セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

森慎二(西武投手コーチ)の死因は?現役時代やパワプロの能力は?


 

こんにちは。

つい今しがた知ったのですが、プロ野球西武ライオンズの投手コーチを務めていた森慎二さんがお亡くなりになられたみたいですね。

 

死因はどうやら多臓器不全らしいです。

森さんは今月の25日に体調不良を訴えて、福岡市内の病院に入院していたそうです。

しかし28日に容態が急変し、帰らぬ人となりました。享年は42歳でした。

 

ソフトバンク戦のミーティング時には手が震えていたのを見ていたコーチがいたという噂もありましす。

 

つい最近までは投手コーチとしてファンの人たちの前に姿を見せてくれていたのに、あまりにも急すぎますよね。

 

特にご家族の方、そして西武ライオンズの監督、コーチ、選手、ファンの方は辛いと思います。

 

森慎二さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

スポンサードリンク



 森慎二の思い出



 

森慎二さんと言えば現役時代に西武ライオンズの抑え投手として活躍されていた記憶があります。

 

僕は特に西武ライオンズのファンではなく試合もそんなに見ていなかったのですが、森慎二さんの投球はよく憶えていますよ。

 

たしか2000年くらいだったかなぁ。当時は150キロ台のストレート落ちるボールを武器にして、相手打者をきりきり舞いさせていましたよね。

 

その後は不調で豊田投手に抑えの座を譲り、セットアッパーに配置換えされていましたが、たしかそこでもタイトルを獲得したり活躍されていましたよね。

 

当時は8回セットアッパー→9回抑えという投手のシステムが確立されたころだったので、どこのチームもそういう風になっていましたよね。

 

例えばダイエーだったら8回篠原→9回ペドラザとか、森慎二投手の前が誰がだったかはちょっと忘れてしまいましたが(笑)

森慎二投手のことは今でもよく憶えています。

 

スポンサードリンク



あとロン毛で派手な投手がいるなという印象も残っていますね。当時の森さんは後ろ髪が背中に届こうかというくらいの長髪でオマケに茶髪だったので結構チャラいイメージでしたよ(笑)


 

僕は当時コナミの野球ゲームのパワプロにハマっていた時期でもあったので、そこでも森慎二投手がすごい投手だったという印象が残っていますね。

 

その頃は150キロの直球が投げられる投手って今みたいに多くなかったから、森慎二投手は球速は速いわフォークはものすごく落ちるわで理想的な抑え投手だなぁと思っていました。

 

 

 現役引退後は?

 


 

森慎二さんはそう言えば一度メジャーにも挑戦しているんですよね。

メジャーでは思ったような成績は残せなかったみたいで、すぐに日本に帰ってきていましたね。

その後は独立リーグに入団し選手兼任監督もやっていたみたいですね。これは知りませんでした。

 

そして2014年に野球選手を引退、2015年からは西武ライオンズの投手コーチに就任されました。このときは二軍のコーチだったみたいです。

 

2016年5月からは西武ライオンズの一軍投手コーチに就任しました。これより1年間は西武ライオンズの投手陣たちを強く育てたと思います。

 

【2017年の訃報記事】
>西尾慈高(元阪神・中日)
>広瀬一郎(スポーツコンサルタント)
>京唄子
>中山美保(吉本新喜劇)
>渡瀬恒彦

 

 まとめ

 

今回の記事では西武ライオンズの一軍投手コーチだった森慎二さんのことについて書かせていただきました。

森さんが体調不良で入院されてからは、二軍投手コーチだった西口文也さんが代行していたそうなので、これからは西口さんが繰り上げで一軍投手コーチになるのかも知れませんね。

そこは球団の発表待ちということになりそうです。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

-スポーツ