セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

坂井聖人の競泳での最高記録や高校での成績は?リオ五輪でメダルを!

2016/08/12

坂井聖人 冒頭
とうとうリオデジャネイロオリンピックも1週間後に迫りましたね。4年に一度の人間ドラマ、ホントにドキドキワクワクしてきます。

 

今回のリオオリンピックでは一体どんなドラマが待ち受けているのか。日本を代表して戦ってくれる選手団をみなさんで応援していきましょうね。

スポンサードリンク



ただ、応援する選手のことをよく知らないという方もたくさんいらっしゃると思うので、選手のことを全然知らないというよりはその選手をある程度知ってからの方がより応援しやすいと思います。

 

そこで当ブログで、リオオリンピックに出場する日本代表の選手たちの特集を組みたいと思いますよ。

この特集で、選手のことを少し紹介していくので、これを見て選手のことを知った上で精いっぱいの応援をしていきましょう。

 

今回は水泳の坂井聖人選手の特集です。

坂井聖人選手のプロフィールや水泳での成績などを紹介していきますので、お楽しみに!

 

 

プロフィール


坂井聖人1

名前:坂井聖人(さかい まさと)
生年月日:1995年6月6日
年齢:21歳
出身地:福岡県
身長:182cm
体重:75kg
高校:柳川高校
大学:早稲田大学
泳法:バタフライ

 

坂井聖人選手と競泳との出会いは小学生の頃だったそうです。お兄さんがやっていたのを見てそれに影響されたとか。

競技に出場するようになってから主に個人メドレーの選手として活動していたそうなのですが、小学6年生の時に、当時のコーチのススメでバタフライ専門の選手に転向されたようですよ。

 

一応水泳一筋の坂井選手ですが、バスケの選手にも憧れていたとか。182cmと長身の坂井選手ですから、バスケットボールでも活躍したのは間違いないでしょう。

バスケで活躍する坂井選手も観てみたかったですね。

 

 

成績


坂井選手は中学生の頃から同世代選手の中ではずば抜けた成績を収めていたみたいですね。3年生時にはバタフライで全国大会優勝を成し遂げたそうです

 

そして柳川高校時代の成績を調べてみたのですが、中学時代よりもさらにすごいことになっていました。

 
【高校1年時】

インターハイ:100m 優勝 200m 2位

ジュニアオリンピック:100m 5位 200m 4位

国体:100m 2位

アジア選手権:50m 優勝 100m 2位 200m 優勝


 

【高校2年時】

インターハイ:100m 3位 200m 2位

ジュニアオリンピック:100m 2位 200m 優勝

国体:100m 2位

アジア選手権:50m 5位 200m 2位


 

【高校3年時】

日本選手権:200m 6位

ジャパンオープン:200m 6位

インターハイ:100m 3位 200m 優勝

世界ジュニア:100m 6位 200m 2位

国体:200m 優勝


スポンサードリンク



すごい成績ですよね。ほぼ3位以内に入賞しています。この成績ならリオ五輪でも充分メダル獲得の期待をもてるんではないでしょうか。

 

 

リオ五輪でメダルの可能性は?


やはりここが気になりますよね。坂井聖人選手はリオオリンピックでメダルを獲れるのか金メダルの可能性はどれくらいあるのか

坂井聖人2
ちょっと予想してみようと思うのですが、その指標となるのはやはりタイムですよね。

坂井聖人選手のオリンピックでの出場種目である200mバタフライ。この200mバタフライでの坂井選手の自己ベストタイムは1分52秒20です。これはどれぐらいのタイムなのか?

4年前のロンドンオリンピックでの金メダル獲得選手のタイムが1分52秒96です。

なんと坂井選手はロンドン五輪の金メダリストよりも速いタイムを叩き出しているのです。ということで、坂井選手は金メダリストの資格充分だと言えます。

 

まあもちろんこんなことは本番になってみないとわかることではありませんが、充分に可能性があるとわかっただけでも応援にも力が入るというものじゃないですか。

 

 

イケメン


坂井聖人選手は甘いマスクでなかなかのイケメンさんですよね。

 

坂井聖人4
 

見ようによっては女性にも見えなくもない中性的な顔立ちで、そのガッチリとした体格とは対照的ですね。

 

坂井聖人3
 

少し調べたところ、彼女の情報は出てきませんでしたが、これだけイケメンでしかもスポーツ万能でスタイルも良いとなると周りの女性はほっとかないでしょう。

大学内ではファンクラブ的なものがあるかも知れません。

 

 

まとめ


今回は競泳200mバタフライに出場する坂井聖人選手の特集をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

コンディションやその時の状況次第では本当にメダルの可能性も期待できますので、坂井選手のメダル獲得のためにも日本中のみんなで力を合わせて応援していきましょうね。

 

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

-スポーツ