セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

茜丸五色どら焼きのCMの道頓堀のクレーン宙吊りは本物か合成か?

2017/05/31


 

こんにちは。

サンテレビで流れてる「茜丸五色どら焼き」CMはもう関西の人にはお馴染みですよね。


 

特に阪神タイガースファンの方のほとんどがあのCMをよく知っているのではないでしょうか?

 

かくいう僕もあのCMは何度も見ましたし、茜丸五色どら焼きのCMと言えば光景から曲からすべてが難なく出てくるくらいになっちゃいました。

 

あのCMもかなり長い間放送されていますが、現在やっているCMはまたちょっと変わっているのですが、みなさんはそれを観たことはありますか?

 

もしまだ見たことないという方のためにこちらを載せておきますので、一度ご覧になってください。



 

>茜丸五色どら焼きの歴代CMは?歌詞全文や意味も

スポンサードリンク



今回はなんと茜丸の社長である「茜太郎」が道頓堀から上空まで浮き上がってくるというもの!

 

すごいですよね~。お金もかかってそうですし、何よりもう結構お歳を召された茜丸の社長自らがカラダを張っていますよね(笑)

 

ところでこのCMのクレーン宙吊りって本当にやってんのかな?とか、本当は合成なんじゃないの?という疑問は浮かんできませんでしたか?

 

まあそう考えるのはナンセンスだろ!みたいに思われる方もいるかもしれませんが、僕はやっぱり気になりましたね。

 

ということで僕と同じように、茜太郎の社長が本当に宙吊りにされていたのか気になった人のためにちょっと調査してみました。

 

 

 クレーンで宙吊りは本物?それとも合成?

 

結論から言いますと、あのクレーンでの宙吊りは合成ではなく本物です。

 

その証拠はこちらのメイキング映像にあるので、ぜひ見てみてください。



 

どうですか?本当にやっていましたよね。

 

すごいですよね~、社長全然怖がってませんでしたよね。僕なら怖すぎて足がガクガクなっちゃうと思います(笑)

 

>茜太郎の本名や経歴は?

スポンサードリンク



もっと言うとピアノと椅子が箱の中に入ってという感じかなとイメージしていたんですが、柵に引っ掛けてあるだけって感じでしたよね。


 

あれだと下の道頓堀川が思いっきり見えちゃってるので、余計怖そうですよね。

 

他にも気になったのが、あの撮影は明け方に行われていたんだなということ。

多分昼間とかだと人通りが多すぎて迷惑になるからという配慮だと思うのですが、あれ?夜に撮影するのかな?なんて思っちゃいました。

 

あとは真っ白なピアノが社長専用の特注のものであること。


ピアノに書いてあったロゴが”AKANEMARU”とありましたが、あんなところCMでは映らないのにこだわってますよね。

 

 

 CMのコンセプトは?



 

今回の茜丸のCMは社長が道頓堀川から現れて、上空に浮かぶというものでしたが、

このCMのコンセプトは「AKANETARO FLYING PROJECT」というテーマで、茜丸のますますの発展を願い、茜太郎社長自らが飛んでしまうというコンセプトで作られたそうです。

 

CMの名前は『空飛ぶ茜太郎篇』だそうです。

 

毎回おもしろい印象的なCMを制作されている茜丸社ですが、今回もこれまでよりも一段とおもしろいCMが作られましたね。

 

>茜丸五色どら焼きの歴代CMは?歌詞全文や意味も
>茜太郎の本名や経歴は?

 

 まとめ

 

今回の記事では茜丸五色どら焼きのCMについて書かせていただきました。

クレーンで宙吊りなんて危険なことを本当にやっているのか?なんて疑問に思っていましたが、あれは編集でも合成でもなく、紛れもない本物だということがわかりましたね。

これでこれからはスッキリサッパリ茜丸五色どら焼きのCMを楽しく見ることができそうです。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-エンタメ