セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

木村敬一リオパラリンピック水泳の出場種目と日程は?経歴や全盲も

2016/09/12

錦織圭 冒頭
リオデジャネイロオリンピックも終わりに近づき、次は9月からリオデジャネイロパラリンピックの開幕が迫ってまいりましたね。

オリンピックでは数々の激闘とドラマが生まれましたが、パラリンピックの方では一体どうなるのでしょうか、非常に楽しみですね。

スポンサードリンク



そんな2週間後に開幕が迫ったリオパラリンピックについて、当ブログではリオパラリンピック特集と題しまして、リオパラリンピックに出場する日本人選手ひとりひとりをフューチャーした記事を書いていこうと思っています。

 

今回特集する選手は競泳の木村敬一選手です。

木村敬一2
 

木村敬一選手のプロフィールパラリンピックでの出場日程などの情報はもちろん、木村選手がどういう選手なのか?といったところもみなさまにお伝えしていこうと思っていますので、お楽しみに!

 
 

プロフィール


木村敬一1

名前:木村敬一(きむら けいいち)
生年月日:1990年9月11日
年齢:25歳
出身地:滋賀県栗東市
身長:171cm
体重:65kg
高校:筑波大学付属盲学校
大学:日本大学
所属:東京ガス
障害:全盲
障害クラス:S11 SB11 SM11
泳法:平泳ぎ バタフライ 自由形


 

 

リオパラリンピックでの出場種目


こちらでは木村敬一選手のリオパラリンピックでの出場種目を一覧にしてまとめています。

 
【出場種目】

・100m自由形

・100m平泳ぎ

・100mバタフライ


 

木村敬一選手は100mの自由形100m平泳ぎ、そして100mバタフライ3種目に出場します。

 

 

出場日程や時間帯


こちらでは木村敬一選手のリオパラリンピックでの出場日程を一覧にしてまとめています。

 
 

【100m平泳ぎ】

[予選]
9月13日(火) 夜 22時47分頃

[決勝]
9月14日(水) 朝 6時37分頃

 

【100mバタフライ】

[予選]
9月14日(水) 夜 22時58分頃

[決勝]
9月15日(木) 早朝 6時48分頃

 

【100m自由形】

[予選]
9月15日(木) 夜 22時47分頃

[決勝]
9月16日(金) 朝 7時06分頃

 

※時間はすべて日本時間です。


スポンサードリンク



経歴や成績など


木村敬一選手は1990年に滋賀県の栗東市に生まれました。栗東市は競走馬のトレーニングセンターがあり『馬のまち』として有名なところですね。

木村選手は先天性疾患により2歳の時に全盲になってしまいます。そして小学4年生の時に母親の勧めで水泳をはじめました。

小学、中学と水泳の腕を磨き、高校は上京し、筑波大学付属盲学校に進学。そのころから障害者競泳でどんどん頭角を現すようになってくるんですね。

 

2005年の国際視覚障害者スポーツ協会世界ユース選手権大会にて、50m自由形で金メダル100m自由形で銀メダルを獲得し日本競泳界のエースに君臨するようになりました。

 

パラリンピックには2008年の北京2012年ロンドン、そして今回のリオデジャネイロと3大会に出場。北京パラリンピックでは開会式の旗手も務めました。

北京では惜しくもメダルの獲得はありませんでしたが、ロンドンでは100m自由形で銀メダル100mバタフライで銅メダルを獲得し、パラリンピックメダリストの仲間入りを果たしました。

 

 

全盲でどうやって泳いでいるのか


木村敬一選手は先天性の疾患で全盲になってしまいます。

『全盲』とは簡単に言うと、目が全く視えない、または日常生活に支障を来すほどの弱視の方のことを言うんだそうです。

木村敬一3
 

そんな全盲という障害をもってしまった木村敬一選手は、障害者競泳界の中でもすごい選手ですが、一体どうやって泳いでいるんですかね。

目をつぶって泳いだら泳路が横に逸れてしまいそうですが、木村選手はそれをどうやって克服しているのでしょうか。

 

実は木村選手も泳いでいる時は真っすぐに泳いでいないらしいです。グラグラと右に行ったり左に行ったりしているようですね。

そもそも目の見えない人が真っすぐに泳ぐことはまず不可能だそうです。

右に行ってはコースロープにあたり、左に行ってはコースロープにあたりを繰り返すそうですが、木村選手は鍛えられた強靭な肉体により、そのコースロープにあたった時のアドバンテージが少ないらしいです。

これが木村選手の強さの秘密なんですね。

 

 

まとめ


今回のリオパラリンピック特集は競泳の木村敬一選手でしたがいかがだったでしょうか。

 

木村選手は前回のロンドンでもメダルを獲得していることから、今回もメダルに近い選手として非常に期待されている選手のひとりです。

そんな木村敬一選手を見逃さないように要注目しておきましょう。

 
 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-スポーツ