セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

山口茜のバドミントンの成績や所属を調査!リオ五輪でのメダルの可能性は?

2016/08/12

山口茜2
今回の記事では、リオオリンピックで

メダル獲得が期待されている

バドミントンの山口茜選手について

書いていこうと思います。

スポンサードリンク



山口選手のプロフィール

経歴はもちろん、

愛用されているラケット

ことなども調査したので

紹介させていただきますね。

 

 

 山口茜のプロフィール

山口茜3
名前:山口茜 (やまぐち あかね)生年月日:1997年6月6日

年齢:19歳

出身地:福井県勝山市

身長:156cm

体重:55kg

中学:勝山市立勝山南部中学校

高校:福井県立勝山高等学校

内定:再春館製薬所

利腕:右

種目:女子シングルス

 

山口選手は現在、地元福井県にある

勝山高校に通われています

 

多くの有名スポーツ選手は

スポーツの強い、私立高校に

行くものなのですが、

小学生の頃からバドミントン界では

相当有名だった山口選手が

なぜ地元の公立高校である

勝山高校に入学されたのでしょうか?

 

実は山口選手も、

他の有名スポーツ選手と同じように、

全国の私立高校からスカウトを

されていたようです。

その中には、学費免除や支援金などの

話しも当然あったでしょう。

 

しかし、山口選手自身がそのオファーを

すべて断ったようですね。

 

なぜそんな良い誘いを山口選手は

すべて断ったのでしょうか?

 

 

山口選手自身の話しによると、

その理由は小学生の時から

一緒にがんばってきた仲間とともに

これからも成長していきたいという

思いがあったからだそうです。

 

もちろん、私立の高校に行けば、

良い設備がある環境で、

練習をできるでしょう。

 

しかし、山口選手はそういった

良い設備という環境を選ばずに

気持ちの面、精神的な面で

良い環境を選んだということですね。

う~ん、良い話しだ。

 

もちろん、それだけではありません。

実は、山口選手の地元である

勝山はバドミントンが非常に

盛んな町でして、

全国大会の経験者も多数輩出しているとか。

 

なので、山口選手の中で

県外の私立校でなくても

勝山ならば仲間もいるし、

環境も悪くないからイケる!

という考えもあったんでしょうね。

 

 

バドミントンでの経歴

山口茜1
山口茜選手とバドミントンとの出会いは、

なんと山口選手が3歳のときだそうです。

 

山口選手には2人のお兄さんがいて、

そのお兄さんたちがやっていた

バドミントンの練習について行った際、

はじめてラケットを握ったとか、

スポンサードリンク



そして5歳のときに本格的に

バドミントンをやりはじめました。

 

山口選手のご両親の話しだと、

はじめは全然上手くなかったそうで、

才能がまったくないんじゃないかと

思ったほどだそうですよ。

これは意外な話しですねぇ。

 

 

そこから中学時の、

アジアユースU19バドミントン選手権大会

団体戦で金メダル、

世界ジュニアバドミントン選手権大会の

女子シングルスと混合団体戦で銀メダル、

全日本総合バドミントン選手権大会では

史上初めて中学生で初戦を突破!

 

さらに高校一年時には、

インターハイで優勝、

ヨネックスオープンジャパンで、

全種目を通じて日本人初の優勝。

BWFスーパーシリーズで

史上最年少優勝の記録。

 

2年時には

マレーシアで開催された

2014年世界ジュニア選手権で

シングルス2連覇を達成。

インターハイで2連覇を達成。

 

3年時には、

インターハイで史上初の3連覇を達成。

 

と、これだけの輝かしい

成績・記録を打ち立てています。

 

 

高校卒業後は大学進学せずに、

再春館製薬所に入社することが

決まっています。

 

 

使用ラケット

山口茜選手の使用しているラケットは、

山口茜 ラケット
『ヨネックス ボルトリック Z-フォース2』

というもので、

アマゾンで20000万円ほどで購入できます。

 

 

山口選手のように強くなりたいと

思うバドミントン選手や、

これからバドミントンを始めようと

思っている人も、

形から入るということで、

山口選手と同じラケットを

購入してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

山口選手には、やはりリオ五輪での

金メダルを期待してしまいますが、

その可能性はどうでしょうか。

 

そこを語る上で外せないのは

やっぱりバドミントン最強の国である

中国の選手。

 

今回のリオだけでなく、

これから山口選手が世界で

戦っていくためには、

避けては通れない相手でしょう。

過去の大会で山口選手の前に

立ちはだかっている選手もやはり

ほとんどが中国の選手です。

 

しかし、世界ランク最高位3位の

戴資穎選手や、

最高位1位の王儀涵選手に

山口選手は勝利したこともあります。

 

なので、世界ランクは

あまりあてになりませんし、

山口選手には充分な金メダルの

可能性があると言えるでしょう。

 

山口選手が金メダルを獲得できるように、

一緒に応援していきましょう。

 

 

それでは最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

-スポーツ