セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

防災グッズでアイフォンとスマホとガラケー充電対応ラジオライトはある?


 

地震などの災害時のためにiphoneやスマホの充電ができるラジオライトを探している!

 

そんなあなたにオススメのラジオライトを見つけました。それがこちらのダイナモライトラジオという商品です。

 

iphoneやスマホの充電が可能なラジオライト


 

このラジオライトは蓄電バッテリーが搭載されていますので、iphoneやスマホの充電が可能なんです。

しかもガラケーにも対応していますし、日本国内のものであればほぼ全ての機種に対応しているということですよ。

 

 

ダイナモラジオライトのその他の機能は?

 

いくら充電ができても肝心のラジオやライトの機能が良くなければ意味がありませんよね。

ご安心ください。ダイナモラジオライトはその他の機能も十分に充実しています。

 

まずラジオ面ですが、このダイナモラジオライトはAMもFMも両方とも聴くことができるんです。

 

なんだ~そんなの普通じゃん!と思われた方もいるかもしれませんが、FMは聴けてもAMには対応していないというラジオライトって意外と多いです。

 

スポンサードリンク


 

次にライト面の機能なんですが、こちらは39時間の連続点灯が可能です。

 

さらにこのライトは明かりを照らす点灯だけでなく、緊急時のために赤色点滅にすることができたり、大音量のサイレンを鳴らすことも可能なんです。

この機能を使えば遠くにいる人に自分たちの居所を知らせることもできるんです。

 

 

最後にこのラジオライトのすごいところは乾電池にも対応しているということなんです。

バッテリーが内蔵されているのでもちろんコンセントからの充電や手回しの充電は可能なんですが、災害時というのは停電していることも想定しなければいけません。

停電中だとコンセントは使えないし、かと言ってずっと手回しで充電するというのは疲れるし、そんな暇が無い時だってあります。

そんなときに乾電池が使えたらすごくありがたいですよね。

 

 

防災グッズセットも一緒にどうですか?

 

このダイナモラジオライトは単品でも充分に便利なものなんですが、被災時にはその他の防災グッズも同じくらい必須のものになります。

 

なんとですね、こちらのダイナモラジオライトがセットの中に入っている防災グッズセットが商品としてあるんですよ。

その防災グッズセットはこちらになります。

 

【防災士が作った防災セット】

 

 

防災用グッズを準備しようと思っても、僕たちのような素人は一体何をどれだけ準備すればいいかなんてわかりませんよね。

その点この防災グッズセットは防災士の方が自身の経験や被災者の声を基に作った39種34点のアイテムが入った商品なんです。

 

・リュック(53.5×30×14cm)
・ダイナモLEDラジオライト
・非常用5年保存水(500ml×4本)
・アルファ米(白飯100g×2、五目米100g×1)
・レトルトカレー(ハウス食品200g×1)
・ようかん(45g×6本)
・ラップ(縦30cm×長さ20cm×1本)
・ウォータータンク×5リットル
・エアーマット(長さ195cm×幅60cm×1)
・油ペーパープレート(12枚入り×1)
・レインコート×1
・アルミブランケット(140×210cm×1着)
・非常用トイレ(1回分×3個)
・マスク×1
・歯ブラシ×1
・滑り止め付き軍手×1
・ホイッスル×1
・ロープ×1
・救急箱10点セットケース×1
・防災マニュアル×1
・内容商品一覧用紙×1
・ID用紙(2人分の記入欄有×1)
・アイフォン用ケーブル(長さ97cm×1)
・マイクロUSBケーブル(長さ90cm×1)


 

これらのグッズのひとつひとつが非常に優れています。ただ何がどれだけ優れているかということはわからないと思いますので、これからひとつひとつ説明させていただきますね。

 

 

非常食

 

こちらの防災セットは非常食もなかなか充実しています。

 

まずお米は尾西食品という柿の種でお馴染みの亀田製菓グループの会社が作ったアルファ米が入っています。


 

こちらのお米はお水かお湯を注ぐだけで食べられるという便利な物だそうです。

 

さらにレトルトカレーも付属しているのですが、このレトルトカレーはなんと温めずにそのまま食べられるという優れものだそうですよ。


 

確かに被災地に温められる物が無ければレトルトカレーは食べられませんもんね。

しかも野菜もたっぷり入ってボリュームも満点だということです。

 

そしてもうひとつ非常食としてようかんの6本セットも付属しています。


 

その場に留まっていられないときなんかには歩きながら食べられるようかんがあるとすごく便利で良いですよね。

 

スポンサードリンク


アルミシート・エアーマット



 

東日本大震災の時にすごく多かったのが、寒すぎて眠れないということだったらしいです。その教訓を活かし、この防災セットにはアルミで作られたシートが入っているんです。

アルミは体温を逃がさないので寒さから身体を守るのにすごく適しているということらしいですよ。

このアルミシートひとつあれば寝るときはもちろん、歩いている時でも座っている時でも常に常に寒さから身を守ることができそうですね。

 

 

さらにエアーマットも付属してくれています。


下が固いところではなかなか眠れませんよね。このエアーマットは空気を入れることによって寝心地の良いマットへと変化してくれます。

しかもエアーマットなので空気を入れる量の加減でお好みの柔らかさに調節することも可能なんです。

大きさは195cmありますので、多少大柄で高身長な男性でも大丈夫ですよ。

防災時だけではなくて普段の生活でも使えそうですよね(笑)

 

 

保存水・貯水タンク

 

こちらの防災セットには保存水として500ml×4本分の「EMERGENCY」という水も入っています。


水の賞味期限は約5年です。しかし5年を過ぎても理化学的には問題が無いということが公的な検査機関の検査により証明されているそうです。

やっぱり保存水や非常食には食中毒の心配は常につきものですよね。

その点、こちらのEMERGENCYは官公庁や公共機関でもよく飲まれているという確かな実績をもっているようです。

 

そして貯水タンク。


被災時は断水することがよくありますので、水を貯められる時、貯められる場所ではできる限り貯水しておくことが重要になります。

そういうときは小さいペットボトルの他に、こういう大きな貯水タンクがあれば超便利だと思います。

 

 

簡易トイレ

 

もちろん簡易トイレも付属されていますよ。

災害時には100%トイレが問題になるそうなんです。まあそりゃそうですよね、食事はある程度我慢できてもトイレはそういうわけにはいきませんからね。


この簡易トイレはビニール袋に用を足して、それが終わればビニール袋ごと捨てるという使い方で、大便1回、小便2、3回分が可能なセットが3セット入っています。

 

スポンサードリンク


救急セット

 

救急セットも付属されていますよ。


 
[救急セットの内容一覧]

・ばんそうこう
・カット綿
・綿棒
・ワンタッチ包帯
・はさみ
・爪切り
・爪やすり
・耳かき
・ピンセット
・救急セットケース


 

緊急用の救急セットとしてはかなり充実した内容になっているな~と感じました。これだけの内容なら普通の生活にも使えそうですよね(僕ってこればっかり(笑))

 

 

その他の便利グッズ

 

【軍手】

家屋の倒壊やガラスを除去するときや大切な物を掘り起こす時などなど、色々な作業をするとき、いざというときのために軍手は必要になります。

 

【ホイッスル】

瓦礫の下に埋まってしまった時や遠くにいる救助の人を呼ぶときにはホイッスルは超便利です。

 

【ロープ】

瓦礫を除去するために引っ張る時などにロープがあればさらに大きな力になりますよね。また洗濯物を干す時など、ロープ1本あれば色々な場面で役に立ちます。

 

【レインコート】

雨が降った時はそのまま雨ざらしになると体温を奪われ大変なことになるそうですので、レインコートはひとつは必ず常備しておいた方が良いようです。

 

【マスク】

被災地では風邪が蔓延することが多いそうです。風邪はもちろんその他の病気に伝染らないように予防するためにもマスクは必須アイテムです。

 

【歯ブラシ】

これまで被災地では歯ブラシが無くて虫歯が蔓延したという問題が多く発生したそうなんです。虫歯は人から人へ伝染ることもありますからね。

ということで歯ブラシも必須アイテムになります。

 

 

防災マニュアル&IDカード



 

防災時にはどういう行動をすれば良いかなんて全くわかりませんよね。ネットで検索しても色々な情報があって、一体どれを信じて良いのかわからないということもあります。

こちらの防災マニュアルは防災士さんが監修した内容となっているようですし、こちらの防災セットにも対応した内容となっていますので、いざというときにとても役立つと思われます。

 

あとIDカードというものも入っています。これはどういうものかというと、

被災時に気絶したとか相手に声で何かを伝えられなくなった時、このIDカードに自身の名前や緊急連絡先を記載しておくことによって家族などに連絡してもらえるというものです。

さらに血液型や普段服用している薬などといった情報も記載しておくことによって、いざというときでもスムーズに適切な対応がしてもらえるという優れものですね。

 

 

【防災士が作った防災セット】

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

自然災害というものはいつどこで襲ってくるかわかりませんので、それに備えて防災グッズの準備は絶対しておいた方が良いです。

 

しかし何をどれだけ用意すれば良いかなんて僕たちにはわかりませんので、こういったプロの人が監修した防災セットはすごく良いと思います。

 

1セットで9880円と命と引き換えにするにはかなりリーズナブルな商品だと思いますので、僕はこちらの防災セットをオススメしますよ。

 

 

それでは今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

スポンサードリンク

記事下関連コンテンツユニット

-生活