セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

永野将司(ロッテ)の広場恐怖症の症状とは?今後の登板はどうなる?


 

こんにちは!

ネットニュースを見ているとロッテの永野将司投手が広場恐怖症を患っていることを公表したと知りました。

 

永野将司投手と言えば去年ドラフト6位でロッテに入団した今年2年目になる投手です。

これからってところで野球選手としてはかなり重大な病気を持っているということですが、広場恐怖症とは一体どういう病気なんでしょうか?

そして永野将司投手の今後の登板などはどうなっていくのでしょうか?

少し調べてみました。

 

スポンサードリンク


広場恐怖症とは?



 

まず永野将司投手が患っている広場恐怖症とは一体どういう病気なんでしょうか?

これはいわゆるパニック障害というものの1種だということです。パニック障害と一言で言ってもいくつも種類があって

永野将司投手の広場恐怖症は主に電車や飛行機などに乗っているときに恐怖や不安と言ったものが襲ってくるそうです。

広場という言葉ついているので開けた広い場所がダメなのかと思いきや、高速で走っている閉鎖された空間で発症するそうなんですね。

 

永野将司投手はそんな心の病気からキャンプにも参加できなかったりしているみたいですね。

ということは今後は遠征ができなかったりということもあるかもしれませんので、野球生活にかなり支障を来しそうですよね。

 

広場恐怖症を含めて心の病気というものはなかなか完治するものではないそうなので、上手く付き合っていける方法を見つけ出す必要がありそうです。

 

スポンサードリンク


永野将司投手の今後の登板は?



 

永野投手は3月12日のZOZOマリンでのヤクルト戦に8回から登板し、1被安打無失点1奪三振という快投を見せてくれています。

1軍でのチャンスもものにし今後の活躍も大いに期待されていますが、やはり広場恐怖症の発症が懸念材料でもありますよね。

永野将司投手の今後のシーズン中の登板予定はまだわかりませんが一体どうなるのでしょうか?

 

ホームでのZOZOマリンでの試合だけ登板するとか上手く病気と付き合っていける方法を見つけ出せればなと思いますね。

 

 

それでは今回はここまでになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

記事下関連コンテンツユニット

-スポーツ