セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

高藤直寿はどんな選手?柔道の決め技や段位と中学高校の実績も

2016/08/12

高藤直寿 冒頭
リオオリンピックもとうとう開催まで1週間と迫ってきました。

今回のオリンピックで日本代表の選手たちは一体いくつのメダルを獲得できるのでしょうか。非常に楽しみですね。

スポンサードリンク



当ブログではリオオリンピックの期間中に、みなさんがより楽しく、そしてより応援しやすいように、日本代表の選手たちを紹介していく特集を組んでいこうと思っています。

日本代表を応援したいけどこの選手ってどんな選手なの?とかこの選手はどうやって応援すればいいの?とか。わからないことがあれば、当ブログのリオオリンピック特集を読んでみてください。

 

それでは今回もリオオリンピック出場選手を紹介させていただきます。

今回は柔道60キロ級に出場する高藤直寿選手です。高藤直寿選手のプロフィール得意技過去の成績試合中のスタイルなどを書いていきます。

 

 

プロフィール


高藤直寿1

名前:高藤直寿(たかとう なおひさ)
生年月日:1993年5月30日
年齢:23歳
出身地:栃木県下野市
血液型:AB型
身長:160cm
体重:60kg
中学:東海大相模中学
高校:東海大相模高校
大学:東海大学
段位:四段
組み手:左組み


 

高藤選手が柔道をはじめたのは7歳(小学1年)の時だそうで、そのきっかけは警察官である父親の影響からという噂があります。

小学校3年生から野木町柔道クラブに所属5年生時に新設された、全国小学生学年別柔道大会に出場し、40kg級の初代チャンピオンに輝きました

 

そして中学は東海大相模中学へ、中学時にも全国大会で優勝していますね。

高校は東海大相模高校インターハイやグランドスラム・東京といった大きな大会でも優勝し、その実力を発揮しています。

そして大学は東海大学に進学。もちろん1年生の頃から注目され、そして結果を残してきました。現在は4年生で、今年念願だったオリンピックの出場権を獲得しました。

 

 

成績


これまでの主な成績は以下の通りです。

 

【小学生時】
2004年 全国小学生学年別柔道大会 優勝
2005年 全国小学生学年別柔道大会 優勝


 
【中学生時】
2008年 全国中学校柔道大会 優勝
2009年 ドイツカデ国際 優勝
2009年 世界カデ 優勝


 
【高校生時】
2010年 全国高等学校柔道選手権大会 優勝
2010年 インターハイ 優勝
2010年 全日本ジュニア 2位
2010年 プロヴァンスジュニア国際 優勝
2011年 インターハイ 優勝
2011年 全日本ジュニア 優勝
2011年 世界ジュニア 優勝
2011年 講道館杯 2位
2011年 グランドスラム・東京 3位
2011年 グランプリ・青島 2位
2012年 ワールドカップ・オーバーヴァルト 7位
2012年 グランプリ・デュッセルドルフ 5位
2012年 グランドスラム・モスクワ 優勝
2012年 ワールドカップ・タシュケント 優勝
2012年 体重別団体 優勝
2012年 講道館杯 3位
2012年 グランドスラム・東京 優勝
2013年 グランドスラム・パリ 優勝


 
【大学生時】
2013年 体重別 3位
2013年 ワールドマスターズ 優勝
2013年 世界選手権 優勝
2013年 体重別団体 2位
2013年 グランドスラム・東京 優勝
2014年 選抜体重別 優勝
2014年 グランプリ・ブダペスト 優勝
2014年 世界選手権 3位
2014年 体重別団体 優勝
2015年 ワールドマスターズ 優勝
2015年 グランドスラム・パリ 優勝
2015年 体重別団体 優勝
2015年 グランドスラム・東京 優勝
2016年 選抜体重別 3位


 

これだけ見てもすごい成績ですよね。ほとんどの大会で優勝を経験しており、それ以外でも軒並み3位以内には入賞されていますからね。

高藤選手の実力は本物と言わざるをえないんじゃないでしょうか。

 

 

どんな選手?得意技は?


高藤直寿選手は一体どんな選手なのか?どんな得意技や決め技を持っているのか?それらも調査してきました。

 

まず、高藤選手の試合中の動きやスタイルですが、彼は非常に奇想天外独創的な柔道をするそうです。

日本人の柔道というのは基本に忠実でしっかりと組み合い、受けて立つ姿勢を伝統としてきました。が、高藤選手はトリッキーな動きや技を得意とし、対戦相手を翻弄するスタイルを主に取り入れています。

 

高藤選手の得意技は『肩車』という、相手を身体ごと担ぎ上げて一本を取る技です。

高藤直寿 肩車
 

しかし、最近になって柔道のルールが相手選手の下半身への攻撃は禁止というものに変わり、この『肩車』が事実上使えなくなったそうです。

スポンサードリンク



ところが高藤選手は相手の下半身に触れずに肩車を決めてしまう技を開発。この技は開発者の高藤”直”寿からとって、その名も『直車(なおぐるま)』。高藤選手の得意技は『肩車』から、このトリッキーな『直車』になりました。

【直車(なおぐるま)】
高藤直寿 直車
 

そもそも、なぜ高藤選手がこんなトリッキーで独創的なスタイルを取り入れるようになったかと言うと、はじめは日本の伝統である組み合いをしっかりしてきたのですが、高藤選手を恐れて、きちんと組んで来ない相手選手への対抗策として、掬い投げや朽木倒、肩車などを使い始めて得意技にしていきました。その結果、見た目が斬新でトリッキーな動きになっていったそうです。

なので、高藤選手は変則的な動きしかできないわけではなく、基本もしっかりとできる選手なんですね。

 

今回のルール改訂を受けて、高藤選手は自分の得意技にさらに磨きをかけていて、その結果『高藤スペシャル』なる技が開発されたそうです。

『高藤スペシャル』がどんな技なのかと言うと、特に決まった型はないそうです。

というのも高藤選手曰く、この技は相手選手の動きに合わせて、いかに背中を床につけるかという技なので、その時その時で動きは変わるとのことです。

 

これも、試合中の瞬時の判断や動きの切り替えができる高藤選手ならではの技なんですね。

 

 

金メダル確実!?


元柔道日本代表の篠原信一さんも高藤選手を強く推しており、『金メダル確実』と自信満々に太鼓判を押しています。

 

篠原選手が言うには、オリンピック3連覇という偉業を成し遂げた野村忠弘選手にも劣らない野村選手が強い選手なら、高藤選手は上手い選手だと力説されていましたよ。

 

これは、高藤選手のリオオリンピックでの金メダル獲得の期待が一気に高まりましたね。『金メダルが獲れる!』ではなく『金メダル確実!』ですからね。

 

 

エピソード


真面目で努力家な高藤選手ですが、以前に一度、全柔連から罰則としてペナルティーを科されたことがあるそうです。

その原因は高藤選手の遅刻を繰り返すなどの規律違反だとされています。

 

この罰則は、高藤選手の監督である元日本代表の井上康生さんが提案するとともに、自らの指導力不足も指摘し、責任を取り丸刈りにしたそうです。

これに対して高藤選手も「井上監督の熱い思いに応えないといけない。いきなり生真面目にはなれないけど、根本的に改めていく」として丸刈りにしました。

 

この時期はもしかしたら、高藤選手も自身の強さに少し天狗になっていたのかも知れませんね。

しかし、師弟愛というか、代わりに熱い良い話しも聞けて良かったですよね。

 

 

高藤選手は自身でも言っているのですが、顔がナインティナインの岡村隆史さんに顔が似ていると、よく話題になっています。

高藤直寿 岡村隆史高藤直寿2  

たしかに、言われてみればちょっと似てますね。

 

個人的には、歌手の徳永英明さんの若いころに似ているかなとも思いました。

高藤直寿 徳永英明
 

 

家族


高藤選手は2014年に結婚済みで、お子さんもいらっしゃるそうです。

 

奥さんは4歳年上の牧志津香さんという方で、元柔道選手ですね。57kg級の強化指定選手だったそうです。

高藤直寿 牧志津香
結婚した年の10月には第一子となる息子さんもできたそうで、ご家族のためにこれまでよりもさらにしっかりしていかないといけませんね。

 

オリンピックには奥様、息子さんともに観戦に行く予定でしたが、リオデジャネイロの治安を考え、奥様だけが観戦に行くということになったそうです。

高藤選手は自身の雄姿を息子さんにも観てもらいたかったでしょうが、残念ですが仕方ありませんね。

 

 

まとめ


今回は柔道日本代表・60kg級の高藤直寿選手の特集でしたがいかがだったでしょうか。

 

『金メダル確実』との評価も高い高藤選手ですから、本番当日も非常に楽しみで期待できますね。

そんな高藤選手がさらにがんばれるようにみんなでしっかり応援していきましょうね。

 

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

-スポーツ