セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

ワールドカップ3大会連続得点アシストは誰?4大会連続はいる?


 

みなさんこんにちは!

 

サッカーワールドカップの日本対セネガル戦見ましたか!?セネガルは個人個人の選手の身体能力はエグいですが、試合自体は日本が圧倒していて良い試合をしていたなと思います。

 

日本を救ったのは後半に香川選手と交代で出場した本田圭佑選手。ごっつぁんゴールのような感じもしますがきっちり決める辺りはさすがのメンタルだなと。


 

今大会はこれまでの大会と違ってリザーブからのスタートですが、セネガル戦のゴールにコロンビア戦でのアシストと、

決めるところは決める、そういう場面に遭遇するというのもやっぱり「持っているな~」と思わされます。

>セネガル戦をもう一度見たい!見逃した!という方はコチラ記事もをどうぞ!

 

さて!そんな本田圭佑選手ですが、コロンビア戦のアシストにセネガル戦でのゴール。これらを決めたことによって、

ワールドカップ史上6人目の3大会連続得点&アシストを決めた選手としてその名を刻んだそうなんです。

 

スポンサードリンク


これってものすごいことですよね。

 

ワールドカップで1点でもゴールを決めること自体がまずすごいですし、さらにアシストをすることももちろんすごいことです。

もっと言うとワールドカップに3大会連続で出場していることもすごいことなんですよね。

 

自国が3大会連続でワールドカップに出場するとは限らないし、自国が出場できたとしても代表に選出されない可能性だって全然あるわけですからね。

実際今大会では本田選手は代表に選出されないかもということも言われていましたし。

 

この記録はそれほど難しいということなんですね。っていうか大会史上たった6人しか成し遂げていないわけですから、この数字だけでもこの偉業がどれだけすごいことかわかります。

本当に本田選手はワールドカップに強いですよね。

 

 

本田以外の5選手は誰?

 

本田選手が大会史上6人目の記録者だと言われて、僕はすぐに「あとの5人は誰だ!?」と気になってしまいました。

ということで調べてみたのでみなさんにもシェアしたいと思います。

 

 

【アリエン・ロッベン】FW

オランダ:06(ドイツ)、10(アフリカ)、14(ブラジル)


 

今大会は出場していませんが、ロッベン選手と言えばサッカーファンなら誰もが知っている快速ドリブラーですよね。

得点力もパスも世界レベルのロッベン選手ならこの偉業も納得です。

 

 

【デイヴィッド・ベッカム】MF

イングランド:98(フランス)、02(日韓)、06(ドイツ)


 

日韓大会で日本で大ブレイクしたベッカムさんもこの偉業に名を刻んだ選手のひとりです。

ベッカムさんがすごいのは、FWではないのにこの記録を残していること。もちろんセットプレーからの得点が多いですが、それだけセットプレー時にはきっちり決めているということですよね。

 

スポンサードリンク


 

【アサモア・ギャン】FW

ガーナ:06(ドイツ)、10(アフリカ)、14(ブラジル)


 

ギャン選手は前回のブラジル大会で大活躍をし日本でも名が知られたと思うのですが、その前からゴールもアシストも決める大車輪の活躍をしていたんですよね。

ギャン選手は現在32歳とまだお若く、もし出身国のガーナが出場していれば4大会連続ゴール&アシストも記録していた可能性も充分にありました。惜しい!

 

 

【グジェゴシ・ラトー】FW

ポーランド:74(西ドイツ)、78(アルゼンチン)、82(スペイン)


 

現在ラトーさん55歳ということでサッカー指導者として活躍されているそうなんですが、

選手時代はギャン選手やロッベン選手のように快速ドリブラーとして対戦チームから非常に恐れられた選手でした。

 

 

【ルディ・フェラー】FW

ドイツ:86(メキシコ)、90(イタリア)、94(アメリカ)


 

ドイツの伝説的な選手です。決して恵まれた体格とは言えない選手でしたが、ゴール前での嗅覚に優れていて確実に決定的な仕事をするという選手でした。

今でいうとウルグアイ代表のスアレス選手とかドイツ代表のミュラー選手のようなタイプですね。歴代のドイツ代表選手の中でも5指に入る点取り屋の選手でした。

 

 

いかがでしょうか?やはりすごい選手ばかりですよね。

この中に名前が並べられる本田選手はやっぱりすごいんだなと、そして改めてワールドカップに強い選手なんだなと感じました。

 

そしてもうひとつ思ったことは、この記録にはメッシ選手、クリスティアーノ・ロナウド選手、ブラジルの方のロナウドさん、マラドーナさん、トッティさん、ジダンさんと、ロマーリオさん、ロベルト・バッジョさんと、

あれだけすごかった選手たちすら成し遂げていない偉業ということも言えると思います。こういう逆説的な言い方でもこの偉業が如何にすごいかということがわかりますね。

 

 

4大会連続得点&アシスト記録者はいる?

 

調べてみたのですが、4大会連続得点&アシストの記録者は見つかりませんでした。というより4大会連続得点を記録している選手ですらたったの4人しかいないんです。

3大会連続得点&アシスト記録者よりも4大会連続得点者の方が少ないんですね~。これを聞いてもやっぱりワールドカップに出場できることが如何にすごいかわかるような気がしますよね。

 

ちなみに4大会連続得点者はペレ(ブラジル)、ゼーラー(ドイツ)、クローゼ(ドイツ)、クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)だそうです。

 

こんなところに顔を出してくるクリロナはやっぱりさすがですね(笑)

それからワールドカップに関する話題ではやっぱりドイツ代表の選手は必ず出てきますね。

 

>セネガル戦をもう一度見たい!見逃した!という方はコチラ記事もをどうぞ!

 

それでは今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

スポンサードリンク

記事下関連コンテンツユニット

-スポーツ