セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

萩野公介のリオ五輪出場日程は?競泳での予選と決勝の順位を予想

2016/08/12

萩野公介 冒頭
4年に一度の祭典、リオデジャネイロオリンピックも開催まであと2日と目前に迫っています。

毎回いろんなドラマが生み出されるこの大会、今回はどんなドラマが待ち受けているのか?

スポンサードリンク



当ブログではそんなリオオリンピックに向けて、出場する選手のことを少しでも知ってもらおうという意味で、リオ五輪出場選手特集というものを企画しています。

そして今回の記事もリオ五輪出場選手特集になります。

 

今回特集する選手は競泳の萩野公介選手です。

萩野公介2
 

萩野公介選手は日本の競泳界ではかなり有名な選手なので、ご存知の方も多いと思います。

なので、今回の萩野選手特集では、萩野選手の人物などははもちろんですが、みなさんが気になっているであろうリオオリンピックでの出場種目出場日程を書いていきたいと思います。

さらに、萩野選手のメダル獲得の可能性予選・決勝の順位予想なども考察していきますね。

 

 

プロフィール


萩野公介1

名前:萩野公介(はぎの こうすけ)
生年月日:1994年8月15日
年齢:21歳
出身地:栃木県小山市
身長:177cm
体重:71kg
高校:作新学院高等学校
大学:東洋大学
泳法:個人メドレー 背泳ぎ 自由形


 

萩野公介選手は現在の日本の競泳界のエースとして君臨しています。

その要因はやはり前回のロンドン五輪での活躍でしょう。4年前は高校生だった萩野選手は400m個人メドレーに出場、銅メダルを獲得しましたね。

 

それからの萩野選手は人気がすごくて、地元では常にスーパースター扱い。タレントでもないのにFM栃木にて『萩野公介 JUST DO IT!』という自身のラジオ番組も持っています

 

 

リオ五輪出場種目・日程


こちらではリオオリンピックでの萩野公介選手の出場種目を紹介します。

 

・400m個人メドレー

・200m個人自由形

・200m個人メドレー

・4×200mフリーリレー


 

合計4種目に出場。

特に400m個人メドレーでは、前回のロンドン五輪で銅メダルに輝いたことから、非常にメダルへの期待が持たれています。

 

 

出場日程


こちらでは萩野選手の出場する日や時間を紹介します。

 

【400m個人メドレー】

[予選]
8月7日(日) 深夜 1:02頃

[決勝]
8月7日(日) 朝 10:03頃

 

【200m個人自由形】

[予選]
8月8日(月) 深夜 1:19頃

[準決勝]
8月8日(月) 朝 10:11頃

[決勝]
8月9日(火) 朝 10:21頃

 

【4×200mフリーリレー】

[予選]
8月10日(水) 深夜 2:17頃

[決勝]
8月10日(水) 朝 11:38頃

 

【200m個人メドレー】

[予選]
8月11日(木) 深夜 2:09頃

[準決勝]
8月11日(木) 朝 11:29頃

[決勝]
8月12日(金) 朝 11:01頃


 

日にち、時間はすべて日本時間です。時間は飽くまでも目安なので早まったり遅れたりすることがあるかもしれません。

 

ブラジルと日本は約12時間の時差がありますので、日本時間では予選は深夜、決勝は就業中みたいな時間が多いので観戦はしにくくなると思われますね。

スポンサードリンク



自己ベスト


こちらは萩野公介選手の自己ベストタイムになります。

 
100m自由形:48秒75(2014年9月5日)
200m自由形:1分45秒23(2014年9月21日)日本記録
400m自由形:3分43秒90(2014年4月12日)日本記録
1500m自由形:15分05秒35(2015年5月22日)
100m背泳ぎ:52秒78(2014年9月6日)
200m背泳ぎ:1分54秒23(2014年4月13日)
100mバタフライ:52秒11(2014年6月22日)
200mバタフライ:1分56秒57(2014年6月21日)
200m個人メドレー:1分55秒07(2016年4月9日)日本記録
400m個人メドレー:4分07秒61(2013年4月11日)日本記録


 

赤文字は今回のリオ五輪出場種目です。

 

 

メダルの可能性


萩野選手のメダルの可能性ですが、ひとつずつ考察していきましょう。

 

まず、前回のロンドン五輪で銅メダルに輝いた『400m個人メドレー』ですね。こちらは注目の種目でもあり萩野選手のメダル獲得が非常に期待されています。

ライバルは同じ日本人の瀬戸大也選手ですね

萩野公介 瀬戸大也
自己ベストでは瀬戸選手よりも1秒速いタイムを持っていますが油断は禁物です。どうせなら決勝で日本人対決が観たいですね。

順位予想は予選・決勝ともにズバリ1位!

これは金メダルを獲ってほしいという強い願いも含まれています。

 

 

次に『200m自由形』。ライバルになりそうなのは前回のロンドン五輪で金メダルに輝いたフランスのヤニク・アニエル選手

萩野公介 ヤニク
それと韓国の朴泰桓選手中国の孫楊選手ですね。朴選手と孫選手のふたりはロンドン五輪で同着、銀メダルを分け合っている実力者なんですね。

 

 

そして『200m個人メドレー』こちらでのライバルは前回のロンドン五輪で金メダルを獲得しているアメリカのマイケル・フェルプス選手ですね

萩野公介 フェルプス
萩野選手の憧れであり目標の選手でもあります。

そんな目標にしている選手をオリンピックという大舞台で破ることがあれば、めちゃくちゃドラマティックですよね。この種目は是非とも注目しましょう。

順位予想は予選は1位、そして決勝では3位を予想します。でも1位になってほしい!

 

 

最後に国別の団体戦である『4×200mフリーリレー』ですね。

ライバルはやはり超強豪国のアメリカ!アメリカには先ほど挙げたマイケル・フェルプス選手の他に、ロンドン五輪でいくつもの金メダルを獲得したライアン・ロクテ選手など、競泳界のスター選手が勢揃いしています。

萩野公介 ライアンロクテ
傍から見ると、もはやライバルではなく大人と子供のような関係に見えますね。

しかし、日本チームも黄金世代と呼ばれている、すごい選手を並べていますから勝負の行方はまったくわかりませんよ。

萩野選手自身も今回はアメリカに勝ってみせると心強い言葉で日本中を驚かせてくれましたから、これは本当に期待がもてます。

順位予想は予選は2位、決勝ではフランスや中国と3位争いを演じてくれそうですね

 

 

まとめ


今回の記事は競泳の萩野公介選手の特集でしたがいかがだったでしょうか。

 

4種目に出場されるので萩野選手のスケジュールはかなり過密になっていますが、ケガや体調にだけは気を付けてほしいところですね。

そして、願わくばひとつでも多くメダルを獲得していただいて日本中を驚かせていただきたいです。

そのためには日本からの応援も必要になるでしょうから、僕たちも萩野選手の活躍を祈って精いっぱい応援していきましょうね。

 

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうごいました。

スポンサードリンク

-スポーツ