セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

薄井一樹(日本酒ソムリエ)経歴やwikiは?酒蔵や仙禽についても


 

こんにちは!

今週の火曜日に坂上忍さんとアンジャッシュの渡部さんがMCを務める「極~KIWAMI~」という番組を放送されるそうです。

 

その番組では日本一の舌をもつ人間を決めるということで、ソムリエやら料理人やら主婦、それにただの大食いの人(笑)なんかが集まるみたいですね。

 

いったいその中で誰が日本一の舌をもつものとして勝ち上がるのか?個人的には結構楽しみな番組です。

 

その番組の出場者の中にかなり気になる人がたくさんいたので、ちょっとその人たちについて調べてみました。

 

今回は日本酒ソムリエの薄井一樹さんについてですね。薄井一樹さんとはいったいどういう方なのか?ということを調べていきたいと思います。

 

スポンサードリンク



 薄井一樹とは?



 

薄井一樹さんのことをちょっと調べてみたのですが、なかなか確かな情報がでてきませんでしたよ。

まあ写真を見れば結構なイケメンさんということはわかりましたが(笑)

 

日本酒のソムリエだと聞いたのですが、どうやら地酒を造っている蔵元の蔵主さんということらしいですね。

そして2008年には「せんきん」という株式会社を立ち上げ、そこの社長さんとして活躍されているそうなので、会社の社長さんだということにもなりますね。

 

酒蔵の名前は『仙禽(せんきん)』というそうで、江戸時代の後期から200年以上続いている伝統ある酒蔵だそうですよ。場所は栃木県さくら市にあるそうです。


 

薄井一樹さんは第11代目の蔵主で、弟の薄井真人さんとともにそのせんきんという会社と、仙禽という酒蔵を存続させようと切り盛りしているみたいですね。


 

薄井一樹さんはソムリエになろうと、20歳のときに徹底的に舌を鍛え上げたそうで、現在は36歳くらいだそうなのですが、

その若さで神の舌をもつとまで言われるほどすごい人だそうです。

過去には絶対味覚の持ち主VS隠し味で「ほこたて」というバラエティ番組にも出演したことがあるそうですね。その他にも全国新酒評会というもので金賞も受賞したことがあるそうです。

 

スポンサードリンク



 『仙禽』の購入店舗や価格は?

 

薄井一樹さんや弟の真人さんが造っているというこの「仙禽」というお酒は、

世界から1730点のお酒が出品されるという「Sake Competition 2017」の「純米酒部門」にて金賞を受賞しているそうです。

 

さらに「Pen」という雑誌の「2017年 ソムリエが選ぶ、おいしい日本酒。」にて、「モダン仙禽 無垢」が一つ星に選ばれているそうですよ。


 

そんなお墨のついている「仙禽」は「JIZAKE.com」という通販サイトにいけば購入できるみたいです。

「仙禽」ひとつでもいろいろな種類があって、値段もピンキリなのですが、高いものはおひとつ10000円以上のもの、お安いもので2000円ほどのものがありました。

 

楽天でも販売されているようでしたので、こちらでもご紹介させていただきます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モダン仙禽 無垢 純米大吟醸 火入れ 720ml− せんきん
価格:1350円(税込、送料別) (2017/7/10時点)


 

 
 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プレミアム仙禽 醸(かもす) 純米大吟醸 火入 720ml− せんきん
価格:10800円(税込、送料別) (2017/7/10時点)


 

 

こちらはほんの一部で、本当にいろいろな種類がありました。

 

興味がある方は一度サイトの方で見てみてくださいね。

 

【その他の出場者についてはコチラ!】
>赤星慶太
>ドミニク・コルビ
>入江瑛起
>菅慎太郎
>西尾樹里

 

 まとめ

 

今回の記事では7月11日に放送される「極~KIWAMI~」に出場する薄井一樹さんについて書かせていただきました。

番組ではいろいろな超一流の舌をもつ方が出場されるみたいですが、神の舌をもつと言われた薄井一樹さんがどこまで勝ち上がることができるのか?非常に楽しみですね。

みなさまもぜひお見逃しなく!

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

-エンタメ