セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

藤浪晋太郎の弓を引く(射る)ポーズの意味は?新ルーティンか?


 

こんにちは!

 

今日4月13日の阪神タイガースVSヤクルトスワローズの甲子園での一戦を見ていましたら、阪神の先発の藤浪投手がこれまでと違い、すごく良い投球をしていました。

 

これは藤浪復活か?と楽しく見ていたら、その藤波投手がこの試合中ずっと投球の合間合間に、何やら『弓を引くようなボルトっぽいポーズ』をしていました。

 


 

僕は藤浪投手がこんなポーズをしているのは初めて見たので、これは何のポーズなんだろうな~?と、すごく気になっちゃいました。

 

スポンサードリンク



 投球フォームの確認か?

 

この藤浪投手の弓引きポーズを見て、僕は投球フォームの確認をしているのかな~?と思いました。

 

打者ならでよくあるじゃないですか。1球1球打席を外して素振りをするのではなく、ゆっくりとバットを出す動作をするやつ。

 

あれかな~と思いました。

 

 

もしかしたら1戦目、2戦目の投球内容が悪かったから何か秘密の投球フォームの改善をしたのかなと。

そしてそのフォームができているかどうかの確認をいちいちやっているのかなと感じましたね。

 

もしそうだったとしたら今日の投球内容からして、このフォーム改善は功を奏していると言えますよね

 

スポンサードリンク



 新しいルーティン?

 

ツイッターなんかを覗いてみると、この藤浪投手のポーズを「新しいルーティンか?」とか「調節してるのかな?」とか考えている人が多いようでしたね。

 


 


 

 

なるほど!おもしろいですね。

 

確かにスポーツ選手にはルーティンを取り入れることが大事だと言われていますからね。

藤浪投手はそれを短い間隔でやるようにしているのかもしれません。

 

>金本知憲阪神監督の2017年の腕時計や首輪のブランドや価格は?

 

 まとめ

 

今回の記事では阪神タイガース藤浪投手の弓を引くようなポーズについて書いてみました。

 

このポーズの真相はまだわかりませんが、これからまた調べてみてわかったことがあればお伝えしていきたいと思います。

 

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-スポーツ