セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

ヒアリはなぜ今日本に?わざと持ち込みしたと中国のテロや陰謀説も

2017/07/19


 

こんにちは!

中国から神戸港へ着いた貨物船にあったコンテナとともにやってきた「ヒアリ」が話題になっていますね。

 

このヒアリ、当初は発見されたものを駆逐すれば根絶できるなんて言われていましたが、現在では東京や横浜などでも発見されていて、

すでに根絶困難なところまできているということも言われ始めています。

 

いったいこの先、日本はどうなっていますのでしょうかね?

 

スポンサードリンク



しかもこのヒアリに関して、なにやらきな臭い話しも持ち上がっているみたいなんですね。

というのは、ヒアリが日本にやってきたのは中国側の陰謀によるテロだということが巷では噂になっているんです。

 


 

 

この噂は正しいのかどうなのか?ヒアリ=陰謀説の根拠やその真偽なんかを調べてみたいと思います。

 

 

 ヒアリ=中国の陰謀説の根拠は?



 

少し調べてみたところ、ヒアリが中国からわざと日本に持ち込まれたと思う理由にはこんな疑問があるからだということでした。

 

・これまで中国からの貨物船にヒアリが混入していることなんて無かったのに、なぜ急にこんなことになったのか?

・こんなに大騒ぎになるような殺人アリの侵入を許すほど、セキュリティが杜撰なのか?

 

 

確かに僕もヒアリが張り付いていたと言われるコンテナに殺虫剤?をかけていなかったのは何故だ?という疑問は感じました。

 

スポンサードリンク



これまではヒアリが日本に来なかったということを考えたら、それまではその辺りのセキュリティはしっかりされていたということですよね。

今回はそのセキュリティを怠ってしまったのか、ヒアリの日本侵入を許してしまいました。

 

ヒアリは少しでも侵入されてしまえばこんな大騒ぎになるほど危険な生物でもあります。

なぜそんな危険生物が侵入するかもしれないのに、そのセキュリティを怠ったのかということも疑問ではあります。

 

 

 ヒアリ=中国の陰謀論の真偽は?



 

ヒアリが中国によるテロなのか?ということですが、もちろんその真偽はわかりません。

でも個人的には絶対違うと思っています。

 

その理由は、ヒアリは確かに危険な生物ではありますが、テロの手段にするにはあまりに弱い攻撃手段だからです。

 

個人の日常生活においてはヒアリはとても怖い存在ですが、国ひとつからすればそんなに脅威には感じないと思うんですよね。

 

そもそもヒアリは刺されたら刺された部分が膨れ上がるとか、発熱するとかそんな程度で殺人アリというのも少し大げさなくらいですからね。

実際、中国ではヒアリによる死亡者はほとんどいないみたいですし。

 

さらに中国ではヒアリはすでに日常的なものらしく、国にヒアリがいるからといってそんなに脅威的なものには感じていないようなんですね。

 

そんな自分にとって怖い存在ではないものを相手に対する攻撃手段として用いるでしょうか?僕ならそんなことは絶対にしませんね。

 

以上の理由から僕はヒアリ=中国の生物テロ説は間違っていると思っています。

 

>ヒアリを発見したときの対処法は?
>ヒアリ(火蟻)に刺された応急処置や治療法は?毒針の種類や成分も
>ヒアリの犬の散歩や子供の外遊びの対策は?手袋や塗り薬も通販で
>ヒアリ警察とは何?運営者の正体は?大喜利のボケのツッコミも話題
>ヒアリ問題でフマキラーの株は急上昇?レカムの株が高騰はなぜ?
>ヒアリを家や部屋へ侵入させないための対策は?
>ヒアリの女王アリは羽根で飛ぶ?寿命やサイズなどの特徴や生態も
>ヒアリの有効活用方法は?料理で食べれる?2017年流行語大賞?
>ヒアリの最適温度は?冬を越せる?根絶をニュージーランドに学ぶ!

 

 まとめ

 

今回の記事ではヒアリは中国の陰謀によるテロなのか?ということについて書かせていただきました。

この噂はそもそも日本と中国の仲が上手くいっていないからできたものだと思うんですよね。

なのでこんな話しが出てこなくなるように、中国やその他の国々と仲良くできる世の中になればいいなと思いました。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

-生活