セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

二木康太(ロッテ)の中学や球種や登場曲を調査!彼女は柏木由紀?

2017/06/11


 

こんにちは。

今回は千葉ロッテマリーンズの先発投手である二木康太投手について書いていきたいと思います。

 

二木康太投手は昨年から本格的に先発ローテーションとして活躍されているピッチャーのようですね。

 

低迷が続いている今シーズンのチームの中にあって、6試合の登板中3勝0敗と二木投手は一度の敗戦投手にもなっていないというすごい成績を収めているんですよね。

 

そんなチームの中でひとり気をはいている二木康太投手とはいったいどんな投手なのか?またどんな人なのか?ということを調べていこうと思います。

 

スポンサードリンク



 二木康太のプロフィールは?



名前:二木康太(ふたき こうた)
生年月日:1995年8月1日
年齢:21歳
出身地:鹿児島県霧島市
身長:187cm
体重:85kg
中学:霧島市立国分中学校
高校:鹿児島情報高等学校
所属:千葉ロッテマリーンズ
ポジション:投手
投打:右投右打
背番号:64
登場曲:Halation/秦基博

 

 

二木康太投手はが野球をはじめたのは小学生のとき。青葉小少年団という軟式の野球チームに所属したそうです。

 

中学は霧島市立国分中学へ。そこでも学校の野球部で軟式をやっていたとか。

 

二木投手がはじめて硬球を握ったのが高校生のときで、地元鹿児島県にある鹿児島情報高校に進学し、そこの野球部に所属しました。

 

なんと一年生時から背番号1をつけてエースとして活躍していたそうです。

 

鹿児島情報高校は個人的には今まで一度も聞いたことのない名前の高校だったので、あまり強豪校ではないのかな?という印象ですが、

察した通りどうやらそんなに良い成績を残したことはなかったようですね。

 

しかし二木康太投手が入学して以来は、強豪校相手に引けを取らない闘いをしたり、或いは強豪校を破ってみせたりなど、強豪校の仲間入りもはたしているようです。

 

結局、甲子園出場は果たせなかったものの、夏の予選で鹿児島情報高校初のベスト4まで導いたそうですよ。

 

高校3年目の秋にはドラフト会議で千葉ロッテから6位指名を受け、年俸500万円でプロ入りを果たしました。

これで鹿児島情報高校初のプロ野球選手輩出となったようです。

 

プロ入り後は1年目、2年目は2軍で活躍。そして3年目の2016年には開幕かローテーション入りしました。

2016年の成績は22試合に登板、7勝9敗、防御率5.34とあまり納得のいく成績は残せなかったものの、ローテーションは守ったようです。

 

>ロッテ新キャラの”魚”の第1形態はコチラ!
>ロッテ新キャラの”魚”の第2、3形態はコチラ!

スポンサードリンク



そして2017年も開幕からローテーションの一角へ。これまで6試合に登板し、3勝0敗、防御率2.33と好成績を記録しています。

 

 

 プレースタイルは?



 

二木康太投手の持ち味は恵まれた体格から繰り出される質の重い直球だそうです。

 

ストレートの最速は146キロとそこそこのスピードですが、コーナーに投げ分けるコントロール、それに長身で手足の長さから投げ下ろされる直球は威力充分とのこと。

 

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォーク、シンカーと球種も多彩ですね。

特にスライダーは縦に落ちるものと横に曲がるものと2種類を自在に操り、二木康太投手の大きな武器になっているようです。

 

ストレートも良いしコントロールも良い、さらに変化球も多彩ということでもう言うことなしのピッチャーですね。

本格派の投手としてロッテの、いや日本球界のエースを目指せる投手だと思います。

 

 

 結婚や彼女は?

 

二木康太投手は熱愛中の彼女や結婚している奥さんなどはいないのか?ということもちょっと気になったので調べてみました。

 

が、今のところはそういった類の噂や情報は見つかりませんでしたね。う~ん残念ですねぇ。

 

二木康太投手を調べていると、関連キーワードに「柏木由紀」と出てきたので、まさかあの柏木由紀さんと付き合っているのか!?なんてかなり驚きましたが、

なんのことはない、ただ二木康太投手が柏木由紀さんのファンだったというだけの話しですね(笑)


 

どうやら柏木由紀さんのファンになった理由が、同じ鹿児島県出身ということみたいですね。

 

二木康太投手は地元愛というか、鹿児島愛がとても強い方なんですねぇ。

 

>ロッテ新キャラの”魚”の第1形態はコチラ!
>ロッテ新キャラの”魚”の第2、3形態はコチラ!

 

 まとめ

 

今回の記事では千葉ロッテマリーンズの二木康太投手について書かせていただきました。

二木康太投手はまだお若いし、まだまだ人としても野球選手としても成長途中だと思うのでこれからがとても楽しみですね。

みなさんも二木投手の活躍をお見逃しなく!

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-スポーツ