セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

浜口雄大の身長や中学のwikiは?球速や岐阜経大での投手成績も


 

こんにちは。

今回は岐阜経済大学の野球部に所属する浜口雄大という投手について書いていこうと思います。

 

浜口雄大投手は現在大学4年生ですが、今春からようやく台頭してきた投手らしいのです。

しかし先日行われた大学選手権準々決勝・東海大北海道戦で登板したときの投球が素晴らしかったとプロのスカウトに注目されたそうなんですね。

 

ということで今秋のドラフトにまた新たに楽しみな選手が出てきました。

 

そんな浜口雄大投手についてちょっと事前にいろいろと調べていきたいと思います。

浜口雄大投手のプロフィールや経歴、それに浜口投手がどんな選手なのか?といったことなどが知れたらいいですね。

 

スポンサードリンク



 浜口雄大のプロフィールや経歴は?

 

まずは浜口雄大投手についてわかったことをプロフィール風にまとめてみました。

 


名前:浜口雄大(はまぐち ゆうだい)
生年月日:1995年6月25日
年齢:21歳
出身地:高知県四万十町
身長:177cm
体重:80kg
小学:四万十町立窪川小学校
ソフト:窪川ワイルドボーイズ
中学:四万十町立窪川中学校
高校:高知県立高知農業高等学校
大学:岐阜経済大学
ポジション:投手 捕手
投打:右投左打

 

 

浜口雄大投手は高知県出身で高校時代までは地元高知県の学校に通っていたようですね。

もともと小学生のときはソフトボールからはじめていたようです。

僕も昔はソフトボールをやっていましたが、最近ではソフトボール出身の選手よりもリトルリーグなんかの硬式を経験している選手の方がプロにいきやすい傾向があるので、

そういう意味でもソフトボール出身者の星になるように浜口投手にはがんばってほしいですね。

 

中学は窪川中学の野球部で軟式を経験。そして高知農業高校に進学し、そこでやっと硬球に触れたようです。

 

浜口雄大投手は投手としてプロのスカウトに注目されていますが、投手に転向したのは高校二年生のときで、それまでは捕手や内野手をやっていたそうです。

 

だからこれまで注目されてこなかったんですねぇ。

 

スポンサードリンク



大学は岐阜経済大学に進学。二年生の秋から救援投手としてリーグ戦に出場しはじめます。

 

そして今年4年生になっての春の岐阜リーグ戦で、2勝0敗、防御率1.06という記録を残し、チームを3季ぶり3度目の優勝に導きました。

 

今月8日の全日本大学選手権の準々決勝では惜しくもチームは敗退しましたが、

救援投手として2イニング登板し、被安打1の2奪三振、無失点という好投を演じ、プロに注目されるようになりました。

 

 

 プレースタイルは?



 

浜口雄大投手のセールスポイントは何と言っても最速152キロのストレートですね。鋭い腕の振りからスピードはもちろん球威も抜群の直球はインパクト大らしいですよ。

将来は本格派の投手として活躍してくれるでしょう。

 

変化球もスライダー、フォーク、ツーシーム、カーブ、カットボール、チェンジアップとかなり多彩なようです。

 

プロのスカウトいわく、2イニングほど投げてくれる中継ぎとして良いピッチャーなのでは?とのことです。

 

しかし課題も多いようですね。

まず相手に与える四死球が結構多いみたいで、コントロールが最大のウイークポイントとなっているようです。

変化球も種類的には豊富ではあるのですが、なかなかこれといった武器になるものがあるわけではないみたいですね。

 

直球に光るものがあるだけにこれらのウイークポイントはぜひとも修正してほしいところですね。

 

【2017年度の注目のドラフト候補選手】
>小笠高校・佐々木健
>滋賀ユナイテッド・渡辺明貴
>岡山商科大・近藤弘樹
>東海大北海道・武沢龍矢

 

 まとめ

 

今回の記事では岐阜経済大学の浜口雄大投手について書かせていただきました。

プロのスカウト、特に阪神タイガースがこの浜口投手を注目しているということらしいので、今秋のドラフトはこの浜口投手は本当に楽しみですね。

みなさんもぜひ浜口雄大投手の今後に注目してみてくださいね。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-スポーツ