セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

ワールドカップ2018は大番狂わせが多い理由はなぜ?


 

みなさんこんにちは!

 

2018年のサッカーワールドカップもすごい盛り上がっていますね。

日本では初戦でコロンビアに勝ったということで視聴率も40%超えとすごいことになっています。

 

この日本の勝利は長いワールドカップの歴史の中で初めてアジア勢が南米勢に勝利したという快挙になりました。

正に大番狂わせですよね!

>日本対コロンビア戦の見逃し動画はコチラ!

 

そして今大会は日本がコロンビアに勝利したように、他の対戦でも非常に番狂わせが多いです。

 

スポンサードリンク


まずアイスランド対アルゼンチンの引き分けがそうですよね。それからブラジル対スイスの引き分けもそう。

そして優勝候補の一国であるドイツがメキシコに敗れるというのもそうですよね。そしてつい先ほど行われたアルゼンチン対クロアチアの試合でのアルゼンチンの大敗ですよ。

>メッシはクロアチア戦で熱があった!?

 

どうして今大会はこんなにも番狂わせの試合が多いのか?ちょっと僕なりに考えてみました。

 

 

ワールドカップロシア大会は番狂わせが多いのはなぜ?



 

ロシアワールドカップではなぜ番狂わせが多いのか?その理由をネットなどで調べてみましたが、今のところはまだその理由を明確に伝えてくれている記事などはありませんでした。

 

しかし、これから続々と解説者やコメンテーターの方が解説してくれそうですよね。

 

僕の個人的な意見としては今大会から新導入されたVARというビデオでのリプレイ検証が少し影響しているのかな~と感じています。

というのは、これまでは強豪国=強い=勝ってほしい=レフリーが強豪国に有利な判定を無意識にしてしまう。

 

という構図があるのではないか?とも思うんですよね。

 

それを曖昧な動体視力だけではなく、キッチリとした検証、判定をすることで、よりフェアな試合になっているのではないか?と思うんです。

かなり無理矢理ですが(笑)

 

>ワールドカップロシア大会をスマホやiphoneで視聴する方法は?

スポンサードリンク


あと、ロシアのスタジアムの芝も影響があるのかな~と思います。

 

ロシアの芝生は他の芝生よりも長い・・・と本田選手が警戒しているという情報があったのですが、芝生が長いとドリブラーには不利になるらしいんですね。

 

強豪国には世界屈指のドリブラーが必ずいます。そのドリブラー達が思うようにプレーできない!というのも番狂わせが起こる要因のひとつなのではないかと思います。

 

特にアルゼンチンのメッシやブラジルのネイマールなんかは世界でも一、二を争うドリブラーですよね。そしてそれぞれのチームは彼らを中心に据えています。

 

やはりサッカーは中心に置いた選手が思うように動けないと極端に弱体化するスポーツなので、ドリブラーが中心のチームは不利になるのかな~と思いましたね。

かなり無理矢理ですが(笑)

 

 

それでは今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

スポンサードリンク

記事下関連コンテンツユニット

-スポーツ