セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

山縣亮太リオ五輪陸上の出場種目と日程は?成績や自己ベストも

2016/08/12

桐生祥秀 冒頭
リオオリンピックで競泳や柔道と先行して出場している日本人選手たちが続々とメダルを獲得していってますね。

最終的には日本にいくつのメダルが持ち帰られるのでしょうか、すごく楽しみです。

スポンサードリンク



当ブログではそんなリオオリンピックに出場する日本人選手の情報をまとめた記事をリオ五輪特集と題して書いています。

今回の特集は陸上・短距離走の山縣亮太選手です。

山縣亮太2
 

山縣亮太選手のプロフィール経歴と言った基本的な情報はもちろん、リオオリンピックでの出場種目出場日程・時間といったものも書いていきますので、みなさんお楽しみに!

 

 

プロフィール


山縣亮太1

名前:山縣亮太(やまがた りょうた)
生年月日:1992年6月10日
年齢:24歳
出身地:広島県広島市西区
身長:177cm
体重:70kg
中学:修道中学校
高校:修道高等学校
大学:慶應義塾大学
所属:セイコーホールディングス
種目:短距離走


 

 

経歴


山縣亮太選手は小学生のときは野球をやっていたそうですが、陸上をやっていたお兄さんの影響もあり4年生から本格的に陸上の道を歩み始め、5年生から陸上に専念するようになったそうです。

この年にはいきなり100mで全国大会に出場し、いきなり8位に入賞したそうですね。

 

中学は中・高一貫校の修道中学に進学。3年生時には100mと400mリレーで全日中に出場しました。

 

中学を卒業し、そのまま修道高へ進学。広島県高校総体3連覇や、3年生時の日本ジュニア選手権で二冠、中国高校総体四冠を達成するなど、日本陸上界に本格的に頭角を現し始めてきました。

 

大学は自由にできる陸上環境を求めて慶應義塾大学を選択。2年生時に100m走と400mリレーでロンドンオリンピックに選出されました。

100mでは準決勝6位、400mリレーでは決勝まで進み4位に入賞しました。

 

大学卒業後はセイコーホールディングスに入社。同社には当時陸上競技部はなかったが、その頃からアスリート支援に乗り出したため、その時にちょうど陸上競技部ができました。山縣選手はそこの第1号選手になったそうです。

2016年に行われた第100回日本選手権に出場。決勝で2位になり、ケンブリッジ飛鳥選手と桐生祥秀選手とともにリオオリンピックに選出されました。

 

 

自己ベスト


山縣亮太選手の自己ベストタイムです。

 
・100m 10秒06 (日本歴代5位)

・200m 20秒41 (日本歴代11位)


スポンサードリンク



リオ五輪での出場種目と日程


こちらではリオオリンピックでの山縣亮太選手の出場種目と日程を一覧にしてまとめています。

 

【男子100m】

[予備予選]
8月13日(土) 夜 21:30頃~

 

[第1ラウンド]
8月14日(日) 夜 0:00頃~

 

[準決勝]
8月15日(月) 朝 9:00頃~

 

[決勝]
8月15日(月) 朝 10:25頃~

 

【男子4×100mリレー】

[予選]
8月18日(木) 夜 23:40頃~

 

[決勝]
8月20日(土) 朝 10:35頃~

 

※時間はすべて日本時間です。


 

 

彼女は?


山縣亮太選手は非常に爽やかなイケメンさんですよね。

山縣亮太4
 

 

八重歯が覗く笑顔も素敵。

山縣亮太3
 

こんなにイケメンでスポーツもできナチュラルなマッスル体型で、おまけに慶應卒。これは確実に彼女いるでしょ。

ということでネットでの情報や山縣選手のTwitterを調査してみました。

 

 

が、やはりそんなに簡単には情報は見つかりませんでした。

噂によるとリオオリンピックが終わるまで禁欲生活をしているそうですよ。もしかしたらオリンピック終了後にいきなり結婚報告!なんてこともあるかもしれませんね。

 

 

まとめ


今回のリオ五輪特集は陸上・短距離の山縣亮太選手でしたがいかがだったでしょうか。

 

今回のリオオリンピック短距離ではケンブリッジ飛鳥選手、桐生祥秀選手など、ホントにすごい選手ばかりで、日本人短距離界の悲願でもあるオリンピックメダル獲得、9秒台も現実的な話しになっているので、その期待もかなり大きいものとなっています。

 

そんな山縣亮太選手の活躍を祈りつつ、みんなで力を合わせて応援していきましょうね。

 

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

-スポーツ