セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

藤本聰リオパラリンピック柔道の出場種目や日程は?障害や成績も

2016/09/12

松尾翠 冒頭
リオオリンピックの閉幕がすぐそこまで近づいていますね。それが終われば今度は9月からパラリンピックがはじまります。

オリンピックの方ではたくさんの熱闘やドラマを観ることができましたが、パラリンピックの方はどんなものが観れるのでしょうか、その辺も非常に楽しみですね。

スポンサードリンク



当ブログではリオパラリンピック特集と題しまして、リオパラリンピックに出場する日本人選手ひとりひとりの特集記事を書いていこうと思っています。

 

今回特集する選手は柔道の藤本聰選手。
藤本聰4

 

藤本聰選手のプロフィール出場日程といった基本情報はもちろん、藤本選手とはどういった選手なのかというところも紹介していきますので、みなさまお楽しみに!

 
 

プロフィール


藤本聰1

名前:藤本聰(ふじもと さとし)
生年月日:1975年8月2日
年齢:41歳
出身地:徳島県徳島市
高校:徳島県立盲学校
勤務:七條整形外科
所属:徳島県立視覚支援学校
障害:先天性視覚障害
障害クラス:B2
階級:66kg級
段位:四段


 

 

リオパラリンピックでの出場種目や日程


こちらでは藤本聰選手のリオパラリンピックでの出場日程を一覧にしてまとめています。

 

【男子柔道66kg級】

[予選]
9月8日(木) 夜 22時01分頃~

 

[敗者復活戦1回戦]
9月8日(木) 夜 22時41分頃~

 

[1回戦]
9月8日(木) 夜 23時01分頃~

 

[敗者復活戦2回戦]
9月8日(木) 夜 23時21分頃~

 

[準決勝]
9月8日(木) 夜 23時31分頃~

 

[3位決定戦]
9月9日(金) 早朝 5時05分頃~

 

[決勝]
9月9日(金) 早朝 5時25分頃~

 

※時間はすべて日本時間です。


 

 

視覚障害


藤本聰選手は徳島県徳島市で生まれました。生まれながらに視覚に障害をもっていたそうで、小さなころからボーっとしか物が視えていなかったみたいです。

そんな視力も現在ではさらに衰え、右目が矯正して0.1ほど、左目に至ってはほぼゼロらしいです。

 

しかし、そんな僕たちにとっての弱視も先天性のものである藤本選手にしてみれば、人生の中で苦に思ったことはないとか。

今でこそ健常者と別に競技をしているが、高校までは混ざってやっていたし、健常者の大会に出場してもやれると思っているとのことでした。

スポンサードリンク



主な成績


藤本選手は1975年生まれということで、現在は41歳。この年齢で未だに現役バリバリでやっているのはすごいですよね。

 

過去のパラリンピックでも1996年のアトランタからシドニーアテネ北京、そして今回のリオデジャネイロと5大会も出場しています。(ロンドンは残念ながら出場できず。)

そして成績もアトランタからアテネまで3大会連続で金メダルを、北京では銀メダルを獲得し、4大会連続のメダル獲得という偉業を達成しております。

藤本聰2
 

過去のパラリンピックではまるで当たり前かのようにメダルを獲ってきた藤本聰選手ですから、今回のリオでもメダル獲得は大いに期待のもてるところでしょう。

 

 

引退は?


先述しましたが藤本聰選手は今年で41歳。この年齢ではやはり体力的にきつい部分も増えてくることでしょう。藤本選手はもしかしたら引退を考えているかも知れませんが、実際どうなのでしょうか?

????????????????????????????????????
 

その疑問を解く藤本選手の答えが見つかりました。

前回のロンドンパラリンピックの代表選に漏れた時、藤本選手は柔道界から身を引くことも考えたそうです。

柔道というのは重負荷の練習をしたり減量のために過度な食事制限をしたりでとても辛い日々を送ることが当たり前なことなのだとか。

しかし藤本選手は自分にはそういった生活が合っているのだと敢えて厳しい日常に身を置くことを選びました。

昨年の2015年からはその強さにさらに磨きをかけようとブラジルの柔術道場にも通っています

 

なぜそこまで現役に執着するのかと思ったところに、藤本選手からこんな言葉がかえってきたそうです。

 

「後悔するのが怖い。」

 

藤本選手にしてみれば、今の厳しい日常から逃げ出すことよりも何年か経ったときに「あの時続けていれば」という後悔をすることへの恐怖心の方が強いというわけなんですね。

 

なので、今のところは藤本選手に現役引退の気持ちはさらさらないようです。

 

 

まとめ


今回のリオパラリンピック特集は柔道の藤本聰選手でしたがいかがだったでしょうか。

 

これまでのパラリンピックでもずっと好成績を残しているということで今回もメダルの獲得が非常に期待された選手ですし、みなさんも藤本選手には要注目ですよ。

 
 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-スポーツ