セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

都庁爆破のロケ地は愛知県名古屋市?庁舎や役所の建物も調査!

2018/01/16


 

こんにちは!

1月2日に「都庁爆破」というスペシャルドラマが放送されますね。

 

このドラマはミュージシャンの吉川晃司さんが主演されるということで、前々から話題になっていました。


 

その都庁爆破で使われている「都庁」がどこにある建物なのか?ということが気になったので、ちょっと調べてみました。

 

スポンサードリンク


 都庁爆破の建物はどこにある?



 

都庁爆破で使われている庁舎の建物はどこにあるのでしょうか?いやそもそも庁舎なんでしょうか?

ドラマではよく役所を学校風に改造して使ったり、会社を病院風に改造して使ったりしていますよね。

 

今回ももしかしたらそういう風に大きな建物を庁舎っぽく改造したのかもしれません。

 



 

で、よく調べてみると、

都庁爆破に使われた建物はこちらのようです。

 


こちらは愛知県は名古屋市にある愛知県庁舎だそうです。

 

なんと都庁どころか東京ですらないんですね(笑)

 


 

愛知県知事のご協力のもと、大規模なロケが行われたようです。

 

 

 エキストラは1000人規模!



 

この都庁爆破というドラマでは、多くの民間人を巻き込んだ大規模テロが起こったというコンセプトでやっているのでエキストラの数も半端では無いらしいです。

 

その数およそ1000人!

 

愛知県庁舎の周辺の道路を使い、愛知県の消防局の協力のもと、消防車や救急車が合計11台も使われたそうです。

すごいですね!

 

 

 あらすじとキャスト



 

都庁爆破はそのスケールも大きいですが、キャストも豪華なんですね。

 

以下は主なキャストです。

本郷裕二:長谷川博己
ケイン高村:吉川晃司
本郷麻由子:優香
海老原実:和田正人
櫻井結衣:早見あかり
御園朔太郎:リリー・フランキー
丸山尚人:小澤征悦
大池由紀子:寺島しのぶ
エム:渡部篤郎

 

 

あらすじ

クリスマスイブ、都庁が突然火を噴き、展望台にいた客がテロリストたちに人質に取られた。都庁を爆破したテロ組織は日本政府に要求を突きつけるが、未曾有の事態にどう対応するのか、政府と東京都は対立する。刻々と迫るタイムリミット。家族を人質にされた一人の男は妻と娘を助けるため、テロ組織に挑み、テロリストたちに立ち向かう!テロリストに引き裂かれた家族の絆を取り戻すことができるのか?

 

 

見逃し放送や過去のドラマを観るならHuluがオススメです。

今申し込むと14日間は無料でお試し登録ができるそうです。
↓    ↓    ↓    ↓



 



 

 まとめ

 

都庁爆破、吉川晃司さんが出演したりストーリーもおもしろそうと楽しみな番組ですね。

また観れたら感想なども書いていこうかなと思います。

 

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

記事下関連コンテンツユニット

-エンタメ