セーヤブログ

日々の思ったことを綴る日記

村田諒太の判定負けに世界の反応は?WBAも納得いかないと提訴?


 

こんにちは。

昨日20日にオリンピック金メダリストの村田諒太選手の世界戦の試合が行われていましたね。

 

相手はミドル級の1位であるフランス人のアッサン・エンダムという選手で、結果的に言うと村田諒太選手が判定で負けてしまい、エンダム選手がミドル級の世界王者となりました。


 

しかし今回の試合の村田選手の判定負けという結果には納得できない部分が多々あり、試合後には世界で大きな波紋が広がっているようです。

 

一夜明けて本日21日には多くのニュース記事で今回の試合について取り上げており、WBAの会長が怒っていたり、ファンに対して困惑させてしまって申し訳ないと謝罪したり、

もしかしたら再戦が組まれるかもしれないなど、いろいろな憶測の記事が飛び交っています。

 

いったいなぜこんなことになってしまったんでしょうか?今回はその辺について調べていこうと思います。

 

スポンサードリンク



 疑惑の判定?



 

今回の試合は僕も実際に観ていたというわけではなく、ニュース番組でチラッと観ただけなので本当のところ、どうとは言えないのですが、

 

僕が知る限りでは、少なくとも1回の完全なダウンを奪っています。さらに3度ほど相手の顔面にパンチをクリーンヒットさせていました。


 

僕はニュースで観ただけなのでそれだけしか知りませんが、実際はもっとあったかも知れません。

 

対するエンダム選手は村田諒太選手に有効なパンチは当てていませんよね(もしかしたら実際にはあったかも)

 

ボクシングの細かなルールや判定の基準などは僕はわかりませんが、ボクシングは相手にパンチを当ててダウンさせるスポーツだと認識しています。

その定義が多くあった村田選手を負けと判定するのはやはり納得がいきませんよね。

 

結局、村田選手はエンダム選手をKOすることができずに判定までもつれさせてしまいますが、村田選手本人も観ている人も、

多分相手のエンダム選手も村田選手の勝利を考えていたでしょう。

 

>村田諒太の世界戦は八百長?判定員は誰?

スポンサードリンク



しかし結果はエンダム選手の判定勝ちになってしまいました。

 

村田選手はエンダム選手の名前が呼ばれた瞬間に「えー!」みたいな感じで、納得いかないといった雰囲気を出していました。

 

そりゃそうですよね。ダウンを奪ったり有効打を何度も相手より決めていて、それで勝てなかったら、もう判定にもつれた時点で負けということになってしまいますからね。

 

昨日、今日の時点では専門家や解説者の方たちは「相手よりも圧倒的に手数が少なかったから判定で不利になったんだろう」と多く答えていましたが、

もしそうだったとしてもダウンや有効打を多く奪うよりも手数が多いという方が大事ということになってしまいますよね。

僕たちはこれからボクシングというスポーツをそういう風に観ていかなければいけないということになります。

 

一方で、この試合は最初から結果が決まっていた、どうなってもエンダム選手が有利になるようになっていた・・・

つまりは八百長試合エンダム選手側が判定員をお金で買収していた?という声も上がってきています。

 

もちろんそれはどうかは全くわかりませんが、正直なところ、そう思わざるを得ないような形になっていることは確かでしょうね。

 

 

 世界の反応は?



 

今回の試合は世界中でも注目されており、そして試合を観た海外の方からの反応もありました。それを少しだけご紹介させていただきます。

 


エンダムは地球の反対側にある東京の有明コロシアムまで移動し、そこでその国のスターであるリョウタ・ムラタを破ったことは彼の最大の名誉である。そして、これは2017年の大逆転勝利のひとつであり、疑いのある結果のひとつであるだろう


スポンサードリンク




このファイトでは村田のほうが明らかによいファイターであると私は思った。しかし、私はジャッジではない


 


ジムの政治的な何かがあるように見えた。結果に大笑いしてしまった


 


見聞きした限りでは、村田は勝ちを略奪されたようだ


 

 

やはり世界的に見ても、納得していない方はかなりたくさんいるようですね。

 

村田諒太選手自身は今回のことについて

「勝つ姿を見せられなくて申し訳ない。ジャッジはプロだし、第三者の目。ダメージングブロー(有効打)よりジャブを(ジャッジが)取ったということで、納得せざるを得ない」

 

と、あくまでも第3者であるジャッジの判定に文句を言ってもしょうがないという姿勢を貫いていたようです。

 

村田諒太選手の姿勢や人間性は素晴らしいですが、ここできっちりしておかないと、後世のボクサーたちに、また今回のようなことが起こる可能性があるので、

またしっかりとした適切な判断をボクシング界にはしていただきたいもんですよね。

 

>村田諒太の世界戦は八百長?判定員は誰?

 

 まとめ

 

今回は5月20日に行われた村田諒太選手のミドル級タイトルマッチの判定結果について書かせていただきました。

今回の件でもって、今後のボクシング界が良い方向に向かうように願っています。

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

-スポーツ