セーヤブログ

日々のニュースをお届けしていきます

ピートローズの成績や記録は?イチローへの評価や現役時の逸話も

 

ピート・ローズ イチロー
マイアミ・マーリンズのイチロー選手が

通算安打数歴代一位になるまで、

残りわずかですね。

 

6月9日現在の、イチロー選手の

通算安打記録が4249本なので、

現在、通算安打数世界記録保持者の

ピート・ローズ4256本まで、

あと残り7本です。

 

イチロー選手なら、あと4~5試合

先発出場すれば、

追い抜いてしまえるくらいの数字です。

早ければ、3試合くらいで並びますね。

 

その瞬間がすごく楽しみです。

 

スポンサードリンク



 

そんなイチロー選手は

もちろんすごいのですが、

 

現在、通算安打数記録保持者の

ピート・ローズもすごくないですか?

 

なんといっても4256本のヒットを、

あのメジャーリーグで

記録しているわけですからね。

 

 

一体ピート・ローズは

どんな選手だったんですかね。

 

今回の記事では、

ピート・ローズの成績

これまで塗り替えてきた記録は?

そしてどんなバッティングスタイル

だったのか、

なぜ、そんなにヒットを量産できたのか

その辺りのことを、解明していきます。

 

 

そして、安打製造機だったピート・ローズが

現在の安打製造機であるイチローに対して

どう思っているのか?

ということも気になると思うので

そういうところも調査して

書いていきたいと思います。

 

 

 

ピート・ローズの選手情報成績

 

ピート・ローズ3

【選手情報】
現役年数 : 24年
利き手 : 右投両打
ポジション : 内野手 外野手

【所属チーム】
シンシナティ・レッズ(1963 - 1978)
フィラデルフィア・フィリーズ(1979 - 1983)
モントリオール・エクスポズ(1984)
シンシナティ・レッズ(1984 - 1986)

【通算成績】
通算打率 : .303
通算安打数 : 4256本
通算本塁打 : 160本
通算打点 : 1314点
通算盗塁数 : 198個
通算出場試合数 : 3562試合
通算打席数 : 15861打席
通算打数 : 14053回

 

まず、通算安打数はみなさんも

ご存知の通り、世界一の記録をもっています。

 

しかし、それだけのヒットを放ちながら、

ホームランは160本だけなんですよね。

 

イチロー選手は、4249本のヒットの中で、

ホームランは231本を記録しています。

 

あまりホームランを打つイメージの無い

イチロー選手でも200本以上打っているので、

ピート・ローズのバッティングスタイルは

やはり、ヒットを打つのに

特化したものだったんですね。

 

 

通算試合出場数3562試合

通算打席数15861打席

通算打数14053回

 

これは、すべてメジャーリーグでの

歴代最高記録です。

 

この数字を見ると、ピート・ローズは

身体の丈夫な選手だった

ということも言えますね。

 

技術だけではなく、故障が少ない

あまり休まなくても

調子が維持できるというところは、

イチロー選手と共通しています。

 

しかし、イチロー選手は

あれだけ走って、守ってと

動きまくっても故障が少ない。

 

では、ピート・ローズは

どうなのでしょうか?

 

実は、ピート・ローズもイチロー選手同様、

プレーに手を抜くことはなかったようです。

 

いつでも全力でプレーし、

チームメートやファンからも

『チャーリーハッスル』の愛称で

親しまれていました。

 

 

 

ピート・ローズの主な保持記録

 

通算安打:4256(歴代1位)
通算試合:3562(歴代1位)
通算打数:14053(歴代1位)
通算打席数:15861(歴代1位)
通算出塁数:5929(歴代1位)
通算得点:2165(歴代6位)
通算単打:3215(歴代1位)
通算二塁打:746(歴代2位)
通算塁打:5752(歴代7位)
通算アウト回数:10328(歴代1位)
連続試合安打:44(歴代2位)
1試合5安打以上:10(歴代2位)
1試合4安打以上:73(歴代2位)
1試合3安打以上:387(歴代2位)
1試合2安打以上:1225(歴代2位)
シーズン200安打:10回(歴代1位タイ)

 

シーズン安打数200本以上は、

イチロー選手と並んで歴代1位です。

(日米通算だとイチローは11回)

 

これだけ見ても、

驚異的な選手だったということが

わかりますよね。

 

簡単にいうと、たった10年で

2000本安打に到達してしまうわけです。

 

日本では、2000本以上ヒットを

打った選手が名選手と評価を受けるのに、

ピート・ローズやイチロー選手は、

その倍以上のヒット数を

記録しているわけです。

 

ジャイアンツの坂本勇人選手が、

現在、約10年目ですが、

早くから活躍されていた坂本選手の

安打数が現在のところ1200本ほどなので、

これを考えれば、

ピート・ローズとイチロー選手の

すごさがハッキリとするでしょう。

 

スポンサードリンク



 

イチローに対する評価

 

自身の持つ、通算安打数記録に

迫るイチロー選手に対して、

ピート・ローズはどんなことを

思っているのか。

 

 

ピート・ローズがイチロー選手に

ついて答えている、

インタビュー記事があったので、

そちらを紹介したいと思います。

ピート・ローズ2
 

イチロー選手がタイ・カッブ

通算安打数記録(4191本)を更新した時に、

 

インタビューに対してピート・ローズは

 

「イチローは俺の記録を抜けない。

なぜなら、日本での安打数(1278本)を

除くと、まだ1500本ほど差があるからだ。」

 

と言っていたそうです。

 

きびしい意見のような気もしますが、

ピート・ローズがそう言うのには

ちゃんとわけがあって

 

「日米通算の記録で考えるなら、

俺がマイナーで打った427本も

加えてくれよ。」

 

ということでした。

 

 

アメリカでは、日本のプロ野球は

メジャーとAAAのあいだくらいの

実力しかないと言われていますから、

ピート・ローズがそういう意見を

持っているのも、うなずけますね。

 

 

しかし、ピート・ローズは決して

イチロー選手を過小評価

しているわけではありません

 

 

「俺に野球殿堂の権利があるなら、

必ずイチローを殿堂入りにする。

彼のプレーで問題視されるところは

ひとつもない」

 

とのことでした。

 

 

通算安打数記録については、

飽くまでも公平な記録で

 

しかし、イチロー選手は素晴らしい

プレーヤーだと評価しています。

 

 

そしてもうひとつ、

5年ほど前のものになりますが、

別のインタビューで

イチロー選手のことに答えていました。

 

 

そのインタビュー記事に、

ピート・ローズは、

 

「打率が2割ほどで、三振も200以上の選手が、

ホームラン32本も打っているから

試合に出してもらっている、

こういうホームラン偏重の風潮は

アメリカの野球にとって良くない。

 

イチローはホームランこそ少ないが、

守備でも、走塁でも、打撃でも

いろんなことができる、

 

イチローがどれだけ野球が好きか、

ヒットを打ち続けることが偉大なことか。

彼と一度じっくり話してみたいね。」

 

と語っていました。

 

 

この話しで、ピート・ローズが

どれだけイチロー選手を

リスペクトしているか、

ということがわかりますね。

 

 

 

ピート・ローズの現役時代、野球以外でのエピソード

 

ピート・ローズが野球賭博

関わっていたという話しは有名で、

 

シンシナティ・レッズの監督を

務めていた頃、その疑惑で

野球界から永久追放されたそうです。

 

しかしアメリカでは、何らかの形で

ピート・ローズが

巻き込まれてしまったという説

有力だったが、

2004年に出版した自著伝で、

賭博への関与を認めたそうです。

 

その後も、ラスベガスに住んで

ギャンブルをするなど、

ギャンブルに依存して、

多額の借金までしているという

ことも言われています。

 

 

家族の話しなりますが、

ピート・ローズは2度結婚し、

2度とも離婚しているそうです。

 

そして、2番目の嫁と別居中に、

韓国出身のセクシーモデル、

キアナ・キムさんと交際をスタートし、

2013年(72歳当時)に婚約したそうです。

 

息子のピート・ローズ・ジュニアは

プロ野球選手だったそうですが、

現役生活のほとんどを

マイナーで過ごしたようです。

(マイナー1918試合、メジャー11試合)

 

 

プライベートのピート・ローズは、

破天荒なイメージですが。

 

野球に対する姿勢は

とてもまじめな方だったようですね。

 

 

試合後は勝っても負けても、

常にミーティングや研究を欠かさない

 

ヒットを量産しているから、

自分はバッティングに

集中してればいいと

思っているのかと思えば、

キチンと守備も一所懸命だし、

盗塁や走塁の練習も

常に怠らなかったようです。

 

 

ピート・ローズは、ホームランや

バッティング偏重のメジャーリーグに対し、

 

すべてにまじめな日本の野球を

見習うべきだと常々、言っていたそうです。

 

 

 

まとめ

 

ピート・ローズという人は、

すごい野球選手であると同時に、

野球に対する想いや姿勢は

素晴らしいものがありますね。

 

記録はもちろんですが、

そういった精神的な部分でも、

イチロー選手と同じで、

二人とも、お互いがお互いをリスペクト

し合っているということが、

わかっていただけたのでは

ないでしょうか。

 

 

イチロー選手の記録に対して

少しきびしい意見もありましたが、

イチロー選手が通算安打数記録を

塗り替えたとき、

きっと、ピート・ローズも

心から祝福してくれることでしょう。

 

 

 

それでは最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-スポーツ