セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

広東住血線虫症の症状とは?スムージーは危険?腹痛や全身マヒも


 

こんにちは!

今夜放送の世界仰天では人命を脅かす超危険生物というテーマの2時間スペシャルみたいですね。

 

番組予告ではいろいろな怖い生き物と病気の紹介がされていましたが、その中で僕が気になったものを取り上げて調べていこうと思います。

 

今回は「広東住血線虫症」についてですね。番組ではハワイでスムージーを飲んだ女性がこの感染症にかかったということで紹介されるようです。


 

この広東住血線虫症とはいったいどういう病気なのか?現在流行っているスムージーは本当に危険な飲み物なのか?ということを調べていきたいと思います。

 

スポンサードリンク



 広東住血線虫症とは?



 

広東住血線虫症とはある寄生虫が体内に寄生することにより、発熱や激しい頭痛、嘔吐などを引き起こす病気だそうです。

ある寄生虫とは、その名も「広東住血線虫」というそうで、ネズミを宿主としているそうです。

そしてそのネズミから排出されたものを摂取したナメクジなどに寄生するようです。


 

今回の世界仰天ニュースではハワイでスムージーを飲んだ女性がこの広東住血線虫症にかかると紹介されているので、スムージーが危険な飲み物と誤解されそうですが、

どうやらそうではなくて、スムージーに使われた野菜に付いていた生物を飲み込んで体内に侵入させてしまったために、この病気にかかってしまったということみたいです。

 

この野菜に付いていたという生物は今のところはちょっとわかりませんが、恐らくはナメクジなのではないかと思われますね。

 

>ゾンビ病(リーシュマニア症)感染経路や治療薬は?

スポンサードリンク



広東住血線虫症は極東や東南アジア諸国、オーストラリア、太平洋諸島、アフリカ、インド、インド洋の島々、カリブ海の島々、北米などに広く分布しているそうですよ。

日本でも沖縄県、奄美大島を含む南西諸島、鹿児島県、福岡県、広島県、愛知県、静岡県、神奈川県、小笠原父島を含む東京都、北海道など、

各地で捕獲され たドブネズミやクマネズミに自然感染が認められているそうですし、日本での感染例もあるみたいです。

 

海外だけの病気なのかと思いきや、日本でも結構身近な存在なものと知ってちょっと怖くなりました。

 

 

 治療法や特効薬は?



 

この広東住血線虫症は治せる病気なのでしょうか?

 

少し調べてみると、どうやら特効的な治療法は今のところ無いようですね。

 

病気にかかってしまった人にはプレドニゾロンやメベンダゾールなどの薬を投与しているようです。

 

また感染予防として流行地では中間宿主となるナメクジやヒキガエルの肝の生食を禁止したりしているそうです。

問題となっているスムージーや野菜サラダなどを食べるときにもやはり細心の注意が必要とのことですね。

 

>ゾンビ病(リーシュマニア症)感染経路や治療薬は?

 

 まとめ

 

今回の記事では広東住血線虫症について書かせていただきました。

これまで野菜サラダやスムージーなどに対して、何の警戒もしていませんでしたが、他人事だとは思わずによく洗ったりして気を付けていこうと思いましたね。

世界仰天ニュースではさらに詳しくこの病気について解説していただけると思うので楽しみですね。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

-生活