セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

サイレントトリートメント(野球)の意味は?由来や最初の始まりも


 

最近サイレントトリートメントという言葉が日本野球界で流行り始めましたよね。

サイレントトリートメントとはホームランを打ってベンチに帰ってきた選手を何事も無かったかのように静かに出迎える儀式のことを言うんだそうです。

 

静かに出迎えると言っても何も無視をしていじめているわけではなく、アメリカ人らしい一種のサプライズ企画というわけです。

特に新人選手に対して歓迎の意味を込めてチームメイトたちが驚かせようとして実施するそうです。

 

スポンサードリンク


 

最近ではエンゼルスの大谷選手がメジャー初のホームランを打った時にサイレントトリートメントが実施されました。


 

大谷選手もサイレントトリートメントのことを知らなかったんでしょうね、「?」みたいな反応がかわいかったです(笑)

 

 

サイレントトリートメントの名前の由来とは?

 

サイレントトリートメントの意味はわかったけど、まるでリンスみたいなあの呼び名の由来はなんなんでしょうね?

 

ちょっと調べてみたところサイレントトリートメントを和訳すると、

 

サイレント=無言の

トリートメント=待遇

 

となり、サイレントトリートメント=”無言の待遇”ということになるらしいです。

 

へ~、トリートメントって髪をサラサラにするって言う意味じゃなかったんですね~(笑)

 

スポンサードリンク


サイレントトリートメントの発祥は?

 

サイレントトリートメントっていつからどのチームがやりはじめたのか?ということでその発祥についても調べてみました。

 

が!申し訳ございません!全く情報が出てきませんでした。

 

メジャーでは結構伝統的で当たり前の儀式なんだそうですが、

日本では昨年に大谷選手が受けて以来、すぐに広まりを見せたことからそんなに昔にできたことではないのかもしれないと予想しています。

 

ちなみにイチロー選手の初ホームランの動画を見てみるとサイレントトリートメントはされていませんでした。

日本人選手で一番初めにサイレントトリートメントを受けたのはロサンゼルス・ドジャースに所属する前田健太選手だそうです。それが2016年だったみたいですね。


 

全くの個人的な予想ですが、2010年前後くらいにどこかのチームがやり始めたんじゃないでしょうかね~。

 

 

スポンサードリンク

記事下関連コンテンツユニット

-スポーツ