮影場所やアロワナも

 

 

 逃げ恥の主題歌は?


%e9%80%83%e3%81%92%e6%81%a5%ef%bc%92
 

逃げ恥のオープニング主題歌ですが、こちらはもう決定しており、津崎平匡役を演じる、星野源さんが担当します。

曲のタイトルは『恋』で、10月5日発売、星野源さんにとって1年半振りの新曲になります。

 

この『恋』という曲は、ジャンル的にはロックだと思うのですが、どっちかというと渋谷系?というかハウスミュージック系?的な感じですかね。

 

とにかく良い曲だと思うので興味がある方はぜひ一度聴いてみてください。

スポンサードリンク



 ロケ地やセット


%e9%80%83%e3%81%92%e6%81%a5%ef%bc%93
 

この『逃げ恥』は、新垣結衣さん主演の新ドラマということもあって、恐らく話題になるでしょうね。

そしたらロケ地や撮影場所などは、また『聖地巡礼』とか言って、視聴者がそのロケ地に集まったりしそうですね。

 

そして家事代行の仕事ということで、部屋の中での撮影も多そうなので、部屋の中の飾り置物、使用している食器とか家電とかにも注目が集まりそう。

他にもガッキーが着ている衣装とか身に着けているアクセサリーとかね。

 

そういう物の特定がもしできたら、またこちらでも追記などしていきますね。

 

勇者ヨシヒコと導かれし七人ロケ地は鶴岡!衣装やセット小道具も

 

 

 エキストラの募集は?


%e9%80%83%e3%81%92%e6%81%a5%ef%bc%94
 

逃げ恥のエキストラ募集ですが、過去には9月の下旬ごろに集中して行われていたみたいですね。

 

しかし、10月3日現在はやっていないようです。

撮影はまだ続いているようですし、もしかしたらまたエキストラの募集をはじめるかも知れませんので、エキストラに応募したい方は情報に注意しておきましょうね。

 

TBSの公式サイトにいけば、エキストラ募集の詳細がわかるようになっています

 

シェフ三ツ星の給食のロケ地や撮影場所は?再放送やDVDの情報も

 

 

 まとめ

 

今回の記事では新ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の紹介などしてきましたがいかがだったでしょうか。

 

こちらのドラマはガッキーこと新垣結衣さん主演ということもあり、話題になるであろうことは間違いないので、要チェックしておきましょうね。

あと原作の方も、絶賛連載中とのことなので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-エンタメ