セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

ヒアリ問題でフマキラーの株は急上昇?レカムの株が高騰はなぜ?

2017/07/19


 

こんにちは!

外来種の猛毒アリとして話題になっているヒアリが日本に上陸してから早1ヶ月ほどが経ちましたね。

 

当初は中国から運ばれてきたコンテナに張りついていた分だけを駆除できれば根絶できるなんてことも言われていましたが、

最近ではヒアリの繁殖スピードや生命力などを考えれば根絶はほぼ不可能とか、これから日本にもヒアリが定着するなんてことも言われ始めていますよね。

 

そんなヒアリにも対策法や駆除法がわかりはじめているようで、どうやら殺虫剤はフマキラーが効果的だという噂をよく耳にします。

その噂を受けてフマキラー社がものすごく稼いでいるのだとかという話しも聞いています。

 

以前にサウジアラビア国王が来日したときに「サウジ特需」なんて言葉がありましたが、フマキラー社も「ヒアリ特需」になっているのでしょうか?

 

今回はちょっとその辺りのことを調べてみました。

 

スポンサードリンク



 ヒアリ特需でフマキラー社の株が急高騰?



 

ヒアリへの対策として殺虫スプレーを使用することは当初から推奨されていましたが、最近はその中でもフマキラー社のアリ退治用殺虫スプレーが効果的だということが言われだしています。

 

というのもフマキラー社は、海外に行って自社の殺虫スプレーがどこまで効果的かという実験をしたり、その効果を世間に発表したりしているかららしいんですね。

 

ただただ商品を開発、販売しているだけでなく、現在販売されている物がどれだけ効果的なのかということをキチンと実験して発表してくれるのはありがたいし心強いですよね。

 

ちなみにフマキラー社のアリ用殺虫剤はヒアリに対しても充分効果があるそうです。なのでみなさんもヒアリ対策に1本は購入しておきましょう。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アリフマキラー(450mL)
価格:698円(税込、送料別) (2017/7/14時点)


 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フマキラー アリ全滅シャワー液 1L
価格:421円(税込、送料別) (2017/7/14時点)


 

 

このヒアリ問題でフマキラー社の株価が現在急高騰しているみたいで、過去最高だった1987年の株価にあと一歩のところまで来ているそうですよ。

 

もちろんこれはフマキラー社だけではなく、同じく殺虫剤メーカーのアース製薬や、害虫駆除を手掛けるサニックスなども株価の上昇に成功しているようです。

 

スポンサードリンク



 レカムの株も急高騰?



 

フマキラーやアース製薬、それにサニックスなどの株価が上昇するとともに、最近では「レカム」という会社の株が急高騰しているとトレーダーのあいだで非常に話題になっているみたいです。

 

どうやらヒアリがその原因だとも言われているみたいなのですが、なぜレカムがヒアリで株価が急上昇するのでしょうか?

 

フマキラーやアース製薬は殺虫剤メーカーでサニックスは害虫駆除の会社なので、ヒアリが原因で株価が上昇するのはわかります。

 

しかしちょっと調べてみると「レカム」はOA機器や情報通信機器の販売や保守を行う企業で、おおよそ害虫であるヒアリとは関係なさそうなのですが・・・。

 

いったいレカム社はヒアリとはどういった因果関係があるのでしょうか?

 

今はなんでもコンピューターが絡む時代ですから、もしかしたらヒアリ駆除にコンピューターが導入されて、それにレカム社が一枚嚙んでいる・・・といったことなんでしょうかね?

 

それともレカムの株価上昇がたまたまこの時期だからヒアリと関係があると噂されてしまっただけで、本当はヒアリとはまったく何の関係ないのでしょうか?

 

ちょっと株に全く詳しくない僕には今のところ全然わかりません。

 

これについてはもう少し調べてなにかわかったらまたご報告させていただきますね。

 

>ヒアリを発見したときの対処法は?
>ヒアリ(火蟻)に刺された応急処置や治療法は?毒針の種類や成分も
>ヒアリの犬の散歩や子供の外遊びの対策は?手袋や塗り薬も通販で
>ヒアリを家や部屋へ侵入させないための対策は?
>ヒアリ警察とは何?運営者の正体は?大喜利のボケのツッコミも話題
>ヒアリの女王アリは羽根で飛ぶ?寿命やサイズなどの特徴や生態も
>ヒアリの陰謀説とは?は中国によるテロなのか!?
>ヒアリの有効活用方法は?料理で食べれる?2017年流行語大賞?
>ヒアリの最適温度は?冬を越せる?根絶をニュージーランドに学ぶ!

 

 まとめ

 

今回の記事ではフマキラー社やレカム社のヒアリ特需での株価急高騰について書かせていただきました。

ヒアリが日本で定着、拡大することは残念なことですが、それによって経済が潤うのは良いことですよね。

金は天下の回り物とも言いますし、これで少しは景気が回復すれば良いことだと思います。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

-生活