セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

ヒアリ(火蟻)に刺された応急処置や治療法は?毒針の種類や成分も


 

こんにちは。

最近、中国から神戸港に到着したコンテナ船にヒアリという虫やその卵が紛れていたということで、ニュースなどで注意喚起されているのをよく見かけますね。

 

ヒアリというのは毒性のある針をもつ南米原産の蟻だそうです。

 

その毒アリが神戸の方から日本に入ってきたということで、西日本を中心に注意してもらえるよう促しているようですね。

 

昨日には駆除作業を実施したということなのですが、その部分は殲滅することに成功したそうなんですね。しかし女王アリを発見することができなかったとか。

多分女王アリがいる場所で繁殖とかするということだと思うので、根絶しようと思ったら女王アリを何とかしないといけないということなんでしょう。

 

ということはヒアリの脅威は去っていないので、まだまだ安心はできないみたいですね。

 

スポンサードリンク



僕も関西に住んでいるので、ヒアリはすぐ近くにいると思ってすごく怖いです。

もし万が一ヒアリに出会ってしまったら、ヒアリに刺されてしまったら、どう対処すればいいのでしょうか?

今回はそういったことを勉強していきたいと思います。

 

 

 ヒアリに刺された時の症状は?



 

ヒアリは毒性のある針をもっているということなんですが、それに刺されたらどうなるんでしょうかね?

 

ヒアリは世界各地で生息していて、アメリカなんかでは年間で1400万人も刺されたという被害が出ているそうなんです。

 

しかしその毒自体には大した致死性が無いみたいで、人間がもつ免疫で充分に自然回復もできると聞きます。

問題なのはアナフィラキシーショックといって、その毒に対する免疫が敏感に過剰反応することによって引き起こされるアレルギー反応ですね。

そのアレルギー反応によって、目眩や頭痛や吐き気、さらには呼吸困難や重度の発汗が引き起こされ、最悪は死に至るそうです。

 

スポンサードリンク



アナフィラキシーショックってハチに刺された時によく聞く言葉ですよね。

一度目に刺された時は身体の中に免疫がないため、身体にそれほどの影響が無いのに、2度目に刺されると、

1度目に刺された時にできた免疫が過剰反応して身体がその反応に耐えられず、ショック死してしまうということを聞いたことがあります。

 

ちなみに大した毒ではないと言っても、刺された部分が炎症を起こして腫れ上がったり、ものすごく痛いらしいし、

さらには毒が回って激しい発熱などを引き起こしたり、死の可能性も充分に起こり得るので、もちろん放置せずに病院に行くなど対処しましょうね。

ヒアリに関しては火傷をしたときのような激痛を感じるらしくて、ヒアリの英名である「ファイヤーアント」の由来にもなっているようです。

 

 

 ヒアリに刺された時の対処法は?

 

万が一ヒアリに刺された場合の対処法はどうすればいいのでしょうか?

環境省のホームページによると、ヒアリに刺された場合は刺されてから20~30分間は安静にするようにしましょうとのことでした。

 

そして体調に変化があるようであれば、病院に行って受診してもらうようにしてください。

どうやらヒアリに刺された場合の容態変化は急激に来るようなので、とにかくいちばん近い病院へ行ってくださいとのことです(救急受け入れのある病院なら尚良しとのことです)

 

また、お医者さんに診てもらうときに、ヒアリを実際に見てもらったら良いということも書かれてありました。

もちろんヒアリをそのまま生きた状態で持っていくのはダメです。素手で掴むなんてのはもっての外!

 

熱湯や殺虫スプレーをヒアリにかけてヒアリが死んだことを確認してから、セロテープでヒアリを包んでしまいます。

そして小さな小瓶や透明の小袋に入れて持っていくようにすればいいとのことです。

 

刺された虫がヒアリかどうか判断してもらうために専門機関にもっていくときもこの方法で採取すればいいとのことでした。

 

>ヒアリを発見したときの対処法は?

 

 まとめ

 

今回の記事ではヒアリに刺された時の症状や、対処法について書かせていただきました。

ヒアリに関する詳しいことは環境省のホームページに行けば掲載されているので、そちらでも確認するようにしてくださいね。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-生活