セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

岡崎太一(阪神)の打撃成績やリードは?結婚して嫁や子供はいる?


 

こんにちは。

今回は阪神タイガースのキャッチャーである岡崎太一選手について書いていきたいと思います。

 

岡崎選手はこれまで阪神一筋13年面の選手なんですが、なかなか芽が出なくてその大半の野球人生を二軍で過ごすという苦労人です。

 

そんな岡崎選手がつい先日、プロ入り初ホームランを記録しました。


 

そしてその試合では勝利しヒーローインタビューのお立ち台へ!

 

その岡崎選手の姿を見て涙を流したチームメイトやファンも多かったことでしょう。

 

そんな岡崎選手がこれまでどんな人生を歩んできたのか?どんな選手なのか?といったことについて調べていきたいと思います。

 

スポンサードリンク



 岡崎太一のプロフィールや経歴は?



名前:岡崎太一(おかざき たいち)
生年月日:1983年6月20日
年齢:33歳
出身地:奈良県五條市
身長:180cm
体重:83kg
高校:智辯学園高等学校
社会人:松下電器
所属:阪神タイガース
ポジション:捕手
投打:右投右打
背番号:57

 

 

岡崎選手は奈良県の名門高校である智辯学園の出身のようですね。

 

野球をはじめたのは小学生のときだそうですが、もうそのときからずっと捕手を務めていたそうですよ。

 

高校卒業後は大学へは進学せず、松下電器へ就職したようです。その松下電器ではかつてタイガースで同僚だった久保康友投手とバッテリーを組んでいたこともあったとか。

 

そして2004年には阪神タイガースに自由獲得枠で入団したようです。

 

阪神入団後は主に二軍での出場が多かったんですね。

岡崎選手が入団した2000年代はタイガースは矢野選手、城島選手、藤井選手、日高選手、鶴岡選手など、FAやトレードで獲得した捕手をメインに使う傾向が強かったんですよね。

 

スポンサードリンク



その捕手がまた良い選手ばかりだったので、岡崎選手並びに、清水誉選手や小宮山慎二選手など生え抜きの捕手はなかなか一軍に定着できずにいました。

 

2010年台に入ると今度は梅野選手が入ってきて一軍のレギュラーに定着してしまったので、ここでもまたチャンスは少なくなりました。

ただ以前よりは確実に一軍帯同が多くなっていましたね。特に梅野選手のバックアップというポジションでベンチに待機するというポジションが定位置になっていました。

 

 

 岡崎太一のプレースタイルは?



 

岡崎選手のセールスポイントは二塁への送球が最高1.86秒を記録する肩の強さですね。阪神から指名されたのも強肩だったという理由だそうですよ。

 

しかしバッティングの弱さが最大のウィークポイントなんですよね。あまりの打撃成績の悪さから何度も戦力外通告を与えられそうになっていたようです。

 

そしてリードやキャッチングもあまり良くはないようです。岡崎選手とバッテリーを組んだ時のメッセンジャー投手が、彼のリードにイライラしたりとか、

パスボールの多さからフォークボールが投げられないといった苦言が呈されていたこともあるようです。

 

やはりこういったところがなかなか岡崎選手が一軍に定着できないところでしょうね。

 

原口選手のように捕手としては未熟でも打撃が良いとか、逆に梅野選手のように打撃面が弱くても守備で強さを発揮するなど、攻守のどちらかでは突出したものをもっていないと辛いですよね。

 

しかし金本監督になってからは打撃面で大幅に改良がなされたそうで、それが先日のプロ初ホームランに繋がったのだろうとも言われています。

その後日にもサヨナラヒットを放ち、再びお立ち台に上がったということですので、これからの岡崎選手の打棒には期待したいところです。

 

 

 結婚は?

 

岡崎選手が結婚しているのかということも気になったので調べてみました。

 

どうやら岡崎選手はプロ入り3年目のオフに結婚していたようですね。今まで全然知りませんでした。

 

そういった情報が少ない岡崎選手なので、お子さんは生まれているのか?とか、何人いるのか?ということは全くわかりませんでしたね。

 

ちょっと残念ですが。こちらは引き続き調査していきます。

 

 

 まとめ

 

今回の記事では阪神タイガースの岡崎太一選手について書かせていただきました。

岡崎選手にはこれからもがんばってほしいですね。そしてどうか中堅の星になっていただきたいところです。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-スポーツ