セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

一ノ瀬メイは美人なハーフ?パラリンピックでの出場種目と日程も

2016/09/12

藤沢とおる 冒頭
リオオリンピックがとうとう終わってしまいましたね。

今回のオリンピックでは日本選手が史上最多数のメダル獲得という快挙を達成されました。その数なんと41個!これは日本人として嬉しい記録を残してくれましたね。

そしてリオオリンピックが終わった今、今度は9月からリオパラリンピックがはじまりますね。

パラリンピックの方では一体何個のメダルを獲得してくれるのか。そしてどんなドラマを観せてくれるのか、楽しみですね。

スポンサードリンク



そんなリオパラリンピックに向けて、当ブログではリオパラリンピック特集と題して、出場する日本人選手ひとりひとりの特集記事を書いていこうと思います。

 

今回特集する選手は競泳の一ノ瀬メイ選手です。

一ノ瀬メイ2
 

一ノ瀬メイ選手のプロフィールやパラリンピックでの出場種目出場日程といった基本情報はもちろん、一ノ瀬メイ選手とはどういった選手なのか、といった部分も紹介していこうと思っていますのでみなさまお楽しみに!

 
 

プロフィール


一ノ瀬メイ1

名前:一ノ瀬メイ(いちのせ めい)
生年月日:1997年3月17日
年齢:19歳
出身地:京都市京都市
身長:166cm
体重:58kg
高校:京都市立紫野高等学校
大学:近畿大学
障害:先天性右前腕欠損
障害クラス:S9 SB9 SM9
泳法:自由形 平泳ぎ 背泳ぎ バタフライ


 

 

リオパラリンピックでの出場種目


こちらでは一ノ瀬メイ選手のリオパラリンピックでの出場種目を一覧にしてまとめています。

 
【出場種目】

・50m自由形

・100m自由形

・100m平泳ぎ

・100m背泳ぎ

・100mバタフライ

・200m個人メドレー

・4×100mフリーリレー

・4×100mメドレーリレー


 

一ノ瀬選手はなんと8種目も出場するみたいですよ。

競泳といえばかなり過酷なスポーツで、しかも8種目も出場となれば体力的に大丈夫かなと思いますが、無事に怪我なくやってほしいですね。

 

 

出場日や出場時間


こちらでは一ノ瀬メイ選手のリオパラリンピックでの出場日や時間帯を一覧にしてまとめています。

 

【100m平泳ぎ】

[予選]
9月8日(木) 夜 22時24分頃

[決勝]
9月9日(金) 早朝 6時12分頃

 

【200m個人メドレー】

[予選]
9月11日(日) 夜 21時59分頃

[決勝]
9月12日(月) 早朝 5時53分頃

 

【100m自由形】

[予選]
9月12日(月) 夜 23時08分頃

[決勝]
9月13日(火) 朝7時10分頃

 

【50m自由形】

[予選]
9月13日(火) 夜 23時33分頃

[決勝]
9月14日(水) 朝 7時48分頃

 

【100mバタフライ】

[予選]
9月15日(木) 夜 21時37分頃

[決勝]
9月16日(金) 早朝 5時36分頃

 

【100m背泳ぎ】

[予選]
9月16日(金) 夜 21時52分頃

[決勝]
9月17日(土) 早朝 5時50分頃

 

【4×100mフリーリレー】

[予選]
9月15日(木) 夜 23時36分頃

[決勝]
9月16日(金) 朝 8時14分頃

 

【4×100mメドレーリレー】

[予選]
9月16日(金) 夜 23時36分頃

[決勝]
9月17日(土) 朝 8時43分頃

 

※時間はすべて日本時間です。


 

 

自己ベスト


ここでは一ノ瀬メイ選手の自己ベストを一覧にしてまとめています。

 
・50m自由形:31秒06(日本記録)

・50m平泳ぎ:40秒80(アジア記録)

・100m自由形:1分09秒16(日本記録)

・100m平泳ぎ:1分25秒83(日本記録)

・100m背泳ぎ:1分18秒97(日本記録)

・200m個人メドレー:2分41秒35(日本記録)


スポンサードリンク



経歴


ここでは一ノ瀬メイ選手の経歴を簡単に紹介したいと思います。

 

一ノ瀬メイ選手は京都で生まれ生まれながらに右腕の前腕部分が無いという障害をもっていました。

水泳は1歳半のときに始めたらしく、自宅近くにある障害者スポーツセンターというところに通って、その腕を磨いていたようです。

7歳の時に、そんな一ノ瀬選手を見ていた当時のパラリンピック競泳日本代表監督にパラリンピックを目指すよう勧められたそうです。

小学4年生の時にイギリスに留学。障害者に対する受け入れ方などといった、日本とイギリスの環境の違いにかなり驚かれたそうですね。

 

そして帰国後、中学2年の時にアジアパラリンピックに最年少で日本代表として出場。なんと銀メダルを獲得しました。

高校は京都市立紫野高校に進学。3年生時には英語スピーチコンテストに出場し『障害は個人の機能ではなく社会が作るもの』というテーマのスピーチを行い、優勝しました。

 

大学は近畿大学に進学。リオパラリンピックの8種目に出場決定!さらにトヨタのCMにも起用されましたね。

一ノ瀬メイ5
 

 

人物


一ノ瀬メイ選手はまだ19歳ですが、非常に達観というか広い目をもった人物としても知られています。

 

先述した英語スピーチコンテストでも言われていましたが、『障害者』や『五体満足』といった言葉はいわゆる健常者目線で生まれる言葉なんですよね。

そしてその人たちにとって都合の良い環境が勝手にできてしまっている、その環境に不適合な人たちを障害者と名付けているだけなんですね。

こういった一ノ瀬選手の考えは、小学生時に留学したイギリス先での日本とのあまりに違う環境からも生まれたものみたいです。

日本では障害者に対する受け入れが少なく悔しい思いを何度もしていた一ノ瀬選手が、イギリスに行けばどこでも簡単に受け入れてくれる。

こういった環境から障害者という言葉に対しての疑問が生まれたと言います。

 

とは言え、それだけのことであの若さでそこまで考えられる一ノ瀬選手はすごいですよね。

自分ならきっと不貞腐れて終わるだけのような気がしますね。

 

さらに、一ノ瀬選手はそんな世の中に対するハンデも物ともせず『腕が無いのは障害ではなく特徴です。』『障害者として生まれて良かった。そうじゃなければ今の友人にも水泳にも出会えていなかった。』という名言も残しています。

 

一ノ瀬メイ選手がいかにポジティブで明るい性格の人かがわかりますね。

 

 

美人なハーフ


一ノ瀬メイ選手はその競泳での輝かしい成績や優秀な人間性のほかに、ルックスの良さも注目すべきポイントですよね。

 

見てください、このモデルのような体型を。

一ノ瀬メイ3
 

さらに、目鼻立ちくっきりとした美しいお顔も良いですよね。

一ノ瀬メイ4
一部では水原希子さんにも似ていると噂になっていますが、確かに似ていると感じます。

八木莉可子 水原希子
 

この欧米風な顔立ちと”メイ”というお名前から想像できるように、一ノ瀬選手はハーフの方のようですね。

どうやらお父様がイギリスで、お母様が日本人の方みたいです。

 

勉学も優秀でスポーツもでき、さらにルックスも抜群と、言うことなしですね。

 

 

まとめ


今回のリオパラリンピック特集は競泳の一ノ瀬メイ選手でしたがいかがだったでしょうか。

 

一ノ瀬選手は8種目に出場し、そのどれもがメダル獲得に期待されています、さらにその美しいルックスも注目ポイントなので、みなさんも一ノ瀬選手をお見逃しないようチェックしておきましょうね。

 
 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-スポーツ