セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

上田里美(元八幡東病院勤務)看護師はなぜ有罪に?訴訟の理由も


 

みなさんこんにちは!

 

今から約11年前、とある病院で入院中の患者の爪をはいで虐待をしていると疑われた看護師がいたことをご存知でしょうか?

 

その看護師の名前は上田里美さんというそうなんですが、先に事件の顛末を言ってしまうと、この事件は一度は有罪になったものの、

爪を剥いでいたのは患者の爪をケアしていたという正当な理由があり、今は無罪になっているというものでした。

 

患者さん、特に高齢者の方は爪が分厚くなったり変形したりして激痛が伴ったり、どこかに引っ掛けたりして図らずも爪を剥いでしまうことがあるそうなんです。

 

そんなことが起こらないように上田さんは敢えて事前に爪を剥いで患者さんが苦しまないように爪のケアをしていたということなんですね。

 

スポンサードリンク


 

しかしこの事件、容疑者だった上田里美さんにそれだけの正当な理由があるにも関わらず、なぜ一度は有罪になってしまったんでしょうか?

というよりもそもそもなぜ訴えられることになってしまったのか?高齢者の爪はケアしないといけないということは上田さんだけが知っていることでは無いと思うし、不思議に思いませんか?

 

なぜこんなことになってしまったのか?少し考えてみました。

 

 

 そもそもなぜ訴えられた?



 

上田里美看護師が患者さんの爪を剥いでいたのは、そのままにしておくと患者を苦しませてしまうからという理由からでした。

 

それを徹底的に調べ上げた弁護士さんの力添えもあり、今のところは冤罪という最悪の状況は避けられています。

 

しかしそれだけ正しいことをしている上田里美さんが訴えられた理由とは一体何なのでしょうか?

 

素人考えですが、上田さんの行為が本当に正しいものだったとしたら、その病院の院長さんや看護師仲間から擁護の言葉があってもよさそうなものですよね。

それに患者さんが爪のケアをしてもらったんだから、これは虐待じゃないんだよと証言してもよさそうなものですよね。

 

なぜこんなことになってしまったのか?

 

個人的な予想なんですが、上田里美看護師以外の同僚仲間にはそれだけの知識を持った人がいなかったんじゃないかと思います。

だから上田里美看護師のやっている真の意図も誰もわからずに、証言できなかったのかなと思います。

 

だけどそれだけの気遣いができたり、知識がある看護師さんなんだったら普段からすごく信頼されているんじゃなかとも思うんですよね。

そんな同僚から信頼されている上田里美看護師を誰も擁護しなかったのも不思議に思うんですよね。

 

スポンサードリンク


 なぜ一度は有罪になったのか?

 

なぜ訴えられたのか?これは個人的には当の上田里美看護師以外の知識が無さ過ぎたのかなと予想しました。

 

しかしそれ以上になぜ一度裁判で上田里美看護師は有罪になってしまったのか?

 

仮に僕の仮説が正しかったとしても、日本中の看護師さんの中で上田里美看護師だけがその知識があるとはどうしても思えないんですよね。

高齢者の爪をケアしなければいけないなんて、昔からわかっていることでしょうし。

 

それを司法が上田里美看護師の行動の正否を見抜けなかったというのがすごく不思議でなりません。

 

実際、上田里美看護師の弁護士さんが調べ上げた結果、上田里美看護師の行為は正しかったということはすぐに判明したわけですから。

 

そこをわからずに人の人生を左右するということ、増してや調べもせずに有罪にしてしまうというのはどう考えても許されないことです。

 

こちらの理由は調べても全くわかりませんでしたが、正当な知識をもって正当な行為をしているにも関わらず有罪判決を受けてしまう。

それによってある日突然人生が悪い方向に傾いてしまうというのはとても怖いことですよね。

 

 

 まとめ

 

今回の記事では北九州市の八幡東病院で起こった爪ケア事件について書いてみましたがいかがでしたでしょうか。

 

少し調べたところによると、この事件についてはまだまだ完全に終息したわけではなく、逆退任手の取り消しなどの争いはまだ続いているようです。

早く良い方向に向かっていけばいいですね。

 

 

それでは今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

スポンサードリンク

記事下関連コンテンツユニット

-話題