セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

高梨沙羅の父は日体大出身?焼肉店の場所は?報道陣激怒事件とは?


 

こんにちは。

明日放送の徹子の部屋にはスキージャンパーの高梨沙羅さんが登場するみたいですね。

 

高梨沙羅さんはスキージャンプですでに世界的に有名な選手になっているみたいですが、いかんせんウィンタースポーツに疎い僕は高梨沙羅さんのことをほとんど存知あげません。

 

番組の予告では高梨沙羅さんのスキージャンプのことはもちろん、プライベートのことやお父さんお兄さんのことについても聞けるようです。

 

それを聞いてちょっと高梨沙羅さんのお父さんやお兄さんのことが気になったので、家族のことについて勉強してみることにしました。

 

今回は高梨沙羅さんのお父さんのことについて調べて書いていこうと思います。

 

【高梨家のその他のことについてはコチラの記事もどうぞ!】
>高梨沙羅の整形疑惑について
>高梨沙羅の兄の名前や職業は?

スポンサードリンク



 高梨沙羅の父親のプロフィールは?

 

まずは高梨沙羅さんのお父さんについてわかったことをプロフィール風にまとめてみました。

 


名前:高梨寛也(たかなし ひろなり)

生年月日:1968年1月13日

年齢:49歳

出身地:北海道上川郡

大学:日本体育大学

 

 

高梨沙羅さんのお父さんは寛也さんといい、読み方は”ひろなり”というそうです。

息子さんの名前は”寛大(かんた)”というそうですが、寛也さんから”寛”という字をとって名付けられていたんですねぇ。

 

年齢は49歳。息子さんが23、24歳ということらしいので、かなりお若い印象ですよね。

 

高梨沙羅さん、それにお兄さんもスキージャンパーですが、どうやらお父さんがスキージャンプをやっていて、その影響ではじめたようですね。

 

スポンサードリンク



寛也さんは小中学校とあのオリンピックに何度も出場している原田雅彦さんと同じらしいですよ。学年は寛也さんがひとつ上だそうです。

出身大学は日体大ということですが、やはりスポーツ推薦枠で進学されたんですかね?

だとしたら寛也さんもスキージャンパーとしては一流だったんですね。

 

 

 高梨寛也の仕事は?

 

高梨沙羅さんのお父さんってお仕事は何をされている方なのかなぁとちょっと気になって調べてみました。

 

どうやら現在は出身地である北海道の上川で焼肉店を経営しているみたいですね。焼肉店の名前は『七りん』というんだそうです。

どんなお店なんだろう?もしも北海道上川郡に行くことがあったら絶対行ってみよう!

 

この寛也さんの焼肉店にはあるおもしろいエピソードがひとつ。


 

2013年頃のある日、マスコミ各社に寛也さん直々に北海道上川の家に集まってくださいとの通達が。

 

マスコミの人たちは、こんな珍しいケースになんだろうと全員が『?』な状態に。勘のいい記者は「まさか、沙羅さんに何か大きなケガでも!?」と胸騒ぎを覚えたりしていたそうです。

 

記者たちが北海道にある高梨家に集合したとき、いったい何の発表があるんだろうと緊張していたら、寛也さんからこんな言葉が・・・

 

「実はこれから焼肉屋を経営することになりました。そこでみなさんにテレビや雑誌でウチの店を紹介していただきたい。」

 

その言葉を聞いた記者たちは全員唖然。

 

まさかそんなことで呼ばれるとは!と悪い報告ではない安堵と、そんなことでわざわざこんなところまでという怒りが入り混じり、複雑な帰路についたとかつかないとか。

 

しかも記者たちは寛也さんから焼肉を食べさせられたそうなのですが、会費としてひとり5000円を徴収されたそうです。

 

ちなみにこのお店はそんなに宣伝してもらえず、その繁盛ぶりはイマイチでしたとさ。

 

どうですか?おもしろい話しですよね(笑)

高梨沙羅さんのお父さんはしっかりしているというかちゃっかりしているというか。

 

実際、寛也さんはマスコミなどを使うのが上手いと言われていて、同じくマスコミを使うのが上手い横峯さくらさんのお父さんから、

”スキージャンプ界のさくらパパ”なんていう異名がつけられているみたいですよ。

 

まあどこの世界でも娘のためにパパはどんなことでもがんばるっていうことですよね。

 

【高梨家のその他のことについてはコチラの記事もどうぞ!】
>高梨沙羅の整形疑惑について
>高梨沙羅の兄の名前や職業は?

 

 まとめ

 

今回の記事では高梨沙羅さんのお父さんの高梨寛也さんについて書かせていただきました。

これからも高梨沙羅さんのためにがんばる寛也さんの姿を見せてほしいものですね。

そして北海道に行ったときは必ず『七りん』に寄らせてもらいます。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-エンタメ