セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

大阪桐蔭・根尾昂の身長や体重や成績は?両親や兄もすごい!【動画】

2017/05/13

根尾昂 甲子園
 

こんにちは。

今年の大阪桐蔭には、とんでもない一年生がたくさん入りましたが、その中でも特にすごい選手と話題になっている選手がいます。

 

その選手とは、飛騨高山ボーイズ出身投手の根尾昴選手。スーパールーキー軍団の中にあって一際注目を浴びている選手です。

 

今回の記事では、そんなナンバーワンルーキーの呼び声高い根尾昂選手の身長や体重といったプロフィールや、選手としての特徴や身体能力のすごさを紹介したいと思います。

 

さらに、根尾昂選手のご両親やお兄さんもすごいと噂を聞いていますので、そちらの方も調査してみましたのでお楽しみに!

 

スポンサードリンク



根尾昂のプロフィール


根尾昂1
名前:根尾昂 (ねお あきら)
出身地:岐阜県
身長:177cm
体重:73kg
中学:飛騨私立古川中学校
シニア:飛騨高山ボーイズ
高校:大阪桐蔭高校
投打:右投左打
ポジション:投手

 

 

根尾選手は中学生の時に出身地である岐阜県にある飛騨高山ボーイズという野球チームに所属していたのですが、

その頃から既に大注目されており、全国放送のニュース番組でもスーパー中学生として特集されていました。

 

ものすごい身体能力運動神経をしているのでケタはずれの体格の持ち主と思いきや、身長は177cm体重73kgと、スポーツ選手としては平均的な体格で、意外と大きくはないんですよね。

 



 

 

野球選手としての能力


根尾昂2
 

根尾昂選手はその注目ぶりが物語るように、選手としての能力はすごいものを持っています。

 

まず投手としては中学三年生の時点ですでに最速146kmの速球を投げていました。

 

146kmと言えば高校の三年生でも投げれる選手はあまりいないでしょう。それが中学生の時点で投げれるんですからね。

高校三年生になるときには150km超えの速球を投げているであろうことは、容易に想像できますね。

 

おまけに投げる球には強力なスピンがかかっており、バットにボールが当たっても簡単に前には飛ばせませんし、キレもよく、そもそもバットに当てることも困難です。

 

また、スライダーも一級品で、ストレートの軌道のまま鋭く変化するスライダーを投げることもできます。いわゆる速球か変化球か判断できない球を投げるのです。

 

中学生クラスには反則ものの能力、中学生には根尾選手の球は打てませんよ。

 

さらに、根尾選手は打者としても非凡なセンスの持ち主で、どれほどすごいかというと、

前述したとおりの投手としての能力を持ちながら、大阪桐蔭の監督が投手としてではなく打者として育てようとしているという噂もあるくらいです。

 

根尾選手をよく知る人達も将来は投手と打者の二刀流をする、第2の大谷洋平選手になるだろうと言うくらいです。

 

さらにさらに、根尾選手はとんでもない強肩の持ち主で、小学生時に陸上大会のソフトボール投げで、全国1位の89mを記録しました。

野球のボールではなくソフトボールですよ、小学生がソフトボールで89mを投げたのです。これは驚異的なことです。

 

ちなみになんですが、僕の小学6年生の時のソフトボール投げの記録は32mでした。(いちおうソフトボール選手だったんです。)

僕の友達の身体能力のスゴイやつでも55mでした。

 

さらにちなみに、田中将大選手が67mダルビッシュ選手が74mだそうですよ。

これを見れば89mという記録がどれだけすごいか、わかっていただけるのではないでしょうか。

 

<大阪桐蔭スーパールーキー藤原恭大>
<走攻守揃った天才・大阪桐蔭中川卓也>
<九州の怪物・大阪桐蔭柿木蓮>

スポンサードリンク



その他の能力

 

今まで根尾選手の野球選手としてのその非凡な能力をお伝えしてきましたが、根尾選手にはさらに驚くべき能力が備わっているのです。

 

まず第一に根尾選手は野球だけでなくスキーも得意なのです。

 

その根尾選手のスキーの腕前は中学生の時に全国大会で優勝してしまうほどの実力の持ち主。

 

野球ではなくスキー選手としてでも将来はオリンピックに出場し活躍できたでしょうね。

 

さらにこれは噂ですが、根尾選手は勉学の成績も優秀だそうで通知簿は常にオール5!!

おまけに中学では生徒会長も務めており、もう文武ともに完璧な非の打ちどころのない完璧超人です。

 

 

両親もすごい!

 

根尾選手のご家族もすごいという噂で、ご両親はともにお医者さまを務められていて、地元の診療所で務められているとか。

 

そして根尾選手のお兄さまですが、過去に斐太という高校で野球をやっており三年生時にはエースとして、岐阜県の甲子園予選で準優勝しました。

お兄さんの野球選手としての能力もすごかったんですね。

 

さらに兄の学さんもご両親と同じように医者の道を歩んでいるみたいです。

 

根尾家は昂さんだけじゃなく家族全員が手の付けられないハイスペック家族なんですね。

 

 

根尾選手に対する評価

 


根尾昂投手は中学生の段階で、最速Maxが146キロに到達するなど、そのポテンシャルは桁外れ。

 

鋭い腕の振りでスピンが利いていて威力がある球を投げる能力が高いピッチャー

 

1年生にして高校3年生トップクラスの実力


>根尾昂は中学時より劣化?

スポンサードリンク






 


 

 

プレー動画

 

(中学時代)


 

(大阪桐蔭でのピッチング)


 

>根尾昂は中学時より劣化?

 

まとめ

 

スーパー中学生そして現在では大阪桐蔭のスーパールーキーとして既にプロからも注目を浴びている根尾昂選手、その根尾昂選手の甲子園での活躍が楽しみですね。

さらにその先のプロでの活躍も今から待ち遠しいです。

 

【その他の大阪桐蔭の選手はコチラ】
<大阪桐蔭スーパールーキー藤原恭大>
<走攻守揃った天才・大阪桐蔭中川卓也>
<九州の怪物・大阪桐蔭柿木蓮>

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-スポーツ